Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option

Clear

Hits 1702 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
801 R070000107 (In Japanese) 大脳神経系前駆細胞の運命を制御するシグナル伝達 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
802 R000000243 (In Japanese) 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
803 R013000200 (In Japanese) 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
804 R013000131 (In Japanese) 天然および修飾シクロデキストリンによる包接の熱力学と不斉識別. 微少熱量測定による研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
805 R070000034 (In Japanese) 天然物の構造モチーフを基盤とした機能性分子の開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
806 R090000036 (In Japanese) 子どもの知育発達を促すデジタルメディアの作成 Mar 13, 2009 Mar 6, 2009
807 R090000114 (In Japanese) 子どもの知育発達を促すデジタルメディアの作成 Apr 24, 2009 Apr 23, 2009
808 R070000243 (In Japanese) 学習によるシーン理解の研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
809 R000000274 (In Japanese) 学習・記憶のシナプス前性メカニズムの解明 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
810 R030000360 (In Japanese) 宇宙シミュレーション・ネットラボラトリーシステムの開発 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
811 R030000350 (In Japanese) 宇宙科学データ解析研究のためのバーチャルセンターの構築 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
812 R000000123 (In Japanese) 安定同位体利用NMR法の高度化と構造生物学への応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
813 R030000058 (In Japanese) 安定同位体利用NMR法の高度化と構造生物学への応用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
814 R000000187 (In Japanese) 完全フォトクロミック反応系の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
815 R000000411 (In Japanese) 完全フォトクロミック反応系の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
816 R030000119 (In Japanese) 完全フォトクロミック反応系の構築 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
817 R030000363 (In Japanese) 完全長cDNA間の共通ドメイン検索システムの開発 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
818 R120000007 (In Japanese) 実用的な不斉アリル化剤(Nokami アルコール)の開発 Mar 12, 2012 Mar 12, 2012
819 R013000336 (In Japanese) 対称なqubitのセットから最大の情報を引き出す検出方法 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
820 R030000238 (In Japanese) 将棋のプロ棋士はどのように手を選んでいるか? Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
821 R013000331 (In Japanese) 小さなコンタクト面積を持つCo/Al接合のスピン依存Hall効果 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
822 R070000264 (In Japanese) 小型超高精度レーザー原子時計の実現 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
823 R013000226 (In Japanese) 小胞体ストレス応答の分子機構 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
824 R000000361 (In Japanese) 小胞体・ゴルジ体間セラミド輸送の再構成系の樹立と解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
825 R013000157 (In Japanese) 小脳プルキンエ細胞におけるGABA応答制御の分子機構 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
826 R070000182 (In Japanese) 小脳失調症関連遺伝子の機能解明と治療に向けた標的遺伝子の導入技術開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
827 R070000271 (In Japanese) 局在プラズモン増強を使った光倍高調波によるバイオチップの高密度化 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
828 R000000212 (In Japanese) 局所高電界場における極限物理現象の可視化観測と制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
829 R000000514 (In Japanese) 局所高電界場における極限物理現象の可視化観測と制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
830 R030000130 (In Japanese) 局所高電界場における極限物理現象の可視化観測と制御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
831 R040000077 (In Japanese) 層状ニオブ・チタン酸塩の層間修飾と光活性を利用する機能化 May 18, 2007 Apr 7, 2005
832 R000000636 (In Japanese) 層状ペロブスカイト化合物の電子構造に関する理論的研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
833 R070000252 (In Japanese) 層状酸化物の機能を拓く固体化学的アプローチ(層状酸化物の選択的組成制御と新機能の開拓) Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
834 R000000103 (In Japanese) 左右位置情報の確立と伝達の分子機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
835 R000000116 (In Japanese) 左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
836 R030000005 (In Japanese) 左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
837 R000000690 (In Japanese) 巨大ドメイン構造をもつビススチリルアントラセン誘導体薄膜の光学物性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
838 R070000037 (In Japanese) 巨視的応答性を有する超分子ポリマーの創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
839 R030000250 (In Japanese) 巻貝の左右性とはたらき Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
840 R030000248 (In Japanese) 市場メカニズムに基づく計算資源割り当て方式 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
841 R013000193 (In Japanese) 干渉型電子顕微鏡によるYBCO単結晶中の磁束量子の観察 Oct 1, 2003 Aug 1, 2003
842 R013000426 (In Japanese) 平面大環状分子ジエチニルベンゼンマクロサイクルの溶液中における自己会合挙動 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
843 R070000229 (In Japanese) 広域環境における高性能分散共有メモリ機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
844 R090000056 (In Japanese) 広狭域2重2光子励起顕微鏡による神経回路網の計測 Mar 13, 2009 Mar 11, 2009
845 R040000075 (In Japanese) 廃熱から電気を作る環境にやさしいセラミックス May 18, 2007 Apr 7, 2005
846 R000000654 (In Japanese) 引力相互作用するボース凝縮体の崩壊のダイナミックス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
847 R000000448 (In Japanese) 強塩基活性化イオン反応Positive Coldspray Ionization Mass Spectrometry (CSI-MS)によるゲスト分子包接自己集合錯体の構造解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
848 R070000265 (In Japanese) 強相関ナノ電子構造の光誘起協同現象による超高速光スイッチング Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
849 R030000193 (In Japanese) 強相関一次元遷移金属錯体の光誘起相転移 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
850 R070000047 (In Japanese) 強相関物質表面での光誘起状態の光電子分光 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
851 R000000578 (In Japanese) 強相関電子系ペロブスカイト遷移金属酸化物による光エレクトロニクス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
852 R013000343 (In Japanese) 強相関電子系ペロブスカイト遷移金属酸化物による光エレクトロニクス Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
853 R070000139 (In Japanese) 強相関電子系酸化物ナノヘテロ構造による室温動作スピントロニクスデバイスの創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
854 R000000213 (In Japanese) 強磁場における物質の挙動と新素材の創製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
855 R000000515 (In Japanese) 強磁場における物質の挙動と新素材の創製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
856 R030000131 (In Japanese) 強磁場における物質の挙動と新素材の創製 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
857 R040000044 (In Japanese) 強磁場を用いた組織の超微細化による耐熱合金の強靭化 May 11, 2007 Apr 7, 2005
858 R030000264 (In Japanese) 強磁性と超伝導の共存と自己誘起磁束格子の探索 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
859 R000000742 (In Japanese) 強結合による低群速度光伝播とパラメトリック過程 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
860 R040000060 (In Japanese) 形態形成時の受容体による位置情報の提示機構 May 18, 2007 Apr 7, 2005
861 R013000137 (In Japanese) 微小管プラス端における癌抑制遺伝子APC蛋白とAPC結合蛋白EB1の動態 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
862 R030000186 (In Japanese) 微小脳の高次中枢のモジュール構造と情報表現 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
863 R000000674 (In Japanese) 微小金属構造体の近接場効果 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
864 R013000187 (In Japanese) 微生物の機能強化による水環境修復技術の確立のための戦略的基礎研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
865 R030000097 (In Japanese) 微生物を活用する汚染土壌修復の基盤研究 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
866 R013000405 (In Japanese) 微生物を用いた光学活性 2NMA の合成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
867 R030000054 (In Japanese) 微生物機能強化による水環境修復技術の確立 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
868 R030000069 (In Japanese) 微細構造におけるスピン量子物性の開拓 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
869 R013000408 (In Japanese) 微量ポリエーテル化合物の構造解析と作用及び構造活性相関に関する研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
870 R000000218 (In Japanese) 心が通う身体的コミュニケーションシステムE-COSMIC Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
871 R030000176 (In Japanese) 心臓が大きく強くなるしくみの研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
872 R030000169 (In Japanese) 応用展開に向けた「ジーンセレクター」研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
873 R070000223 (In Japanese) 快適な実時間マルチタスク処理を実現するプロセッサ Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
874 R000000340 (In Japanese) 性分化機構の解明 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
875 R030000276 (In Japanese) 性能に関して健全なコンパイラの構築に向けて Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
876 R030000241 (In Japanese) 情報の三元分解と再合成 -次世代データモデルの開発- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
877 R070000099 (In Japanese) 情報変換・機能制御性を持つ分子刺激応答性ゲル meetings Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
878 R040000098 (In Japanese) 情報検索における対象知識獲得支援システムの構築 May 18, 2007 Apr 7, 2005
879 R070000072 (In Japanese) 感染症を制御する特異的レセプター群の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
880 R000000252 (In Japanese) 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
881 R030000043 (In Japanese) 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
882 R040000085 (In Japanese) 感覚情報と身体制御に関する発達過程 May 18, 2007 Apr 7, 2005
883 R090000025 (In Japanese) 感覚運動統合がなされた自律バーチャルクリーチャーの創生 Mar 13, 2009 Mar 6, 2009
884 R090000103 (In Japanese) 感覚運動統合がなされた自律バーチャルクリーチャーの創生 Apr 24, 2009 Apr 23, 2009
885 R000000297 (In Japanese) 感覚運動統合理論に基づく「手と脳」の工学的実現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
886 R040000097 (In Japanese) 成長するネットワーク型知能と人間中心システム May 18, 2007 Apr 7, 2005
887 R013000403 (In Japanese) 抗ウイルス化合物プラジミシン類の全合成研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
888 R000000590 (In Japanese) 抗ウイルス性抗生物質プラジミシン類の全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
889 R000000388 (In Japanese) 抗シガトキシン抗体調製への有機合成化学的アプローチ:ハプテンの短段階合成および抗体の相互作用解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
890 R000000593 (In Japanese) 抗生物質アクアヤマイシンの全合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
891 R000000362 (In Japanese) 抗真菌性物質Australifunginの全合成と絶対立体配置の決定 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
892 R090000035 (In Japanese) 折紙のデジタルアーカイブ構築のための基盤技術とその応用 Mar 13, 2009 Mar 6, 2009
893 R090000113 (In Japanese) 折紙のデジタルアーカイブ構築のための基盤技術とその応用 Apr 24, 2009 Apr 23, 2009
894 R013000328 (In Japanese) 振動的波束のアト秒コヒーレント制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
895 R000000214 (In Japanese) 文化遺産の高度メディアコンテンツ化のための自動化手法 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
896 R070000116 (In Japanese) 文字列の方程式を解く Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
897 R070000237 (In Japanese) 新しいナノ計測の開発と生物への応用(新世代ナノ計測の開発と生体分子への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
898 R000000381 (In Japanese) 新しいヌクレオシドの設計と合成およびそれらのDNAへの結合 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
899 R013000056 (In Japanese) 新しいポリヌクレオチド-多糖3重らせんの形成とその遺伝子伝達物への応用 May 11, 2007 Jul 24, 2003
900 R013000151 (In Japanese) 新しい免疫系-Vα14 NKT細胞 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003

PAGE TOP