Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 1168 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
301 R040000074 (In Japanese) プロテインメモリーを利用した低温高機能酵素のデザイン May 18, 2007 Apr 7, 2005
302 R013000427 (In Japanese) ヘキサエチニルベンゼン誘導体の効率的な合成法の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
303 R070000077 (In Japanese) ヘリコバクター・ピロリの空胞化致死毒素の宿主ターゲット分子と作用機序解析 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
304 R070000074 (In Japanese) ヘルペスウイルスの新しい改変系・可視化系の確立とウイルス病原性発現機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
305 R000000589 (In Japanese) ベンザインの[2+2]環付加反応を基盤とする新規合成手法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
306 R013000401 (In Japanese) ベンザインの反復利用によるひずみ化合物の合成研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
307 R000000611 (In Japanese) ペプチド型信号伝達機能の構築とその機能制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
308 R013000195 (In Japanese) ボルテックマスターの相転移・ダイナミックス・電子状態 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
309 R070000015 (In Japanese) ポリアミドやポリエステルの分子の長さを自在に制御する -重縮合における分子量と分子量分布の制御- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
310 R000000610 (In Japanese) ポリアミノ酸集合体による多様性を有する受容体の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
311 R040000076 (In Japanese) ポリウレタン分解酵素の修飾と機能改変 May 18, 2007 Apr 7, 2005
312 R000000614 (In Japanese) ポリシランのサーモトロピック液晶 コレステリック、スメクチック、カラムナー相の多彩な構造発現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
313 R000000617 (In Japanese) ポリシランのスイッチ・メモリ、センシング機能 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
314 R000000613 (In Japanese) ポリペプチド固体における可逆なヘリックス-ヘリックス転移 その駆動力とメカニズムを追う Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
315 R000000446 (In Japanese) ポルフィリンプリズムの定量的自己集合 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
316 R013000420 (In Japanese) ポルフィリン・フラーレン連結系を用いた超長寿命電荷分離状態の生成 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
317 R013000354 (In Japanese) ポルフィリン超分子組織化体の光電変換機能評価 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
318 R000000580 (In Japanese) ポルフィリン連鎖で拓く人工光合成と分子エレクトロニクス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
319 R013000389 (In Japanese) マイクロラボラトリーの可能性 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
320 R013000300 (In Japanese) マイクロ共鳴エージェントを用いた右脳型コンピュータ -量子効果を用い知能システムを構築する- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
321 R070000216 (In Japanese) マイコプラズマ滑走運動の分子メカニズム Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
322 R000000588 (In Japanese) マジンドリンA及びBの効率的不斉全合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
323 R070000082 (In Japanese) マラリア原虫の酸化ストレス応答メカニズム解明へのアプローチ Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
324 R070000215 (In Japanese) ミクロな化学反応過程がもたらすマクロなタンパク質機能発現の分子物理 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
325 R030000284 (In Japanese) ミクロ安定化半導体スーパーへテロ界面の高度光機能化 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
326 R000000379 (In Japanese) ミスマッチ塩基対を特異的に認識する化合物の開発と一塩基多型検出への応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
327 R013000141 (In Japanese) ミトコンドリアの分布と形態の制御メカニズム Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
328 R030000216 (In Japanese) ミヤコグサで開く根粒共生系の分子遺伝学 -ミヤコグサのモデル化にむけた基盤形成と根粒の数をシステミックに制御する宿主因子の同定- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
329 R013000444 (In Japanese) メソポーラスMg-Ta複合酸化物の合成と光触媒活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
330 R000000694 (In Japanese) メソ多孔体の空隙に作製した新規構造体の構造決定・評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
331 R040000062 (In Japanese) モルフォゲンシグナル分子の濃度調節による病的組織の修復 May 18, 2007 Apr 7, 2005
332 R070000073 (In Japanese) ユビキタスな自己抗原に対する免疫応答による関節炎発症機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
333 R000000715 (In Japanese) ランダム行列と準位相関 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
334 R013000269 (In Japanese) リチウム電池におけるイオン移動 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
335 R030000343 (In Japanese) リモートセンシングとシミュレーションの複合利用による重油回収支援システムの構築とその運用に関する研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
336 R013000356 (In Japanese) レゾルシル [4] アレーン誘導体イオンチャネルの電流特性とイオン透過能制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
337 R000000489 (In Japanese) レーザーMBE法により格子整合SCAM基板上に成膜されたコンビナトリアルZn/Zn1-xMgxO多重量子井戸の分光特性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
338 R000000490 (In Japanese) レーザーMBE法により成膜された高品質コンビナトリアルアナターゼ相酸化チタン薄膜および六方晶ZnS薄膜の光学的評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
339 R030000204 (In Japanese) レーザーで創るタンパク質のマクロな形態・ミクロな構造 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
340 R013000313 (In Japanese) レーザーとマイクロ波で誘起された動的核偏極 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
341 R000000639 (In Japanese) レーザーによるDNA-ヒストンH1複合体の折りたたみ/解きほぐしの制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
342 R000000421 (In Japanese) レーザー多光子励起によるジアリールエテンの反応制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
343 R013000410 (In Japanese) ロドプシンの光活性化機構 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
344 R000000483 (In Japanese) 一括X線回折装置によるコンビナトリアルサンプルの高速結晶構造解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
345 R000000124 (In Japanese) 一方向性反応のプログラミング基盤 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
346 R000000425 (In Japanese) 三核ルテニウム反応場上での炭化水素配位子の骨格変換反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
347 R013000339 (In Japanese) 三次元フォトニックバンドギャップ結晶中の導波路-構造的ゆらぎの効果- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
348 R030000023 (In Japanese) 三次元集積量子構造の形成と知能情報処理への応用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
349 R000000399 (In Japanese) 三角形の形態を有する好塩性微生物に存在する新規光応答性アニオンポンプ:遺伝子クローニングと解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
350 R000000426 (In Japanese) 三重架橋ヘテロ原子(団)導入による三核錯体反応場の電子密度制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
351 R000000427 (In Japanese) 三重架橋金属グループ導入によるクラスター反応場の電子密度制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
352 R013000174 (In Japanese) 下側頭葉皮質における形,両眼視差,面の情報処理 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
353 R030000196 (In Japanese) 不均一磁場を用いたクラスター質量分析装置の開発 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
354 R013000197 (In Japanese) 不良土壌で生育可能な耐鉄欠乏性植物の遺伝子導入法による創製 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
355 R030000244 (In Japanese) 並列処理のための協調機能を持つ手続き型言語 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
356 R000000653 (In Japanese) 中性気体原子のボーズ凝縮体を用いた応用実験 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
357 R030000272 (In Japanese) 中枢神経細胞が層構造を形成するメカニズム ‐神経細胞はどのように移動してその配置が決まるのか?‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
358 R013000364 (In Japanese) 主鎖・側鎖・溶媒が織りなす微妙なポリシランらせん構造の規制 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
359 R040000086 (In Japanese) 乳幼児を対象とした人工物・メディアの発達的認識過程 May 18, 2007 Apr 7, 2005
360 R000000350 (In Japanese) 乾燥地植林による炭素固定システムの構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
361 R013000261 (In Japanese) 乾燥地植林による炭素固定システムの構築 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
362 R013000347 (In Japanese) 二つの秩序パラメータ,強誘電性と反強磁性の結合 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
363 R000000686 (In Japanese) 二次元ハイパー構造DNA-mimetics分子集合体としての作製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
364 R013000340 (In Japanese) 二次元フォトニック結晶板中の導波路とその光学的性質 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
365 R013000272 (In Japanese) 二重結合量子構造におけるコヒーレント動力学 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
366 R013000296 (In Japanese) 二重量子ドットにおけるスピンブロッケードと動的核スピン偏極 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
367 R000000628 (In Japanese) 交互浸漬による腱の上/中におけるりん酸カルシウム被覆 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
368 R030000202 (In Japanese) 交換相互作用検出によるナノメートル電子移動反応の状態と変革 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
369 R030000017 (In Japanese) 人工ナノ構造の機能探索 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
370 R013000419 (In Japanese) 人工光合成材料としてのポルフィリン単分子膜修飾金クラスターの開発 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
371 R000000562 (In Japanese) 人工光学物性に基づく新しい光子制御デバイス - デジタルフォトニクスを目指して Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
372 R000000226 (In Japanese) 人工光物性に基づく新しい光子制御デバイス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
373 R013000392 (In Japanese) 人工細胞モデルの構築:巨大リポソーム内部での生化学反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
374 R070000240 (In Japanese) 人間とロボットの相互関係形成のための構造化学習 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
375 R040000095 (In Japanese) 人間と共に移動する生活支援ロボット May 18, 2007 Apr 7, 2005
376 R030000233 (In Japanese) 人間の行動を知的に撮影し伝えるシステム Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
377 R070000238 (In Japanese) 人間・環境適応型知的歩行支援システム Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
378 R013000326 (In Japanese) 位相制御フェムト秒光源を用いた波束エンジニアリング Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
379 R000000373 (In Japanese) 低分子量ポリエチレングリコールを用いた効率的糖鎖構築法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
380 R000000204 (In Japanese) 低次元異常金属の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
381 R000000497 (In Japanese) 低次元異常金属の開発 高温超伝導と新たな物質物理 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
382 R030000084 (In Japanese) 低次元異常金属の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
383 R000000182 (In Japanese) 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
384 R000000481 (In Japanese) 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
385 R030000076 (In Japanese) 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
386 R000000201 (In Japanese) 低次元金属・超伝導の超異方性強磁場効果 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
387 R000000496 (In Japanese) 低次元金属・超伝導体の超異方性強磁場効果 磁場が鋭さを見せるとき Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
388 R030000081 (In Japanese) 低次元金属・超伝導体の超異方性強磁場効果 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
389 R000000317 (In Japanese) 低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
390 R000000645 (In Japanese) 低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
391 R030000140 (In Japanese) 低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
392 R013000256 (In Japanese) 体の左右非対称性におけるlefty遺伝子の役割 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
393 R030000227 (In Japanese) 体細胞から個体発生におけるゲノム再プログラム化機構 ‐胚性幹細胞がもつゲノム再プログラム化活性‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
394 R030000222 (In Japanese) 体軸形成におけるWntシグナル伝達経路とAxinの役割 -Wntシグナル伝達を制御する新規分子の同定- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
395 R000000672 (In Japanese) 個々のIV族半導体ナノ粒子のトンネル分光 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
396 R030000286 (In Japanese) 個々の原子・分子追跡と2次元組織化膜成長ダイナミクス Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
397 R000000102 (In Japanese) 個体老化の分子機構の解明 klotho遺伝子研究の新展開 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
398 R030000004 (In Japanese) 個体老化の分子機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
399 R013000139 (In Japanese) 倍数体のキネトコアー微小管接着とアナフエイズ前期キネトコア分離におけるBiK1Pの重要性 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
400 R030000197 (In Japanese) 偏光双安定面発光半導体レーザ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004

(4/12 page)

PAGE TOP