J-STORE SYSTEM(研究報告検索 10/12  page)

TOP > 研究報告検索

研究報告検索

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 1114 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
901 R013000237 スピン計測-スピンSPMの開発とスピン制御 2003/10/01 2003/07/24
902 R070000024 スピン波動関数変調型有機フェリ磁性体の開拓 2008/04/11 2008/04/07
903 R000000685 スピン分極ドナーを用いた有機量子スピン素子のモデル構築 2002/09/30 2002/01/29
904 R030000258 スピン-軌道偏極固体材料の物性と相制御 2005/02/22 2004/04/20
905 R013000422 スカンジウムイオンを触媒とするフラーレンの電子移動酸化反応 2003/10/01 2003/08/11
906 R013000433 ジルコンサイクルにおけるアルキンのアルキニル化 2003/10/01 2003/07/24
907 R013000435 ジルコノセン複核エチレン錯体の合成 2003/10/01 2003/07/24
908 R013000431 ジルコナシクロペンタジエンからのニッケル触媒によるベンゼン誘導体の合成 2003/10/01 2003/07/24
909 R013000432 ジルコナシクロペンタジエンからのジヒドロピリダジンの調製 2003/10/01 2003/07/24
910 R013000436 ジルコナシクロペンタジエンの二重結合での反応:ベンゼン誘導体の新規な合成反応 2003/10/01 2003/07/24
911 R000000605 ジルコナサイクルへの不飽和結合の直接挿入による含窒素複素環合成 2002/09/30 2002/01/29
912 R000000412 ジチエニルエテンオリゴマーの光閉環反応量子収率 2002/09/30 2002/01/29
913 R000000407 ジカルコゲニド架橋Ru(III)2核錯体と1置換アルケンやメチレンシクロアルカンの反応 2002/09/30 2002/01/29
914 R000000413 ジアリールエテン単結晶のフォトクロミズム 量子収率の決定 2002/09/30 2002/01/29
915 R000000414 ジアリールエテン単結晶表面の光誘起可逆的モルフォロジー変化 2002/09/30 2002/01/29
916 R000000418 ジアリールエテンを用いた分子内磁気的相互作用の光制御 2002/09/30 2002/01/29
917 R000000422 ジアリールエテン架橋ポルフィリン二量体の光異性化によるエネルギー移動制御 2002/09/30 2002/01/29
918 R000000552 シリコン量子ドットのメソスコープ特性 2002/09/30 2002/01/29
919 R013000307 シリコンナノデバイスの場所による乱れの効果 2003/10/01 2003/07/24
920 R000000700 シリコンクラスレートおよび関連するシリコンナノネットワーク薄膜の合成 2002/09/30 2002/01/29
921 R000000556 シリコンおよびポリシリコン構造の電子輸送特性 2002/09/30 2002/01/29
922 R070000207 シャペロニンの役割の解明による効率的なタンパク質折りたたみ法の確立 2008/04/11 2008/04/07
923 R000000264 シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能 2002/09/30 2002/01/29
924 R030000134 シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能 2005/03/18 2004/04/20
925 R013000259 シグナル伝達系と細胞周期制御系との直接的連携 2003/10/01 2003/07/24
926 R030000271 シグナル伝達の時空間動態を光で制御して光で解析する ‐生理活性を光で制御するケージド化合物の開発とその応用‐ 2005/02/22 2004/04/20
927 R013000358 シクロデキストリン含有ポリペプチドを用いた分子認識・伝達界面の構築 2003/10/01 2003/07/24
928 R000000397 シガトキシン合成アナログのNaチャネル結合能と抗体調製アプローチ 2002/09/30 2002/01/29
929 R000000386 シガトキシンの全合成研究 2002/09/30 2002/01/29
930 R000000594 シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究 2002/09/30 2002/01/29
931 R013000406 シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究 2003/10/01 2003/07/24
932 R000000392 シガトキシンHIJKLM環部の合成 2002/09/30 2002/01/29
933 R030000093 サンゴ礁におけるCO2固定バイオリアクター構築技術の開発 2005/03/18 2004/04/20
934 R013000414 サレンルテニウム錯体を用いる第一級アルコールの化学選択的酸素酸化反応 2003/10/01 2003/08/11
935 R013000173 サッケードと滑動性眼球運動開始の神経機構 2003/10/01 2003/07/24
936 R000000143 サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療 2002/09/30 2002/01/29
937 R030000063 サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療 2005/03/18 2004/04/20
938 R040000063 サイトカイニン合成酵素による植物形態形成の制御 2007/05/18 2005/04/07
939 R000000173 サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用 2002/09/30 2002/01/29
940 R000000734 サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用 2002/09/30 2002/01/29
941 R030000118 サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用 2005/03/18 2004/04/20
942 R000000607 コール酸誘導体を有するハーフおよび膜貫通型イオンチャネルの電流特性 2002/09/30 2002/01/29
943 R000000484 コンビナトリアル手法により発見した室温透明磁石 2002/09/30 2002/01/29
944 R000000485 コンビナトリアルレーザーMBE法によるLa0.8Sr<SUB0.2</SUB> MnO<SUB>3</SUB>/La<SUB>0.2</SUB>Sr<SUB>0.8</SUB> MnO<SUB>3 2002/09/30 2002/01/29
945 R000000486 コンビナトリアル計算化学による材料設計 2002/09/30 2002/01/29
946 R000000369 コンドロイチンオリゴ糖クラスター分子の合成とグルクロン酸転移 2002/09/30 2002/01/29
947 R000000420 コレステロール置換基をもつ光学活性ジアリールエテンによる液晶相転移 2002/09/30 2002/01/29
948 R000000122 ゲノムインプリンティング制御の分子機構 2002/09/30 2002/01/29
949 R030000057 ゲノムインプリンティング制御の分子機構 2005/03/18 2004/04/20
950 R013000201 ゲノムの機能を制御する核内因子の局在と修飾に関する化学遺伝学的研究 2003/10/01 2003/07/24
951 R990004301 ゲノムの構造と機能 哺乳類特異的ゲノム機能 2001/02/06 2000/10/13
952 R990004303 ゲノムの構造と機能 アポトーシスにおけるゲノム構造変化の分子機構 2001/02/06 2000/10/13
953 R990004305 ゲノムの構造と機能 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析 2001/02/06 2000/10/13
954 R000000390 ケダルシジンの2-デオキシ糖のグリコシル化研究 2002/09/30 2002/01/29
955 R070000025 ケイ素単体表面構造をもつ配位不飽和ケイ素分子の創製 2008/04/11 2008/04/07
956 R000000592 グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応を鍵とした新規合成手法の開発 2002/09/30 2002/01/29
957 R013000404 グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応の研究 2003/10/01 2003/08/11
958 R000000370 グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長 新技術説明会 2002/09/30 2002/01/29
959 R000000625 グリコサミノグリカンとコラーゲンからなる生体組織再生マトリックスの創製 2002/09/30 2002/01/29
960 R040000045 クーロンブロッケードによる階段状変位電流の測定とその応用 2007/05/11 2005/04/07
961 R000000396 クロモプロテイン系抗腫瘍性抗生物質C-1027の分子認識 2002/09/30 2002/01/29
962 R013000359 キラル-アキラルランダム共重合体のらせん構造について 2003/10/01 2003/08/12
963 R000000358 キラルジルコニウム触媒を用いる触媒的不斉合成反応の開発 2002/09/30 2002/01/29
964 R000000419 キラルなジアリールエテンによるネマチック液晶の光誘起ピッチ変化 2002/09/30 2002/01/29
965 R013000412 キラルなサレンルテニウム錯体を用いる触媒的不斉スルフィミド化反応 2003/10/01 2003/08/11
966 R013000413 キラルなサレンチタン錯体と過酸化水素を用いるスルフィドの触媒的不斉酸化反応 2003/10/01 2003/08/11
967 R013000415 キラルなカチオン性サレンコバルト (III) 錯体を用いる触媒的不斉Baeyer-Villiger反応 2003/10/01 2003/08/11
968 R013000398 キラルなイミドを用いた不斉4級炭素の構築 2003/10/01 2003/07/24
969 R000000530 キャリア分布および超伝導性に関するNMR研究 2002/09/30 2002/01/29
970 R000000365 キトビオースユニットを有するEmmprinの細胞外第一Igドメインの合成 2002/09/30 2002/01/29
971 R013000271 カーボンナノチューブを利用した量子ドット 2003/10/01 2003/08/11
972 R070000133 カーボンナノチューブの非線形および磁気光学特性の研究 2008/04/11 2008/04/07
973 R000000136 カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開 2002/09/30 2002/01/29
974 R030000010 カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開 2005/03/18 2004/04/20
975 R013000402 カテキンオリゴマーの合成研究 2003/10/01 2003/08/11
976 R000000466 カテキンの超臨界水分解反応における器壁と温度の効果 2002/09/30 2002/01/29
977 R040000090 オープンネットワークのための基盤システムソフトウェア 2007/05/18 2005/04/07
978 R070000083 オートファジーによる細胞内侵入性細菌の排除機構の解析と応用 2008/04/11 2008/04/07
979 R000000105 オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 ペルオキシソームをモデル系とした解析 2002/09/30 2002/01/29
980 R000000118 オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 2002/09/30 2002/01/29
981 R030000007 オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 2005/03/18 2004/04/20
982 R000000325 オホーツク海氷の実態と気候システムにおける役割の解明 2002/09/30 2002/01/29
983 R030000159 オホーツク海氷の実態と気候システムにおける役割の解明 2005/03/18 2004/04/20
984 R000000473 オフ角のついたホモエピタクシャルダイヤモンド薄膜のRHEEDによる解析 2002/09/30 2002/01/29
985 R000000177 オキシジェニクス(高分子錯体) 2002/09/30 2002/01/29
986 R030000028 オキシジェニクス(高分子錯体) 2005/03/18 2004/04/20
987 R000000346 エネルギーの効率的変換を目指した界面イオン移動の解明 2002/09/30 2002/01/29
988 R000000139 ウイルス持続感染による免疫均衡の破綻機序とその免疫治療法の開発 2002/09/30 2002/01/29
989 R030000013 ウイルス持続感染による免疫均衡の破綻機序とその免疫治療法の開発 2005/03/18 2004/04/20
990 R000000283 ウイルス性脳障害の発症機構の解明と治療法の開発 2002/09/30 2002/01/29
991 R030000275 ウィルスのないインターネットに向けて ~オペレーティングシステムからのアプローチ~ 2005/02/22 2004/04/20
992 R040000100 インテリジェント・バイオマイクロラボラトリ 2007/05/18 2005/04/07
993 R070000050 インテリジェント光駆動分子機械の構築 2008/04/11 2008/04/07
994 R040000104 インターコミュニケーション・プログラミング 2007/05/18 2005/04/07
995 R000000585 インゲノールの全合成研究 2002/09/30 2002/01/29
996 R000000608 イミダゾリル置換ピケットフェンス鉄(II)ポルフィリン二量体の高酸素親和特性 2002/09/30 2002/01/29
997 R013000353 イミダゾリルポルフィリン亜鉛錯体による光合成モデルの構築 2003/10/01 2003/07/24
998 R013000270 イオン伝導体接合界面の構造 2003/10/01 2003/07/24
999 R000000384 アンプリファイヤーとなりうるDNA結合物質によるDNA損傷増強効果および塩基配列特異性の変化 2002/09/30 2002/01/29
1000 R000000596 アンフォテリシンB連結分子の作製と複合体形成 2002/09/30 2002/01/29

(10/12 page)

PAGE TOP