TOP > 研究報告検索

研究報告検索

表示件数 詳細検索
データ提供機関
研究機関
研究制度
研究分野
IPC
マークによる絞込み
データ選択
表示オプション 表示順

リセット

該当件数 136件

No. 研究報告コード
研究報告名称
掲載日
更新日
101 R013000500 脳組織灌流維持装置の開発 2003/10/01 2003/07/24
102 R013000501 成熟脳組織培養法の検討 2003/10/01 2003/07/24
103 R013000502 微小酸素電極の開発 2003/10/01 2003/07/24
104 R013000503 微小血管動態撮影用顕微鏡の開発研究 2003/10/01 2003/07/24
105 R013000504 脳活動に伴う二次信号の8波長同時計測システムの開発 2003/10/01 2003/07/24
106 R013000505 脳組織温度計測3次元位置決めシステムの開発研究 2003/10/01 2003/07/24
107 R013000506 大脳皮質内微小血管観察の為の生体用超音波断層顕徹鏡の開発 2003/10/01 2003/07/24
108 R030000231 この人は今どの会話を聞いているのか? -聴覚的な注意集中の測定法- 2005/02/22 2004/04/20
109 R030000311 連成有限要素法による人工心臓拍動のシミュレーション技術の開発 2005/02/22 2004/04/20
110 R030000316 循環器病治療支援計算生体力学シミュレータ 2005/02/22 2004/04/20
111 R030000364 バーチャル・ハート :突然死予防のための心臓電気現象の包括的シミュレータの開発 2005/02/22 2004/04/20
112 R030000041 遺伝子変換マウスによる脳機能の解明 2005/03/18 2004/04/20
113 R030000043 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 2005/03/18 2004/04/20
114 R030000144 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装 2005/03/18 2004/04/20
115 R030000145 聴覚の情景分析に基づく音声・音響処理システム 2005/03/18 2004/04/20
116 R030000146 脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発 2005/03/18 2004/04/20
117 R030000148 MEGによる人間の高次脳機能の解明 2005/03/18 2004/04/20
118 R013000020 脳の形づくりのメカニズムに迫る:ゼブラフィッシュとメダカを用いた新しい試み -脊椎動物の新しい神経形態形成遺伝子の同定- 2007/05/11 2003/07/24
119 R013000024 脊髄ニューロンにおける痛み信号処理の機構 2007/05/11 2003/07/24
120 R040000055 昆虫の変態時に見られる神経回路網の再編成機構 2007/05/18 2005/04/07
121 R040000056 神経細胞が極性を獲得する機構 2007/05/18 2005/04/07
122 R040000057 嗅覚神経回路の形成と再生の分子基盤 2007/05/18 2005/04/07
123 R040000058 鳥類中枢神経系の可塑的な形態形成 2007/05/18 2005/04/07
124 R040000059 多様な中枢神経系のプロトカドヘリンによる形態形成の制御 2007/05/18 2005/04/07
125 R040000060 形態形成時の受容体による位置情報の提示機構 2007/05/18 2005/04/07
126 R040000061 神経細胞の軸索成長の基本メカニズム 2007/05/18 2005/04/07
127 R040000066 1分子計測による細胞性粘菌の走化性応答の解析 2007/05/18 2005/04/07
128 R040000083 時間順序の脳内協調表現 2007/05/18 2005/04/07
129 R040000084 非言語コミュニケーションの脳内機能メカニズム 2007/05/18 2005/04/07
130 R070000002 生物型飛行の力学シミュレータの構築 2008/04/11 2008/03/31
131 R070000057 生体・溶液系ナノデバイス研究の為の微小流体チップ開発 新技術説明会 2008/04/11 2008/04/07
132 R070000114 人間どうしの音声コミュニケーションの認識・理解 2008/04/11 2008/04/07
133 R070000231 着るだけで筋力を補助するスーツ:マッスルスーツの開発(人間行動を補助するマッスルスーツの開発) 2008/04/11 2008/04/07
134 R070000236 触感を再現する技術の開発(弾性表面波皮膚感覚ディスプレイの開発) 2008/04/11 2008/04/07
135 R070000238 人間・環境適応型知的歩行支援システム 2008/04/11 2008/04/07
136 R070000244 賢くなる2次元神経回路網によるパターン認識 2008/04/11 2008/04/07

(2/2ページ)

PAGE TOP