Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 38 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
1 R013000020 (In Japanese) 脳の形づくりのメカニズムに迫る:ゼブラフィッシュとメダカを用いた新しい試み -脊椎動物の新しい神経形態形成遺伝子の同定- May 11, 2007 Jul 24, 2003
2 R013000021 (In Japanese) ウナギが解き明かす精子形成の謎 May 11, 2007 Jul 24, 2003
3 R013000022 (In Japanese) 組織修復と器官形成を制御する新しい細胞内分子機構 -カルポニン研究の新展開:発生工学から遺伝子治療へ- May 11, 2007 Jul 24, 2003
4 R013000023 (In Japanese) Tリンパ球の分化と選択を決定づける細胞内信号 -Tリンパ球の分化制御を目で見よう- May 11, 2007 Jul 24, 2003
5 R013000024 (In Japanese) 脊髄ニューロンにおける痛み信号処理の機構 May 11, 2007 Jul 24, 2003
6 R030000210 (In Japanese) DNAはいかにして分配されていくのか? -バクテリアのセントロメアを求めて- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
7 R030000211 (In Japanese) DNA複製開始からDNA鎖伸長過程への移行機構 -複製開始にみる素過程と連携- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
8 R030000212 (In Japanese) 相同組換えにおけるホリデー中間体プロセッシングの機構 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
9 R030000213 (In Japanese) 転写制御の基本的枠組を探る :モデル制御系の構築とその定量的解析 -細胞内で"見た"調節因子の標的DNAへの結合- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
10 R030000214 (In Japanese) 蛋白質/蛋白質相互作用による物質輸送機能発現の機構 -アミノ酸トランスポーターの構成サブユニットと機能・調節の多様性- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
11 R030000215 (In Japanese) 植物における異性の認識と有性生殖成立の機構 -ミカヅキモの細胞間情報伝達を探る- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
12 R030000216 (In Japanese) ミヤコグサで開く根粒共生系の分子遺伝学 -ミヤコグサのモデル化にむけた基盤形成と根粒の数をシステミックに制御する宿主因子の同定- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
13 R030000217 (In Japanese) 分子遺伝学と逆遺伝学による線虫の神経発生の解析 -ポストゲノムシーケンス解析モデルとしての線虫実験系の開発- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
14 R030000218 (In Japanese) 神経軸索の伸長経路を決める道標細胞の発現分子の検索 -道標細胞の本質をさぐる- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
15 R030000219 (In Japanese) 神経細胞の生存シグナル伝達機構の解析 -AktとNotchによる細胞死の抑制- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
16 R030000220 (In Japanese) DNA複製の再開始制御機構の解明 -真核生物のDNA複製制御に関する生化学的アプローチ- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
17 R030000221 (In Japanese) 酵母の形態形成と細胞増殖との連携制御機構 -シグナル伝達分子と新規連携制御系- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
18 R030000222 (In Japanese) 体軸形成におけるWntシグナル伝達経路とAxinの役割 -Wntシグナル伝達を制御する新規分子の同定- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
19 R030000223 (In Japanese) 細胞はどのようにして非対称に分裂するか? -細胞運命の切り替えを行う転写調節複合体- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
20 R030000224 (In Japanese) 細胞系譜に依存したショウジョウバエ脳の神経回路モジュール構造の解析 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
21 R030000225 (In Japanese) 胚中心における新規なB細胞選択機構の解明 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
22 R030000226 (In Japanese) 血液型糖類を通じて知る生命の素過程 ‐調節素子としての糖鎖機能の網羅的解析をめざして‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
23 R030000227 (In Japanese) 体細胞から個体発生におけるゲノム再プログラム化機構 ‐胚性幹細胞がもつゲノム再プログラム化活性‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
24 R030000228 (In Japanese) 「味」と「香り」を認識する分子機構 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
25 R030000229 (In Japanese) X線1分子計測による細胞膜動的機能解析 -X線で原子の1/100の運動が見えた!- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
26 R030000266 (In Japanese) オートファジーの分子機構と生理的役割 ‐オートファゴソームはいつ、どこで、どのように作られるか‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
27 R030000267 (In Japanese) タンパク質分解ユビキチンシステムと細胞機能の連携制御機構 ‐ユビキチンリガーゼAPCの細胞周期での役割‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
28 R030000268 (In Japanese) 多元的遺伝情報発現系の分子モーター複合体による協調化機構の解明 -遺伝子発現系における転写統合装置複合体の共通機能‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
29 R030000269 (In Japanese) 生殖細胞の染色体分配の仕掛け ‐染色体接着因子コヒーシンの作用機序をさぐる‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
30 R030000270 (In Japanese) 光を求めて動く葉緑体の運動機構の解明 ‐青色光受容体フォトトロピンの役割‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
31 R030000271 (In Japanese) シグナル伝達の時空間動態を光で制御して光で解析する ‐生理活性を光で制御するケージド化合物の開発とその応用‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
32 R030000272 (In Japanese) 中枢神経細胞が層構造を形成するメカニズム ‐神経細胞はどのように移動してその配置が決まるのか?‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
33 R030000273 (In Japanese) 電気魚が解き明かす超短時間感覚のメカニズム Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
34 R013000015 (In Japanese) 試験管内反応系を用いた分裂酵母複製開始制御機構の解析 -DNA複製開始点を認識するしくみ- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
35 R013000016 (In Japanese) mRNAを運ぶしくみ:制御ネットワークと核の動的機能構造 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
36 R013000017 (In Japanese) 細胞の形態形成を決定する分子機構の研究 -細胞の形作り:動と静- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
37 R013000018 (In Japanese) 細胞死から見る線虫の発生メカニズム Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
38 R013000019 (In Japanese) 神経突起のパターン形成を支えるシグナリング機構 -細胞体から突き出る構造:その座標決めと伸長パターンの調節- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003

(1/1 page)

  • 1

PAGE TOP