Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option

Clear

Hits 1702 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
401 R000000604 (In Japanese) パラジウム化合物を用いた触媒的多置換フルベンの合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
402 R000000454 (In Japanese) パラジウム触媒を用いるアルケン、1,3-ジエン及びアレン類のヒドロホスホリル化 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
403 R000000457 (In Japanese) パラジウム触媒によるトリアリールビスマス化合物のクロスカップリング反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
404 R120000002 (In Japanese) パラフィンへの金属繊維材混入による蓄放熱時間の短縮技術の開発 Mar 12, 2012 Mar 12, 2012
405 R000000336 (In Japanese) ヒトを含む哺乳類の生殖機能への内分泌かく乱物質の影響 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
406 R013000149 (In Japanese) ヒトレトロウイルス腫瘍の発症と防御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
407 R030000232 (In Japanese) ヒト型ロボットは優雅さ200%の舞踊を踊れるか? Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
408 R000000251 (In Japanese) ヒト脳の単一神経細胞の発現遺伝子 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
409 R030000042 (In Japanese) ヒト脳の単一神経細胞の発現遺伝子 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
410 R013000167 (In Japanese) ヒト脳単一神経細胞のイオンチャンネル発現パターン Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
411 R000000630 (In Japanese) ヒドロキアパタイトと有機官能基の界面相互作用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
412 R000000606 (In Japanese) ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
413 R013000134 (In Japanese) ビス(亜鉛ポルフィリン)におけるキラリティ-誘起の制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
414 R013000361 (In Japanese) ビスフェニルポリシラン誘導体:らせん性と転換可能な鏡像形態 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
415 R013000400 (In Japanese) ピコナール型 1,2 転位反応を用いたヘテロ環隣接不斉中心の制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
416 R000000406 (In Japanese) ピバリン酸アミド架橋白金(III)2核錯体と各種アルキンとの反応およびα-アミノケトンの合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
417 R000000377 (In Japanese) ピロール-イミダゾールポリアミド-CPI複合体による選択的DNAアルキル化と抗がん活性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
418 R000000378 (In Japanese) ピロール・イミダゾールトリアミド-CPIコンジュゲートによる制限酵素活性阻害 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
419 R000000395 (In Japanese) ファージディスプレイ法を用いた抗シガトキシン抗体の作製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
420 R090000014 (In Japanese) フェムト秒時空間画像計測システムの創成 Mar 6, 2009 Feb 25, 2009
421 R013000207 (In Japanese) フェムト秒領域の光反応コントロール Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
422 R030000030 (In Japanese) フェムト秒領域の光反応コントロール Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
423 R013000423 (In Japanese) フェロセン-キノン類の連結系の基底状態における分子内電子移動反応の金属イオン添加効果 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
424 R000000262 (In Japanese) フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
425 R030000132 (In Japanese) フェロモンの記憶に関わるシナプスメカニズムの解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
426 R013000158 (In Japanese) フェロモン記憶のシナプスメカニズム Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
427 R030000357 (In Japanese) フォトクロミック動作系の理論計算による徹底解剖 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
428 R070000039 (In Japanese) フォトクロミック情報処理システムの構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
429 R070000053 (In Japanese) フォトニック結晶工学の深化と新展開 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
430 R090000085 (In Japanese) フコース修飾によるNotch情報伝達の制御機構 Apr 17, 2009 Apr 13, 2009
431 R013000224 (In Japanese) フレンドウイルスによる白血病誘導の正・負の制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
432 R030000253 (In Japanese) プラナリアにおける生殖戦略転換機構 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
433 R090000047 (In Japanese) プリオン凝集体の代謝産物に着目した細胞機能制御 Mar 13, 2009 Mar 9, 2009
434 R070000075 (In Japanese) プリオン病の治療及び予防を目指した基礎研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
435 R000000287 (In Japanese) プリオン複製に関与する新しい因子の同定とプリオン病治療法開発への応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
436 R013000154 (In Japanese) プレキシンAサブファミリーの性質と相互作用 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
437 R030000245 (In Japanese) プログラミング言語処理系の部品化 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
438 R030000247 (In Japanese) プログラミングを補佐するコンピュータ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
439 R070000225 (In Japanese) プログラムをときほぐす数学理論 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
440 R013000461 (In Japanese) プロジェクト概要 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
441 R040000074 (In Japanese) プロテインメモリーを利用した低温高機能酵素のデザイン May 18, 2007 Apr 7, 2005
442 R013000266 (In Japanese) プロトプラストが生合成するカロース繊維の高次構造形成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
443 R090000080 (In Japanese) プローブ間の協同性を利用した高感度遺伝子解析法 Apr 3, 2009 Mar 25, 2009
444 R013000427 (In Japanese) ヘキサエチニルベンゼン誘導体の効率的な合成法の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
445 R090000009 (In Japanese) ヘテロ原子間相互作用に基づく分子集合と機能発現 Feb 20, 2009 Feb 17, 2009
446 R000000185 (In Japanese) ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
447 R030000079 (In Japanese) ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
448 R070000077 (In Japanese) ヘリコバクター・ピロリの空胞化致死毒素の宿主ターゲット分子と作用機序解析 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
449 R070000074 (In Japanese) ヘルペスウイルスの新しい改変系・可視化系の確立とウイルス病原性発現機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
450 R000000589 (In Japanese) ベンザインの[2+2]環付加反応を基盤とする新規合成手法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
451 R013000401 (In Japanese) ベンザインの反復利用によるひずみ化合物の合成研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
452 R000000611 (In Japanese) ペプチド型信号伝達機能の構築とその機能制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
453 R070000096 (In Japanese) ホウ素の輸送を利用した生物制御と環境浄化 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
454 R070000254 (In Japanese) ホウ素系ネットワーク物質における物質制御(層状酸化物の選択的組成制御と新機能の開拓) Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
455 R013000195 (In Japanese) ボルテックマスターの相転移・ダイナミックス・電子状態 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
456 R070000015 (In Japanese) ポリアミドやポリエステルの分子の長さを自在に制御する -重縮合における分子量と分子量分布の制御- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
457 R000000610 (In Japanese) ポリアミノ酸集合体による多様性を有する受容体の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
458 R040000076 (In Japanese) ポリウレタン分解酵素の修飾と機能改変 May 18, 2007 Apr 7, 2005
459 R000000614 (In Japanese) ポリシランのサーモトロピック液晶 コレステリック、スメクチック、カラムナー相の多彩な構造発現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
460 R000000617 (In Japanese) ポリシランのスイッチ・メモリ、センシング機能 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
461 R000000613 (In Japanese) ポリペプチド固体における可逆なヘリックス-ヘリックス転移 その駆動力とメカニズムを追う Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
462 R090000004 (In Japanese) ポリマー結合ペプチドのビルドアップと機能探索 Feb 20, 2009 Feb 17, 2009
463 R000000446 (In Japanese) ポルフィリンプリズムの定量的自己集合 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
464 R013000420 (In Japanese) ポルフィリン・フラーレン連結系を用いた超長寿命電荷分離状態の生成 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
465 R013000354 (In Japanese) ポルフィリン超分子組織化体の光電変換機能評価 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
466 R000000580 (In Japanese) ポルフィリン連鎖で拓く人工光合成と分子エレクトロニクス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
467 R013000133 (In Japanese) ポルフィリン-トリス(ピピリジン)ルテニウム錯体連結化合物とポルフィリンのヘテロダイマー -不斉光触媒をめざして- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
468 R013000389 (In Japanese) マイクロラボラトリーの可能性 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
469 R013000300 (In Japanese) マイクロ共鳴エージェントを用いた右脳型コンピュータ -量子効果を用い知能システムを構築する- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
470 R070000004 (In Japanese) マイクロ流体デバイス開発のための流体-構造連成共振現象逆解析 Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
471 R090000064 (In Japanese) マイクロ流体界面計測法の開発 Apr 3, 2009 Mar 25, 2009
472 R070000216 (In Japanese) マイコプラズマ滑走運動の分子メカニズム Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
473 R013000138 (In Japanese) マウスγチユブリンの機能解析 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
474 R000000588 (In Japanese) マジンドリンA及びBの効率的不斉全合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
475 R070000082 (In Japanese) マラリア原虫の酸化ストレス応答メカニズム解明へのアプローチ Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
476 R070000215 (In Japanese) ミクロな化学反応過程がもたらすマクロなタンパク質機能発現の分子物理 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
477 R030000284 (In Japanese) ミクロ安定化半導体スーパーへテロ界面の高度光機能化 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
478 R000000379 (In Japanese) ミスマッチ塩基対を特異的に認識する化合物の開発と一塩基多型検出への応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
479 R013000141 (In Japanese) ミトコンドリアの分布と形態の制御メカニズム Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
480 R070000172 (In Japanese) ミトコンドリア病の病態発現機構の解明と遺伝子治療法の探索 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
481 R030000216 (In Japanese) ミヤコグサで開く根粒共生系の分子遺伝学 -ミヤコグサのモデル化にむけた基盤形成と根粒の数をシステミックに制御する宿主因子の同定- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
482 R013000444 (In Japanese) メソポーラスMg-Ta複合酸化物の合成と光触媒活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
483 R000000694 (In Japanese) メソ多孔体の空隙に作製した新規構造体の構造決定・評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
484 R000000329 (In Japanese) メソ対流系の構造と発生・発達のメカニズムの解明 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
485 R070000219 (In Japanese) メタレベル・プログラミングの信頼性 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
486 R040000062 (In Japanese) モルフォゲンシグナル分子の濃度調節による病的組織の修復 May 18, 2007 Apr 7, 2005
487 R070000073 (In Japanese) ユビキタスな自己抗原に対する免疫応答による関節炎発症機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
488 R070000221 (In Japanese) ユビキタス時代のソフトウェアノンストップ運用支援 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
489 R070000192 (In Japanese) ユビキチンと分子シャペロンの連携による細胞機能制御機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
490 R000000715 (In Japanese) ランダム行列と準位相関 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
491 R030000351 (In Japanese) リアルタイム地球観測衛星データ高速通信・高速演算配信によるアジア太平洋防災ネットワークの開発 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
492 R013000269 (In Japanese) リチウム電池におけるイオン移動 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
493 R090000020 (In Japanese) リポソームアレイによる膜タンパク質の機能解析法 Mar 6, 2009 Feb 25, 2009
494 R030000343 (In Japanese) リモートセンシングとシミュレーションの複合利用による重油回収支援システムの構築とその運用に関する研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
495 R070000079 (In Japanese) リンパ球の分化を制御する転写調節機構の解明と治療への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
496 R013000356 (In Japanese) レゾルシル [4] アレーン誘導体イオンチャネルの電流特性とイオン透過能制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
497 R000000489 (In Japanese) レーザーMBE法により格子整合SCAM基板上に成膜されたコンビナトリアルZn/Zn1-xMgxO多重量子井戸の分光特性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
498 R000000490 (In Japanese) レーザーMBE法により成膜された高品質コンビナトリアルアナターゼ相酸化チタン薄膜および六方晶ZnS薄膜の光学的評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
499 R030000204 (In Japanese) レーザーで創るタンパク質のマクロな形態・ミクロな構造 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
500 R013000313 (In Japanese) レーザーとマイクロ波で誘起された動的核偏極 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003

(5/18 page)

PAGE TOP