Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 1168 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
601 R013000403 (In Japanese) 抗ウイルス化合物プラジミシン類の全合成研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
602 R013000404 (In Japanese) グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応の研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
603 R013000405 (In Japanese) 微生物を用いた光学活性 2NMA の合成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
604 R013000406 (In Japanese) シガトキシンおよび関連ポリエーテル系天然物の全合成研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
605 R013000407 (In Japanese) 膜結合性低分子が形成するイオンチャネル様複合体の構造 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
606 R013000408 (In Japanese) 微量ポリエーテル化合物の構造解析と作用及び構造活性相関に関する研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
607 R013000409 (In Japanese) 神経特異的に作用する新規ペプチドトキシンのNaチャネル結合部位の解析および超低温電子顕微鏡解析によるL型Caチャネルの立体構造 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
608 R013000410 (In Japanese) ロドプシンの光活性化機構 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
609 R013000411 (In Japanese) 渦鞭毛藻Symbiodinium sp.から得られたポリオール化合物 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
610 R013000412 (In Japanese) キラルなサレンルテニウム錯体を用いる触媒的不斉スルフィミド化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
611 R013000413 (In Japanese) キラルなサレンチタン錯体と過酸化水素を用いるスルフィドの触媒的不斉酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
612 R013000414 (In Japanese) サレンルテニウム錯体を用いる第一級アルコールの化学選択的酸素酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
613 R013000415 (In Japanese) キラルなカチオン性サレンコバルト (III) 錯体を用いる触媒的不斉Baeyer-Villiger反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
614 R013000418 (In Japanese) 耐久性キラルルイス酸触媒の創製-DBFOX/Phの亜鉛錯体 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
615 R013000419 (In Japanese) 人工光合成材料としてのポルフィリン単分子膜修飾金クラスターの開発 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
616 R013000420 (In Japanese) ポルフィリン・フラーレン連結系を用いた超長寿命電荷分離状態の生成 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
617 R013000421 (In Japanese) NADHモデル反応の金属イオン触媒制御 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
618 R013000422 (In Japanese) スカンジウムイオンを触媒とするフラーレンの電子移動酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
619 R013000423 (In Japanese) フェロセン-キノン類の連結系の基底状態における分子内電子移動反応の金属イオン添加効果 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
620 R013000424 (In Japanese) 過渡円二色性測定装置の開発と有機化合物への適用 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
621 R013000425 (In Japanese) [12, 12] パラシクロファンドデカイン類C36H8およびC36Cl8の生成と炭素クラスターC36への変換 Oct 1, 2003 Jul 31, 2003
622 R013000426 (In Japanese) 平面大環状分子ジエチニルベンゼンマクロサイクルの溶液中における自己会合挙動 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
623 R013000427 (In Japanese) ヘキサエチニルベンゼン誘導体の効率的な合成法の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
624 R013000428 (In Japanese) 内部に三次元空孔を有するポリエンイン型大環状化合物の構築 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
625 R013000429 (In Japanese) 新規円筒状パイ電子系およびその遷移金属錯体の合成と性質 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
626 R013000430 (In Japanese) 炭素分子を含む低温固体マトリックスの昇華による炭素微粒子の生成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
627 R013000431 (In Japanese) ジルコナシクロペンタジエンからのニッケル触媒によるベンゼン誘導体の合成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
628 R013000432 (In Japanese) ジルコナシクロペンタジエンからのジヒドロピリダジンの調製 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
629 R013000433 (In Japanese) ジルコンサイクルにおけるアルキンのアルキニル化 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
630 R013000434 (In Japanese) アザジルコナサイクルの酸塩化物との反応 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
631 R013000435 (In Japanese) ジルコノセン複核エチレン錯体の合成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
632 R013000436 (In Japanese) ジルコナシクロペンタジエンの二重結合での反応:ベンゼン誘導体の新規な合成反応 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
633 R013000440 (In Japanese) CO2多電子還元反応におけるモデル中間錯体の結晶構造と反応性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
634 R013000444 (In Japanese) メソポーラスMg-Ta複合酸化物の合成と光触媒活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
635 R013000445 (In Japanese) 水溶液からの水素または酸素生成に活性な可視光応答性光触媒の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
636 R013000447 (In Japanese) 水の分解反応に対するd10電子状態のSnおよびSb金属酸化物光触媒の活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
637 R013000449 (In Japanese) Ruクラスターを用いる炭化水素の活性化 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
638 R013000453 (In Japanese) 固定化金属触媒による酸化反応の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
639 R013000454 (In Japanese) 多点制御型不斉触媒の創製と四級炭素構築への展開 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
640 R013000455 (In Japanese) 次世代のファイン触媒の開発を目指して Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
641 R013000458 (In Japanese) 自己集合性三次元錯体の分子フラスコとしての利用~新現象・新反応の創出~ Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
642 R013000459 (In Japanese) 炭素ラジカル生成触媒の開発と合成反応への応用 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
643 R030000001 (In Japanese) 細胞増殖における染色体複製の型の多様性と複製装置の活性化の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
644 R030000002 (In Japanese) 細胞増殖の制御機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
645 R030000004 (In Japanese) 個体老化の分子機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
646 R030000005 (In Japanese) 左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
647 R030000007 (In Japanese) オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
648 R030000008 (In Japanese) 発生・分化を規定する新規シグナル伝達ネットワーク Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
649 R030000009 (In Japanese) 遺伝子改変に基づく生体防御システムの解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
650 R030000010 (In Japanese) カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
651 R030000011 (In Japanese) 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
652 R030000012 (In Japanese) 免疫系と神経・内分泌系の立体的分子機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
653 R030000013 (In Japanese) ウイルス持続感染による免疫均衡の破綻機序とその免疫治療法の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
654 R030000014 (In Japanese) Fc受容体を介する生体防御システムの解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
655 R030000015 (In Japanese) 普遍的な生体防御機構としてのストレス応答 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
656 R030000017 (In Japanese) 人工ナノ構造の機能探索 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
657 R030000018 (In Japanese) STM発光分光法と近接場光学分光法による表面極微細構造の電子物性の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
658 R030000019 (In Japanese) 超構造分子の創製と有機量子デバイスへの応用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
659 R030000020 (In Japanese) 量子場操作 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
660 R030000021 (In Japanese) 自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
661 R030000022 (In Japanese) 配列したミクロ空間での新物質系の創製と物性 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
662 R030000023 (In Japanese) 三次元集積量子構造の形成と知能情報処理への応用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
663 R030000024 (In Japanese) スピン計測 -スピンSPMの開発とスピン制御- Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
664 R030000025 (In Japanese) 新規"有機ゼオライト"触媒の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
665 R030000026 (In Japanese) 極微細構造の化学設計と表面反応制御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
666 R030000027 (In Japanese) X線解析による分子の励起構造の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
667 R030000028 (In Japanese) オキシジェニクス(高分子錯体) Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
668 R030000029 (In Japanese) 高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を機軸とする立体選択的構築 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
669 R030000030 (In Japanese) フェムト秒領域の光反応コントロール Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
670 R030000031 (In Japanese) 次世代精密分子制御法の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
671 R030000033 (In Japanese) 超高純度ベースメタルの科学 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
672 R030000034 (In Japanese) 極限環境を用いた超伝導体の臨界状態の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
673 R030000035 (In Japanese) 電子波の位相と振幅の微細空間解像 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
674 R030000036 (In Japanese) 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
675 R030000037 (In Japanese) 反強磁性量子スピン梯子化合物の合成と新奇な物性 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
676 R030000038 (In Japanese) 画素の小さいX線検出用CCDの開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
677 R030000039 (In Japanese) 極限ストレス土壌における植物の耐性戦略 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
678 R030000040 (In Japanese) 脳神経系を構成する細胞の多様性の形成機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
679 R030000041 (In Japanese) 遺伝子変換マウスによる脳機能の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
680 R030000042 (In Japanese) ヒト脳の単一神経細胞の発現遺伝子 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
681 R030000043 (In Japanese) 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
682 R030000044 (In Japanese) 脳内光受容とサーカディアンリズム Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
683 R030000045 (In Japanese) 視覚認識の脳内過程 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
684 R030000048 (In Japanese) 自立都市をめざした都市代謝システムの開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
685 R030000049 (In Japanese) 都市ヒートアイランドの計測制御システム Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
686 R030000051 (In Japanese) 森林衰退に係わる大気汚染物質の計測、動態、制御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
687 R030000053 (In Japanese) 環境影響と効用の比較評価に基づいた化学物質の管理原則 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
688 R030000054 (In Japanese) 微生物機能強化による水環境修復技術の確立 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
689 R030000055 (In Japanese) 器官形成の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
690 R030000057 (In Japanese) ゲノムインプリンティング制御の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
691 R030000058 (In Japanese) 安定同位体利用NMR法の高度化と構造生物学への応用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
692 R030000061 (In Japanese) 変異マウスを用いた発癌制御遺伝子の単離・同定の試み Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
693 R030000062 (In Japanese) 細胞周期における染色体制御に必須な高次複合体の研究 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
694 R030000063 (In Japanese) サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
695 R030000065 (In Japanese) 自己免疫制御の分子基盤 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
696 R030000066 (In Japanese) 環境発がん物質の低濃度発がんリスクの解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
697 R030000068 (In Japanese) 炎症反応分子機構のIL-8、細胞接着因子を中心とした解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
698 R030000069 (In Japanese) 微細構造におけるスピン量子物性の開拓 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
699 R030000070 (In Japanese) 金属微細トンネル接合システムの物理と素子応用の研究 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
700 R030000071 (In Japanese) ナノ構造磁性半導体の巨大磁気光学機能の創出 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004

(7/12 page)

PAGE TOP