Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 1248 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
901 R000000715 (In Japanese) ランダム行列と準位相関 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
902 R070000073 (In Japanese) ユビキタスな自己抗原に対する免疫応答による関節炎発症機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
903 R040000062 (In Japanese) モルフォゲンシグナル分子の濃度調節による病的組織の修復 May 18, 2007 Apr 7, 2005
904 R013000026 (In Japanese) モバイルオブジェクトの機能を制約を少なく実現し,インターネット上で有効性を実証 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
905 R000000694 (In Japanese) メソ多孔体の空隙に作製した新規構造体の構造決定・評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
906 R013000444 (In Japanese) メソポーラスMg-Ta複合酸化物の合成と光触媒活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
907 R030000216 (In Japanese) ミヤコグサで開く根粒共生系の分子遺伝学 -ミヤコグサのモデル化にむけた基盤形成と根粒の数をシステミックに制御する宿主因子の同定- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
908 R013000141 (In Japanese) ミトコンドリアの分布と形態の制御メカニズム Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
909 R000000379 (In Japanese) ミスマッチ塩基対を特異的に認識する化合物の開発と一塩基多型検出への応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
910 R030000284 (In Japanese) ミクロ安定化半導体スーパーへテロ界面の高度光機能化 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
911 R070000215 (In Japanese) ミクロな化学反応過程がもたらすマクロなタンパク質機能発現の分子物理 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
912 R013000013 (In Japanese) マンガン酸化物の光スイッチ効果 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
913 R070000082 (In Japanese) マラリア原虫の酸化ストレス応答メカニズム解明へのアプローチ Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
914 R000000588 (In Japanese) マジンドリンA及びBの効率的不斉全合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
915 R070000216 (In Japanese) マイコプラズマ滑走運動の分子メカニズム Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
916 R013000300 (In Japanese) マイクロ共鳴エージェントを用いた右脳型コンピュータ -量子効果を用い知能システムを構築する- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
917 R013000389 (In Japanese) マイクロラボラトリーの可能性 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
918 R000000580 (In Japanese) ポルフィリン連鎖で拓く人工光合成と分子エレクトロニクス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
919 R013000354 (In Japanese) ポルフィリン超分子組織化体の光電変換機能評価 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
920 R000000446 (In Japanese) ポルフィリンプリズムの定量的自己集合 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
921 R013000420 (In Japanese) ポルフィリン・フラーレン連結系を用いた超長寿命電荷分離状態の生成 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
922 R000000613 (In Japanese) ポリペプチド固体における可逆なヘリックス-ヘリックス転移 その駆動力とメカニズムを追う Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
923 R000000614 (In Japanese) ポリシランのサーモトロピック液晶 コレステリック、スメクチック、カラムナー相の多彩な構造発現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
924 R000000617 (In Japanese) ポリシランのスイッチ・メモリ、センシング機能 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
925 R040000076 (In Japanese) ポリウレタン分解酵素の修飾と機能改変 May 18, 2007 Apr 7, 2005
926 R000000610 (In Japanese) ポリアミノ酸集合体による多様性を有する受容体の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
927 R070000015 (In Japanese) ポリアミドやポリエステルの分子の長さを自在に制御する -重縮合における分子量と分子量分布の制御- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
928 R013000195 (In Japanese) ボルテックマスターの相転移・ダイナミックス・電子状態 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
929 R000000611 (In Japanese) ペプチド型信号伝達機能の構築とその機能制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
930 R013000493 (In Japanese) ベータカメラによる脳酸素クリアランスの測定 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
931 R013000401 (In Japanese) ベンザインの反復利用によるひずみ化合物の合成研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
932 R000000589 (In Japanese) ベンザインの[2+2]環付加反応を基盤とする新規合成手法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
933 R070000074 (In Japanese) ヘルペスウイルスの新しい改変系・可視化系の確立とウイルス病原性発現機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
934 R070000077 (In Japanese) ヘリコバクター・ピロリの空胞化致死毒素の宿主ターゲット分子と作用機序解析 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
935 R013000427 (In Japanese) ヘキサエチニルベンゼン誘導体の効率的な合成法の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
936 R040000074 (In Japanese) プロテインメモリーを利用した低温高機能酵素のデザイン May 18, 2007 Apr 7, 2005
937 R030000247 (In Japanese) プログラミングを補佐するコンピュータ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
938 R013000154 (In Japanese) プレキシンAサブファミリーの性質と相互作用 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
939 R070000075 (In Japanese) プリオン病の治療及び予防を目指した基礎研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
940 R070000053 (In Japanese) フォトニック結晶工学の深化と新展開 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
941 R070000039 (In Japanese) フォトクロミック情報処理システムの構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
942 R013000158 (In Japanese) フェロモン記憶のシナプスメカニズム Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
943 R013000423 (In Japanese) フェロセン-キノン類の連結系の基底状態における分子内電子移動反応の金属イオン添加効果 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
944 R013000207 (In Japanese) フェムト秒領域の光反応コントロール Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
945 R030000030 (In Japanese) フェムト秒領域の光反応コントロール Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
946 R000000395 (In Japanese) ファージディスプレイ法を用いた抗シガトキシン抗体の作製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
947 R000000378 (In Japanese) ピロール・イミダゾールトリアミド-CPIコンジュゲートによる制限酵素活性阻害 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
948 R000000377 (In Japanese) ピロール-イミダゾールポリアミド-CPI複合体による選択的DNAアルキル化と抗がん活性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
949 R000000406 (In Japanese) ピバリン酸アミド架橋白金(III)2核錯体と各種アルキンとの反応およびα-アミノケトンの合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
950 R013000400 (In Japanese) ピコナール型 1,2 転位反応を用いたヘテロ環隣接不斉中心の制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
951 R013000361 (In Japanese) ビスフェニルポリシラン誘導体:らせん性と転換可能な鏡像形態 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
952 R000000606 (In Japanese) ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
953 R000000630 (In Japanese) ヒドロキアパタイトと有機官能基の界面相互作用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
954 R013000167 (In Japanese) ヒト脳単一神経細胞のイオンチャンネル発現パターン Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
955 R000000251 (In Japanese) ヒト脳の単一神経細胞の発現遺伝子 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
956 R030000042 (In Japanese) ヒト脳の単一神経細胞の発現遺伝子 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
957 R030000232 (In Japanese) ヒト型ロボットは優雅さ200%の舞踊を踊れるか? Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
958 R013000481 (In Japanese) ヒトー次視覚野における視覚誘発電位とBOLD信号応答との関係 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
959 R013000149 (In Japanese) ヒトレトロウイルス腫瘍の発症と防御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
960 R000000336 (In Japanese) ヒトを含む哺乳類の生殖機能への内分泌かく乱物質の影響 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
961 R000000604 (In Japanese) パラジウム化合物を用いた触媒的多置換フルベンの合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
962 R070000019 (In Japanese) パラジウムと水の共同作業で光学活性分子をつくる -配位子としての水の特性を生かした触媒反応- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
963 R000000750 (In Japanese) ハロゲン化鉛系低次元物質の励起子物性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
964 R000000235 (In Japanese) ハイブリッド型生理活性分子の高効率構築法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
965 R000000467 (In Japanese) ハイブリッド型第一原理分子動力学法による超臨界水中の反応のダイナミクスと溶媒効果 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
966 R000000591 (In Japanese) ハイブリッド型抗生物質ラビドマイシンの全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
967 R013000349 (In Japanese) ハイブリッド型生理活性分子の高効率構築法の開発 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
968 R070000008 (In Japanese) ハイブリッド型分子動力学シミュレーションの開発 Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
969 R000000624 (In Japanese) ハイドロキシアパタイト/コラーゲン自己組織化複合体の合成と骨親和性評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
970 R000000391 (In Japanese) ノルゾアンタミンアルカロイドの合成研究:ABC環部分の非対称合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
971 R030000240 (In Japanese) ネットワーク環境を利用した仮説推論 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
972 R030000349 (In Japanese) ネットワークによる地球環境衛星データベースの構築と高度利用に関する総合的研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
973 R000000224 (In Japanese) ネオシリコン創製に向けた構造制御と機能探索 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
974 R013000303 (In Japanese) ネオシリコンを用いたバリスティック輸送デバイス Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
975 R000000551 (In Japanese) ネオシリコン:未来の電子工学のための新しい機能性素材 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
976 R000000389 (In Japanese) ネオカルジノスタチンクロモフォアの全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
977 R070000282 (In Japanese) ナノ複合体を用いた遺伝子治療による内科的再生医療 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
978 R000000555 (In Japanese) ナノ結晶シリコンにおける新しい電子輸送 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
979 R013000304 (In Japanese) ナノ結晶シリコンドットの表面酸化によるPL強度の増加 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
980 R013000306 (In Japanese) ナノ結晶シリコンの室温単電子デバイス Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
981 R000000167 (In Japanese) ナノ物質空間の創製と物理・化学修飾による物性制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
982 R000000698 (In Japanese) ナノ物質空間の創製と物理・化学修飾による物性制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
983 R030000073 (In Japanese) ナノ物質空間の創製と物理・化学修飾による物性制御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
984 R000000165 (In Japanese) ナノ構造磁性半導体の巨大磁気光学機能の創出 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
985 R000000722 (In Japanese) ナノ構造磁性半導体の巨大磁気光学機能の創出 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
986 R030000071 (In Japanese) ナノ構造磁性半導体の巨大磁気光学機能の創出 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
987 R030000199 (In Japanese) ナノ構造変形における量子化された材料力学の実験 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
988 R070000260 (In Japanese) ナノ強磁性半導体におけるスピン注入磁化反転の研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
989 R013000320 (In Japanese) ナノメータサイズの構造を持った材料のフォトニック機能 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
990 R000000246 (In Japanese) ナノチップテクノロジーの創製とゲノム解析への応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
991 R000000595 (In Japanese) ナトリウムチャネルに作用する微量ポリエーテル化合物の構造解析と活性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
992 R000000598 (In Japanese) ナトリウムチャネル阻害剤μ-コノトキシンGIIIAによるチャネル構造の解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
993 R000000215 (In Japanese) デジタルシティのユニバーサルデザイン Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
994 R000000603 (In Japanese) チタノセン触媒を用いた芳香族塩化物の還元反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
995 R000000478 (In Japanese) ダイヤモンド酸化物:エタンの脱水素反応における新規触媒担体 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
996 R000000479 (In Japanese) ダイヤモンド粉末表面における真空蒸着ポリイミド化反応 (3) p-フェニェレンジアミン(PDA)とピロメリット酸二無水物(PMDA) Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
997 R000000477 (In Japanese) ダイヤモンドの穏和な条件下での酸化反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
998 R013000291 (In Japanese) ダイヤモンドMIS構造の作製に向けたCaF2のPLD成長 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
999 R070000010 (In Japanese) ダイナミックボンド型大規模分子動力学法の開発 Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
1000 R013000252 (In Japanese) ダイオキシンの生体毒性発現におけるアリルハイドロカーボン受容体の役割 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003

(10/13 page)

PAGE TOP