TOP > 研究報告検索

研究報告検索

表示件数 詳細検索
データ提供機関
研究機関
研究制度
研究分野
IPC
マークによる絞込み
データ選択
表示オプション 表示順

リセット

該当件数 136件

No. 研究報告コード
研究報告名称
掲載日
更新日
1 R040000066 1分子計測による細胞性粘菌の走化性応答の解析 2007/05/18 2005/04/07
2 R013000494 3次元PETノイズ低減シールドの開発 2003/10/01 2003/07/24
3 R013000495 3次元PET散乱同時係数と計数損失の補正法 2003/10/01 2003/07/24
4 R013000496 3次元画像再構成用高速プロセッサの開発 2003/10/01 2003/07/24
5 R000000277 Caチャネル遺伝子の変異と神経疾患 2002/09/30 2002/01/29
6 R000000087 JSTにおける心表象 2002/09/30 2002/01/29
7 R000000111 MEGによる人間の高次脳機能の研究 2002/09/30 2002/01/29
8 R000000292 MEGによる人間の高次脳機能の解明 2002/09/30 2002/01/29
9 R030000148 MEGによる人間の高次脳機能の解明 2005/03/18 2004/04/20
10 R000000088 MITにおける心表象:成果 2002/09/30 2002/01/29
11 R013000489 PaCO2変動負荷時の脳血流量変化における血球速度の寄与 2003/10/01 2003/07/24
12 R030000231 この人は今どの会話を聞いているのか? -聴覚的な注意集中の測定法- 2005/02/22 2004/04/20
13 R000000256 アルツハイマー病における神経細胞死の解明 2002/09/30 2002/01/29
14 R000000608 イミダゾリル置換ピケットフェンス鉄(II)ポルフィリン二量体の高酸素親和特性 2002/09/30 2002/01/29
15 R000000625 グリコサミノグリカンとコラーゲンからなる生体組織再生マトリックスの創製 2002/09/30 2002/01/29
16 R000000264 シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能 2002/09/30 2002/01/29
17 R000000624 ハイドロキシアパタイト/コラーゲン自己組織化複合体の合成と骨親和性評価 2002/09/30 2002/01/29
18 R030000364 バーチャル・ハート :突然死予防のための心臓電気現象の包括的シミュレータの開発 2005/02/22 2004/04/20
19 R000000092 ヒトおよびサルにおける前頭前野の機能イメージング 2002/09/30 2002/01/29
20 R013000478 ヒトー次視覚野における刺激頻度とBOLD信号応答との関係 2003/10/01 2003/07/24
21 R013000479 ヒトー次視覚野における短時間及び連続刺激時のBOLD信号応答 2003/10/01 2003/07/24
22 R013000481 ヒトー次視覚野における視覚誘発電位とBOLD信号応答との関係 2003/10/01 2003/07/24
23 R013000482 ヒトー次視覚野における過酸素血下でのBOLD信号応答 2003/10/01 2003/07/24
24 R013000480 ヒトー次運動野における血流信号応答とBOLD信号応答との関係 2003/10/01 2003/07/24
25 R000000251 ヒト脳の単一神経細胞の発現遺伝子 2002/09/30 2002/01/29
26 R013000461 プロジェクト概要 2003/10/01 2003/07/24
27 R013000487 ベイズ推論法による事象関連BOLD fMRIデータの時間不変線形システムとしてのモデル化 2003/10/01 2003/07/24
28 R013000486 ベイズ解析法のfMRIデータへの応用 2003/10/01 2003/07/24
29 R013000493 ベータカメラによる脳酸素クリアランスの測定 2003/10/01 2003/07/24
30 R000000611 ペプチド型信号伝達機能の構築とその機能制御 2002/09/30 2002/01/29
31 R000000628 交互浸漬による腱の上/中におけるりん酸カルシウム被覆 2002/09/30 2002/01/29
32 R070000114 人間どうしの音声コミュニケーションの認識・理解 2008/04/11 2008/04/07
33 R070000238 人間・環境適応型知的歩行支援システム 2008/04/11 2008/04/07
34 R000000609 光合成アンテナ-反応中心複合体モデルの構築 2002/09/30 2002/01/29
35 R013000499 冷凍機冷却型脳磁場計測装置の開発研究 2003/10/01 2003/07/24
36 R990004296 分子複合系の構築と機能 生体のエネルギー変換・信号伝達機能の全構築 2001/02/06 2000/10/13
37 R040000057 嗅覚神経回路の形成と再生の分子基盤 2007/05/18 2005/04/07
38 R040000059 多様な中枢神経系のプロトカドヘリンによる形態形成の制御 2007/05/18 2005/04/07
39 R013000506 大脳皮質内微小血管観察の為の生体用超音波断層顕徹鏡の開発 2003/10/01 2003/07/24
40 R000000274 学習・記憶のシナプス前性メカニズムの解明 2002/09/30 2002/01/29
41 R040000060 形態形成時の受容体による位置情報の提示機構 2007/05/18 2005/04/07
42 R030000316 循環器病治療支援計算生体力学シミュレータ 2005/02/22 2004/04/20
43 R013000503 微小血管動態撮影用顕微鏡の開発研究 2003/10/01 2003/07/24
44 R013000502 微小酸素電極の開発 2003/10/01 2003/07/24
45 R000000098 心表象プロジェクト:展望 2002/09/30 2002/01/29
46 R000000252 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 2002/09/30 2002/01/29
47 R030000043 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 2005/03/18 2004/04/20
48 R013000491 成熟脳組織の試験管内における代謝活動維持に関する基礎的条件 2003/10/01 2003/07/24
49 R013000501 成熟脳組織培養法の検討 2003/10/01 2003/07/24
50 R000000629 新しい多孔質ヒドロキアパタイトの生体内骨形成可能性 2002/09/30 2002/01/29
51 R040000055 昆虫の変態時に見られる神経回路網の再編成機構 2007/05/18 2005/04/07
52 R000000295 時間的情報処理の神経基盤のモデル化 2002/09/30 2002/01/29
53 R013000246 時間的情報処理の神経基盤のモデル化 2003/10/01 2003/08/11
54 R040000083 時間順序の脳内協調表現 2007/05/18 2005/04/07
55 R013000484 機能的磁気共鳴画像法の賦活領域特定に用いる統計解析法 2003/10/01 2003/07/24
56 R013000485 機能的磁気共鳴画像法における賦活領域特定に関する統計解析モデル 2003/10/01 2003/07/24
57 R000000081 機能集積型高次構造を有する人工レセプター 2002/09/30 2002/01/29
58 R000000299 海馬の動的神経機構を基礎とする状況依存的知能の設計原理 2002/09/30 2002/01/29
59 R013000476 無侵襲脳機能光計測における計測精度の波長依存性 2003/10/01 2003/07/24
60 R000000236 無機ナノ結晶・高分子系の自己組織化と生体組織誘導材料の創出 2002/09/30 2002/01/29
61 R000000229 生体のエネルギー変換・信号伝達機能の全構築 2002/09/30 2002/01/29
62 R070000057 生体・溶液系ナノデバイス研究の為の微小流体チップ開発 新技術説明会 2008/04/11 2008/04/07
63 R000000398 生体分子解析用金属錯体プローブの開発 2002/09/30 2002/01/29
64 R000000184 生体機能分子の設計と精密分子認識に基づく反応制御 2002/09/30 2002/01/29
65 R990004230 生体防御のメカニズム 超分子システムによる免疫識別の分子機構解明 2001/02/06 2000/10/13
66 R990004207 生命活動のプログラム 器官形成の分子機構 2001/02/06 2000/10/13
67 R990004211 生命活動のプログラム 一方向性反応のプログラミング基盤 2001/02/06 2000/10/13
68 R990004217 生命活動のプログラム 哺乳類人工染色体の開発と個体の形質転換への利用 2001/02/06 2000/10/13
69 R070000002 生物型飛行の力学シミュレータの構築 2008/04/11 2008/03/31
70 R000000296 発声力学に基づくタスクプラニング機構の構築 2002/09/30 2002/01/29
71 R013000244 発話運動計画の計算論的モデルの構築 2003/10/01 2003/07/24
72 R070000231 着るだけで筋力を補助するスーツ:マッスルスーツの開発(人間行動を補助するマッスルスーツの開発) 2008/04/11 2008/04/07
73 R000000259 神経ネットワーク形成の遺伝子プログラム 2002/09/30 2002/01/29
74 R993100877 神経分化を始めさせるスイッチ分子群 2002/09/30 2002/07/08
75 R000000286 神経変性の分子機構解析に基づく新しい治療戦略の開発 2002/09/30 2002/01/29
76 R013000019 神経突起のパターン形成を支えるシグナリング機構 -細胞体から突き出る構造:その座標決めと伸長パターンの調節- 2003/10/01 2003/07/24
77 R000000266 神経系の遺伝的プログラムと可塑的メカニズム 2002/09/30 2002/01/29
78 R040000056 神経細胞が極性を獲得する機構 2007/05/18 2005/04/07
79 R040000061 神経細胞の軸索成長の基本メカニズム 2007/05/18 2005/04/07
80 R000000276 精神分裂病における神経伝達の異常 2002/09/30 2002/01/29
81 R000000108 聴覚の情景分析に基づく音声・音響処理システム 2002/09/30 2002/01/29
82 R000000289 聴覚の情景分析に基づく音声・音響処理システム 2002/09/30 2002/01/29
83 R030000145 聴覚の情景分析に基づく音声・音響処理システム 2005/03/18 2004/04/20
84 R013000024 脊髄ニューロンにおける痛み信号処理の機構 2007/05/11 2003/07/24
85 R000000093 脳における2種類の言語の階層構造 2002/09/30 2002/01/29
86 R000000107 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装 2002/09/30 2002/01/29
87 R000000288 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装 2002/09/30 2002/01/29
88 R030000144 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装 2005/03/18 2004/04/20
89 R013000020 脳の形づくりのメカニズムに迫る:ゼブラフィッシュとメダカを用いた新しい試み -脊椎動物の新しい神経形態形成遺伝子の同定- 2007/05/11 2003/07/24
90 R990004340 脳を創る 発声力学に基づくタスクプラニング機構の構築 2001/02/06 2000/10/13
91 R990004336 脳を創る 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装 2001/02/06 2000/10/13
92 R990004339 脳を創る 自律行動単位の力学的結合による脳型情報処理機械の開発 2001/02/06 2000/10/13
93 R990004338 脳を創る 運動の学習制御における小脳機能の解明 2001/02/06 2000/10/13
94 R990004337 脳を創る MEGによる人間の高次脳機能の解明 2001/02/06 2000/10/13
95 R990004313 脳を知る 人間の高次精神過程にかかわるコラム構造・配列 2001/02/06 2000/10/13
96 R990004308 脳を知る 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 2001/02/06 2000/10/13
97 R990004314 脳を知る 神経ネットワーク形成の遺伝子プログラム 2001/02/06 2000/10/13
98 R990004315 脳を知る 神経結合の形成、維持、再編成を制御する分子機構の解明 2001/02/06 2000/10/13
99 R990004320 脳を知る 神経系の遺伝的プログラムと可塑的メカニズム 2001/02/06 2000/10/13
100 R990004321 脳を知る 脳の神経回路形成と可塑性の分子機構 2001/02/06 2000/10/13

(1/2ページ)

PAGE TOP