Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 1168 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
101 R030000228 (In Japanese) 「味」と「香り」を認識する分子機構 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
102 R000000438 (In Japanese) かご型レセプター錯体の動的分子集合を活用した分子不斉メモリーの構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
103 R030000231 (In Japanese) この人は今どの会話を聞いているのか? -聴覚的な注意集中の測定法- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
104 R070000119 (In Japanese) ゆらぎによってヒトの脳を活性化する Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
105 R013000365 (In Japanese) らせん超分子構造制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
106 R000000313 (In Japanese) アイソトポマーの計測による環境物質の起源推定 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
107 R030000098 (In Japanese) アイソトポマーの計測による環境物質の起源推定 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
108 R013000434 (In Japanese) アザジルコナサイクルの酸塩化物との反応 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
109 R000000332 (In Japanese) アジア域の広域大気汚染による大気粒子環境の変調 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
110 R000000241 (In Japanese) アポトーシスにおけるゲノム構造変化の分子機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
111 R013000205 (In Japanese) アポトーシスにおけるゲノム構造変化の分子機構と生理作用 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
112 R000000371 (In Japanese) アリルリンカーを用いる糖ペプチドの固相合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
113 R013000345 (In Japanese) アルカリ土類金属ドープYAlO3の光学的性質 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
114 R000000256 (In Japanese) アルツハイマー病における神経細胞死の解明 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
115 R013000160 (In Japanese) アルツハイマー病の病因としてのβアミロイド42 の産生亢進 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
116 R030000087 (In Japanese) アルツハイマー病における神経細胞死の研究 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
117 R013000399 (In Japanese) アルドール反応による不斉三級水酸基構築法の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
118 R013000220 (In Japanese) アレルギー制御標的としての免疫グロブリンレセプター Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
119 R000000596 (In Japanese) アンフォテリシンB連結分子の作製と複合体形成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
120 R000000384 (In Japanese) アンプリファイヤーとなりうるDNA結合物質によるDNA損傷増強効果および塩基配列特異性の変化 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
121 R013000270 (In Japanese) イオン伝導体接合界面の構造 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
122 R013000353 (In Japanese) イミダゾリルポルフィリン亜鉛錯体による光合成モデルの構築 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
123 R000000608 (In Japanese) イミダゾリル置換ピケットフェンス鉄(II)ポルフィリン二量体の高酸素親和特性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
124 R000000585 (In Japanese) インゲノールの全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
125 R040000104 (In Japanese) インターコミュニケーション・プログラミング May 18, 2007 Apr 7, 2005
126 R040000100 (In Japanese) インテリジェント・バイオマイクロラボラトリ May 18, 2007 Apr 7, 2005
127 R070000050 (In Japanese) インテリジェント光駆動分子機械の構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
128 R030000275 (In Japanese) ウィルスのないインターネットに向けて ~オペレーティングシステムからのアプローチ~ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
129 R000000283 (In Japanese) ウイルス性脳障害の発症機構の解明と治療法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
130 R000000139 (In Japanese) ウイルス持続感染による免疫均衡の破綻機序とその免疫治療法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
131 R030000013 (In Japanese) ウイルス持続感染による免疫均衡の破綻機序とその免疫治療法の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
132 R000000346 (In Japanese) エネルギーの効率的変換を目指した界面イオン移動の解明 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
133 R000000177 (In Japanese) オキシジェニクス(高分子錯体) Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
134 R030000028 (In Japanese) オキシジェニクス(高分子錯体) Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
135 R000000473 (In Japanese) オフ角のついたホモエピタクシャルダイヤモンド薄膜のRHEEDによる解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
136 R000000325 (In Japanese) オホーツク海氷の実態と気候システムにおける役割の解明 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
137 R030000159 (In Japanese) オホーツク海氷の実態と気候システムにおける役割の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
138 R000000105 (In Japanese) オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 ペルオキシソームをモデル系とした解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
139 R000000118 (In Japanese) オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
140 R030000007 (In Japanese) オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
141 R070000083 (In Japanese) オートファジーによる細胞内侵入性細菌の排除機構の解析と応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
142 R040000090 (In Japanese) オープンネットワークのための基盤システムソフトウェア May 18, 2007 Apr 7, 2005
143 R000000466 (In Japanese) カテキンの超臨界水分解反応における器壁と温度の効果 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
144 R013000402 (In Japanese) カテキンオリゴマーの合成研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
145 R000000136 (In Japanese) カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
146 R030000010 (In Japanese) カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
147 R013000271 (In Japanese) カーボンナノチューブを利用した量子ドット Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
148 R070000133 (In Japanese) カーボンナノチューブの非線形および磁気光学特性の研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
149 R000000365 (In Japanese) キトビオースユニットを有するEmmprinの細胞外第一Igドメインの合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
150 R000000530 (In Japanese) キャリア分布および超伝導性に関するNMR研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
151 R013000398 (In Japanese) キラルなイミドを用いた不斉4級炭素の構築 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
152 R013000415 (In Japanese) キラルなカチオン性サレンコバルト (III) 錯体を用いる触媒的不斉Baeyer-Villiger反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
153 R013000412 (In Japanese) キラルなサレンルテニウム錯体を用いる触媒的不斉スルフィミド化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
154 R013000413 (In Japanese) キラルなサレンチタン錯体と過酸化水素を用いるスルフィドの触媒的不斉酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
155 R000000419 (In Japanese) キラルなジアリールエテンによるネマチック液晶の光誘起ピッチ変化 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
156 R000000358 (In Japanese) キラルジルコニウム触媒を用いる触媒的不斉合成反応の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
157 R013000359 (In Japanese) キラル-アキラルランダム共重合体のらせん構造について Oct 1, 2003 Aug 12, 2003
158 R000000396 (In Japanese) クロモプロテイン系抗腫瘍性抗生物質C-1027の分子認識 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
159 R040000045 (In Japanese) クーロンブロッケードによる階段状変位電流の測定とその応用 May 11, 2007 Apr 7, 2005
160 R000000370 (In Japanese) グリコサミノグリカン還元末端領域のリン酸化・硫酸化オリゴ糖鎖の合成と酵素的糖鎖伸長 meetings Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
161 R000000625 (In Japanese) グリコサミノグリカンとコラーゲンからなる生体組織再生マトリックスの創製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
162 R000000592 (In Japanese) グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応を鍵とした新規合成手法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
163 R013000404 (In Japanese) グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応の研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
164 R070000025 (In Japanese) ケイ素単体表面構造をもつ配位不飽和ケイ素分子の創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
165 R000000390 (In Japanese) ケダルシジンの2-デオキシ糖のグリコシル化研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
166 R990004301 (In Japanese) ゲノムの構造と機能 哺乳類特異的ゲノム機能 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
167 R990004303 (In Japanese) ゲノムの構造と機能 アポトーシスにおけるゲノム構造変化の分子機構 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
168 R990004305 (In Japanese) ゲノムの構造と機能 大腸菌におけるゲノム機能の体系的解析 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
169 R013000201 (In Japanese) ゲノムの機能を制御する核内因子の局在と修飾に関する化学遺伝学的研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
170 R000000122 (In Japanese) ゲノムインプリンティング制御の分子機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
171 R030000057 (In Japanese) ゲノムインプリンティング制御の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
172 R030000249 (In Japanese) コモディティグリッド技術による次世代テラスケールコンピューティング Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
173 R000000420 (In Japanese) コレステロール置換基をもつ光学活性ジアリールエテンによる液晶相転移 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
174 R000000369 (In Japanese) コンドロイチンオリゴ糖クラスター分子の合成とグルクロン酸転移 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
175 R000000484 (In Japanese) コンビナトリアル手法により発見した室温透明磁石 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
176 R000000485 (In Japanese) コンビナトリアルレーザーMBE法によるLa0.8Sr<SUB0.2</SUB> MnO<SUB>3</SUB>/La<SUB>0.2</SUB>Sr<SUB>0.8</SUB> MnO<SUB>3 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
177 R000000486 (In Japanese) コンビナトリアル計算化学による材料設計 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
178 R000000607 (In Japanese) コール酸誘導体を有するハーフおよび膜貫通型イオンチャネルの電流特性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
179 R000000173 (In Japanese) サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
180 R000000734 (In Japanese) サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
181 R030000118 (In Japanese) サイクル時間域光波制御と単一原子分子現象への応用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
182 R040000063 (In Japanese) サイトカイニン合成酵素による植物形態形成の制御 May 18, 2007 Apr 7, 2005
183 R000000143 (In Japanese) サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
184 R030000063 (In Japanese) サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
185 R013000173 (In Japanese) サッケードと滑動性眼球運動開始の神経機構 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
186 R013000414 (In Japanese) サレンルテニウム錯体を用いる第一級アルコールの化学選択的酸素酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
187 R030000093 (In Japanese) サンゴ礁におけるCO2固定バイオリアクター構築技術の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
188 R000000392 (In Japanese) シガトキシンHIJKLM環部の合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
189 R000000386 (In Japanese) シガトキシンの全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
190 R000000594 (In Japanese) シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
191 R013000406 (In Japanese) シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
192 R000000397 (In Japanese) シガトキシン合成アナログのNaチャネル結合能と抗体調製アプローチ Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
193 R013000358 (In Japanese) シクロデキストリン含有ポリペプチドを用いた分子認識・伝達界面の構築 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
194 R030000271 (In Japanese) シグナル伝達の時空間動態を光で制御して光で解析する ‐生理活性を光で制御するケージド化合物の開発とその応用‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
195 R013000259 (In Japanese) シグナル伝達系と細胞周期制御系との直接的連携 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
196 R000000264 (In Japanese) シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
197 R030000134 (In Japanese) シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
198 R070000207 (In Japanese) シャペロニンの役割の解明による効率的なタンパク質折りたたみ法の確立 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
199 R000000556 (In Japanese) シリコンおよびポリシリコン構造の電子輸送特性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
200 R000000700 (In Japanese) シリコンクラスレートおよび関連するシリコンナノネットワーク薄膜の合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002

(2/12 page)

PAGE TOP