Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 106 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
1 R070000061 (In Japanese) 2次元ナノレイヤー積層による新規誘電特性の発現-サイズ効果フリー高誘電体の創製- Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
2 R000000320 (In Japanese) 高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
3 R000000648 (In Japanese) 高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
4 R030000143 (In Japanese) 高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
5 R013000274 (In Japanese) 電子ビーム表面改質で人工的に位置制御された量子ドットアレイの作製 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
6 R000000519 (In Japanese) 電子ビーム位置制御液滴エピタキシーによるGaN量子ドットの位置制御および単電子トランジスタの作製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
7 R000000189 (In Japanese) 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
8 R000000424 (In Japanese) 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
9 R030000121 (In Japanese) 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
10 R013000333 (In Japanese) 量子暗号に向けた光子の量子もつれ制御をめざして Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
11 R990004254 (In Japanese) 量子効果等の物理現象 異方的超伝導体の量子効果と新電磁波機能発現の研究 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
12 R000000488 (In Japanese) 過少ドープYBa2Cu307-δ薄膜の配向制御成長およびそのc軸遠赤外特性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
13 R000000432 (In Japanese) 超臨界二酸化炭素中における溝呂木-Heck反応の高効率化 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
14 R000000433 (In Japanese) 超臨界二酸化炭素中におけるアミン類からのカルバミン酸誘導体の合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
15 R000000759 (In Japanese) 走査SQUID顕微鏡による量子磁束の観測と超伝導電流分布 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
16 R030000281 (In Japanese) 視覚世界を能動的に学習し予測する脳の計算様式 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
17 R000000197 (In Japanese) 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
18 R000000505 (In Japanese) 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス 結晶格子の変化をピコ秒で見る Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
19 R013000190 (In Japanese) 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセスの研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
20 R030000036 (In Japanese) 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
21 R000000632 (In Japanese) 結晶化したメソポーラス材料の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
22 R000000113 (In Japanese) 細胞増殖の制御機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
23 R030000002 (In Japanese) 細胞増殖の制御機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
24 R000000100 (In Japanese) 細胞周期制御に至るシグナル伝達 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
25 R000000429 (In Japanese) 異種金属よりなる二核および三核ポリヒドリドクラスターの合成と反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
26 R000000758 (In Japanese) 異方的高温超伝導体の量子効果と新電磁波機能発現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
27 R000000169 (In Japanese) 異方的超伝導体の量子効果と新電磁波機能発現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
28 R030000114 (In Japanese) 異方的超伝導体の量子効果と新電磁波機能発現 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
29 R990004203 (In Japanese) 生命活動のプログラム 細胞増殖の制御機構 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
30 R040000088 (In Japanese) 生体の力学的信号に基づくコミュニケーション May 18, 2007 Apr 7, 2005
31 R990004349 (In Japanese) 環境低負荷型の社会システム アイソトポマーの計測による環境物質の起源推定 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
32 R990004354 (In Japanese) 環境低負荷型の社会システム 高温空気燃焼技術を用いた廃棄物・石炭高効率発電 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
33 R000000583 (In Japanese) 水の光分解を目的とする固体電子状態のデザイン Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
34 R070000211 (In Japanese) 構造ゲノム科学およびプロテオミクスに基づく新規の遺伝暗号翻訳装置の同定と機能発現メカニズムの解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
35 R990004277 (In Japanese) 極限環境状態における現象 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
36 R000000762 (In Japanese) 極低温走査トンネル分光法による超伝導体の渦糸状態観測 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
37 R070000274 (In Japanese) 有機・無機複合ピラー構造の周期配列制御と機能発現 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
38 R000000400 (In Japanese) 新規ユウロピウム錯体を用いた大腸菌O157ベロ毒素遺伝子検出系の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
39 R070000280 (In Japanese) 新しい多面体ナノ炭素物質の創製と機能発現 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
40 R000000593 (In Japanese) 抗生物質アクアヤマイシンの全合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
41 R000000590 (In Japanese) 抗ウイルス性抗生物質プラジミシン類の全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
42 R013000403 (In Japanese) 抗ウイルス化合物プラジミシン類の全合成研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
43 R040000044 (In Japanese) 強磁場を用いた組織の超微細化による耐熱合金の強靭化 May 11, 2007 Apr 7, 2005
44 R000000654 (In Japanese) 引力相互作用するボース凝縮体の崩壊のダイナミックス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
45 R070000271 (In Japanese) 局在プラズモン増強を使った光倍高調波によるバイオチップの高密度化 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
46 R070000243 (In Japanese) 学習によるシーン理解の研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
47 R000000239 (In Japanese) 哺乳類特異的ゲノム機能 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
48 R013000203 (In Japanese) 哺乳類特異的ゲノム機能 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
49 R000000553 (In Japanese) 単一電子メモリーデバイス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
50 R990004259 (In Japanese) 単一分子・原子レベルの反応制御 X線解析による分子の励起構造の解明 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
51 R990004263 (In Japanese) 単一分子・原子レベルの反応制御 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
52 R990004269 (In Japanese) 単一分子・原子レベルの反応制御 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
53 R990004299 (In Japanese) 分子複合系の構築と機能 エネルギー変換機能を有する無機超分子系の構築 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
54 R000000487 (In Japanese) 分子層エピタキシーと低次元超構造形成の反応設計 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
55 R070000262 (In Japanese) 光と原子の間の量子情報ネットワークの実現 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
56 R000000182 (In Japanese) 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
57 R000000481 (In Japanese) 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
58 R030000076 (In Japanese) 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
59 R030000196 (In Japanese) 不均一磁場を用いたクラスター質量分析装置の開発 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
60 R000000427 (In Japanese) 三重架橋金属グループ導入によるクラスター反応場の電子密度制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
61 R000000426 (In Japanese) 三重架橋ヘテロ原子(団)導入による三核錯体反応場の電子密度制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
62 R000000399 (In Japanese) 三角形の形態を有する好塩性微生物に存在する新規光応答性アニオンポンプ:遺伝子クローニングと解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
63 R000000425 (In Japanese) 三核ルテニウム反応場上での炭化水素配位子の骨格変換反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
64 R000000483 (In Japanese) 一括X線回折装置によるコンビナトリアルサンプルの高速結晶構造解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
65 R000000489 (In Japanese) レーザーMBE法により格子整合SCAM基板上に成膜されたコンビナトリアルZn/Zn1-xMgxO多重量子井戸の分光特性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
66 R000000490 (In Japanese) レーザーMBE法により成膜された高品質コンビナトリアルアナターゼ相酸化チタン薄膜および六方晶ZnS薄膜の光学的評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
67 R013000444 (In Japanese) メソポーラスMg-Ta複合酸化物の合成と光触媒活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
68 R000000613 (In Japanese) ポリペプチド固体における可逆なヘリックス-ヘリックス転移 その駆動力とメカニズムを追う Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
69 R000000614 (In Japanese) ポリシランのサーモトロピック液晶 コレステリック、スメクチック、カラムナー相の多彩な構造発現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
70 R013000401 (In Japanese) ベンザインの反復利用によるひずみ化合物の合成研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
71 R000000589 (In Japanese) ベンザインの[2+2]環付加反応を基盤とする新規合成手法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
72 R030000247 (In Japanese) プログラミングを補佐するコンピュータ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
73 R013000400 (In Japanese) ピコナール型 1,2 転位反応を用いたヘテロ環隣接不斉中心の制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
74 R000000235 (In Japanese) ハイブリッド型生理活性分子の高効率構築法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
75 R000000591 (In Japanese) ハイブリッド型抗生物質ラビドマイシンの全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
76 R013000349 (In Japanese) ハイブリッド型生理活性分子の高効率構築法の開発 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
77 R000000224 (In Japanese) ネオシリコン創製に向けた構造制御と機能探索 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
78 R013000303 (In Japanese) ネオシリコンを用いたバリスティック輸送デバイス Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
79 R000000551 (In Japanese) ネオシリコン:未来の電子工学のための新しい機能性素材 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
80 R000000555 (In Japanese) ナノ結晶シリコンにおける新しい電子輸送 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
81 R013000304 (In Japanese) ナノ結晶シリコンドットの表面酸化によるPL強度の増加 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
82 R000000586 (In Japanese) タキシニンの全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
83 R000000552 (In Japanese) シリコン量子ドットのメソスコープ特性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
84 R013000259 (In Japanese) シグナル伝達系と細胞周期制御系との直接的連携 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
85 R000000484 (In Japanese) コンビナトリアル手法により発見した室温透明磁石 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
86 R000000485 (In Japanese) コンビナトリアルレーザーMBE法によるLa0.8Sr<SUB0.2</SUB> MnO<SUB>3</SUB>/La<SUB>0.2</SUB>Sr<SUB>0.8</SUB> MnO<SUB>3 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
87 R000000486 (In Japanese) コンビナトリアル計算化学による材料設計 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
88 R030000249 (In Japanese) コモディティグリッド技術による次世代テラスケールコンピューティング Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
89 R990004301 (In Japanese) ゲノムの構造と機能 哺乳類特異的ゲノム機能 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
90 R000000592 (In Japanese) グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応を鍵とした新規合成手法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
91 R013000404 (In Japanese) グループ選択的ヒドロアルミニウム化反応の研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
92 R040000045 (In Japanese) クーロンブロッケードによる階段状変位電流の測定とその応用 May 11, 2007 Apr 7, 2005
93 R013000402 (In Japanese) カテキンオリゴマーの合成研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
94 R000000313 (In Japanese) アイソトポマーの計測による環境物質の起源推定 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
95 R030000098 (In Japanese) アイソトポマーの計測による環境物質の起源推定 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
96 R000000430 (In Japanese) η5-C5H5基を有するルテニウムヒドリドクラスターの合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
97 R000000482 (In Japanese) YBa2Cu307-δ薄膜のコンビナトリアル合成“Carrousel法” Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
98 R000000176 (In Japanese) X線解析による分子の励起構造の解明 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
99 R013000208 (In Japanese) X線解析による分子の励起構造の解明 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
100 R030000027 (In Japanese) X線解析による分子の励起構造の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004

(1/2 page)

PAGE TOP