Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 1168 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
201 R070000082 (In Japanese) マラリア原虫の酸化ストレス応答メカニズム解明へのアプローチ Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
202 R070000080 (In Japanese) 免疫系細胞高次機能を司るCDMファミリー分子DOCK2 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
203 R070000077 (In Japanese) ヘリコバクター・ピロリの空胞化致死毒素の宿主ターゲット分子と作用機序解析 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
204 R070000076 (In Japanese) 細菌毒素の宿主内輸送の分子機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
205 R070000075 (In Japanese) プリオン病の治療及び予防を目指した基礎研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
206 R070000074 (In Japanese) ヘルペスウイルスの新しい改変系・可視化系の確立とウイルス病原性発現機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
207 R070000073 (In Japanese) ユビキタスな自己抗原に対する免疫応答による関節炎発症機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
208 R070000072 (In Japanese) 感染症を制御する特異的レセプター群の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
209 R070000071 (In Japanese) 自己免疫性関節炎における骨破壊の分子機構と制御 -破骨細胞分化シグナルを中心として- Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
210 R070000070 (In Japanese) 病原性微生物抗原を利用した新規癌免疫療法の開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
211 R070000069 (In Japanese) 自然免疫系の活性化とその制御の分子機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
212 R070000068 (In Japanese) IL-27/IL-27受容体シグナルによる免疫応答制御機構の解析 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
213 R070000066 (In Japanese) 赤血球期熱帯熱マラリア原虫の細胞増殖に必須な血清中脂質成分の代謝・輸送の分子機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
214 R070000065 (In Japanese) 赤痢菌による抗原提示細胞の細胞死誘導機構と新規ワクチンへの応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
215 R070000064 (In Japanese) 化膿レンサ球菌の侵襲性因子に関する分子遺伝学的解析 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
216 R070000063 (In Japanese) γヘルペスウイルス潜伏感染機構の解析とその制御法確立へのアプローチ Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
217 R070000062 (In Japanese) AIDS関連レンチウイルスの宿主域決定機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
218 R070000061 (In Japanese) 2次元ナノレイヤー積層による新規誘電特性の発現-サイズ効果フリー高誘電体の創製- Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
219 R070000058 (In Japanese) 原子直視法によるナノコンタクトの光機能探索 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
220 R070000057 (In Japanese) 生体・溶液系ナノデバイス研究の為の微小流体チップ開発 meetings Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
221 R070000054 (In Japanese) 光・電波境界領域における高機能・低消費電力量子カスケードレーザーの開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
222 R070000053 (In Japanese) フォトニック結晶工学の深化と新展開 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
223 R070000051 (In Japanese) 量子閉じ込めモット絶緑体における強相関系の光学構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
224 R070000050 (In Japanese) インテリジェント光駆動分子機械の構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
225 R070000049 (In Japanese) 自己組織化ナノ有機分子による機能性集合体の構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
226 R070000048 (In Japanese) 半導体をベースとした磁気光学結晶の開発とデバイス応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
227 R070000040 (In Japanese) 生体高分子組織化の可逆的制御と機能材料への展開 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
228 R070000039 (In Japanese) フォトクロミック情報処理システムの構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
229 R070000038 (In Japanese) 異種ポリフィリノイドの創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
230 R070000037 (In Japanese) 巨視的応答性を有する超分子ポリマーの創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
231 R070000036 (In Japanese) 水の特異性を活かした新反応系の開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
232 R070000034 (In Japanese) 天然物の構造モチーフを基盤とした機能性分子の開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
233 R070000032 (In Japanese) 蛋白核外移行を制御する生物活性物質の合成 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
234 R070000030 (In Japanese) 次世代型天然物合成を目指した基礎的研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
235 R070000027 (In Japanese) 触媒的不活性炭素結合切断反応の設計・開発・展開 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
236 R070000026 (In Japanese) 遷移金属錯体触媒の精密組織化と応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
237 R070000025 (In Japanese) ケイ素単体表面構造をもつ配位不飽和ケイ素分子の創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
238 R070000024 (In Japanese) スピン波動関数変調型有機フェリ磁性体の開拓 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
239 R070000023 (In Japanese) スピン非局在型有機中性ラジカルの創製とその電子構造・物性の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
240 R070000022 (In Japanese) 有機エレクトロニクス、材料設計の考え方 -有機エレメントπ電子系の構築と組織化- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
241 R070000021 (In Japanese) 金属イオンと有機物から作る大きな分子 -機能性ナノ錯体の創製- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
242 R070000020 (In Japanese) 音で集まる分子の発見 -閉殻構造を有する多核有機金属分子の合成と機能創出- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
243 R070000019 (In Japanese) パラジウムと水の共同作業で光学活性分子をつくる -配位子としての水の特性を生かした触媒反応- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
244 R070000017 (In Japanese) 酵素を凌賀する人工キラル触媒 -遷移状態相補的反応場の設計と不斉触媒化- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
245 R070000016 (In Japanese) “ホウ素”で“炭素”を組み立てる -機能性ホウ素化合物のデザイン・創製・新反応- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
246 R070000015 (In Japanese) ポリアミドやポリエステルの分子の長さを自在に制御する -重縮合における分子量と分子量分布の制御- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
247 R070000013 (In Japanese) 多剤耐性菌と闘う -集積型生物活性物質の合成と機能制御に関する研究- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
248 R070000012 (In Japanese) 水素系量子シミュレーション技術の構築 Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
249 R070000011 (In Japanese) DNAナノデバイス創製におけるシミュレーション技術の確立 Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
250 R070000010 (In Japanese) ダイナミックボンド型大規模分子動力学法の開発 Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
251 R070000009 (In Japanese) 量子分子動力学法に基づく化学反応対応型連成現象シミュレータの開発 Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
252 R070000008 (In Japanese) ハイブリッド型分子動力学シミュレーションの開発 Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
253 R070000007 (In Japanese) 超効率的高分子物性機能計算システムの開発 Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
254 R070000006 (In Japanese) 相関電子系の新しい大規模計算アルゴリズム Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
255 R070000005 (In Japanese) 相対論的分子理論プログラムの開発 Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
256 R070000003 (In Japanese) 離散・連続複合系の分散最適化シミュレーション Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
257 R070000002 (In Japanese) 生物型飛行の力学シミュレータの構築 Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
258 R070000001 (In Japanese) 特異値分解法の革新による実用化基盤の構築 Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
259 R040000106 (In Japanese) 超高速I/O指向オペレーティングシステム May 18, 2007 Apr 7, 2005
260 R040000105 (In Japanese) 計算状態パーソナル・スクラップブック May 18, 2007 Apr 7, 2005
261 R040000104 (In Japanese) インターコミュニケーション・プログラミング May 18, 2007 Apr 7, 2005
262 R040000103 (In Japanese) 理論領域と実用領域を結ぶ新しいプログラミング単位 May 18, 2007 Apr 7, 2005
263 R040000102 (In Japanese) 超計算:ソフトウェア自動生産のための新領域探求 May 18, 2007 Apr 7, 2005
264 R040000101 (In Japanese) 効率的で正しいプログラムの自動生成 May 18, 2007 Apr 7, 2005
265 R040000100 (In Japanese) インテリジェント・バイオマイクロラボラトリ May 18, 2007 Apr 7, 2005
266 R040000099 (In Japanese) 非線形動力学的手法による群知能ロボット May 18, 2007 Apr 7, 2005
267 R040000098 (In Japanese) 情報検索における対象知識獲得支援システムの構築 May 18, 2007 Apr 7, 2005
268 R040000097 (In Japanese) 成長するネットワーク型知能と人間中心システム May 18, 2007 Apr 7, 2005
269 R040000096 (In Japanese) 分散配置されたデバイスと相互作用し賢くなる知的空間 May 18, 2007 Apr 7, 2005
270 R040000095 (In Japanese) 人間と共に移動する生活支援ロボット May 18, 2007 Apr 7, 2005
271 R040000094 (In Japanese) 量子ビットを用いた知能デバイス May 18, 2007 Apr 7, 2005
272 R040000093 (In Japanese) 濃度制御に基づくDNAコンピューティング May 18, 2007 Apr 7, 2005
273 R040000092 (In Japanese) 共生関係への移行に伴う遺伝子代謝ネットワークの再編成 May 18, 2007 Apr 7, 2005
274 R040000091 (In Japanese) 自然現象・社会動向の予兆発見と利用 May 18, 2007 Apr 7, 2005
275 R040000090 (In Japanese) オープンネットワークのための基盤システムソフトウェア May 18, 2007 Apr 7, 2005
276 R040000089 (In Japanese) 知的創造作業を支援するインタラクションパタン May 18, 2007 Apr 7, 2005
277 R040000088 (In Japanese) 生体の力学的信号に基づくコミュニケーション May 18, 2007 Apr 7, 2005
278 R040000086 (In Japanese) 乳幼児を対象とした人工物・メディアの発達的認識過程 May 18, 2007 Apr 7, 2005
279 R040000085 (In Japanese) 感覚情報と身体制御に関する発達過程 May 18, 2007 Apr 7, 2005
280 R040000083 (In Japanese) 時間順序の脳内協調表現 May 18, 2007 Apr 7, 2005
281 R040000082 (In Japanese) 生体膜表面に吸着する環境ホルモンの計測システム May 18, 2007 Apr 7, 2005
282 R040000081 (In Japanese) 高分子結晶工学を基盤とする有機材料設計 May 18, 2007 Apr 7, 2005
283 R040000080 (In Japanese) 蛋白質フラスコを用いた高効率酵素型触媒 May 18, 2007 Apr 7, 2005
284 R040000079 (In Japanese) C1資源を活用する不斉触媒反応の開発 May 18, 2007 Apr 7, 2005
285 R040000078 (In Japanese) 光と相互作用するエネルギー変換高分子系の構築 May 18, 2007 Apr 7, 2005
286 R040000077 (In Japanese) 層状ニオブ・チタン酸塩の層間修飾と光活性を利用する機能化 May 18, 2007 Apr 7, 2005
287 R040000076 (In Japanese) ポリウレタン分解酵素の修飾と機能改変 May 18, 2007 Apr 7, 2005
288 R040000075 (In Japanese) 廃熱から電気を作る環境にやさしいセラミックス May 18, 2007 Apr 7, 2005
289 R040000074 (In Japanese) プロテインメモリーを利用した低温高機能酵素のデザイン May 18, 2007 Apr 7, 2005
290 R040000073 (In Japanese) 機能性炭素反応種を用いた合成反応 May 18, 2007 Apr 7, 2005
291 R040000072 (In Japanese) 超分子相互作用を用いた環境調和型物質変換プロセス May 18, 2007 Apr 7, 2005
292 R040000071 (In Japanese) 環状DNAを用いた人工光合成系の構築 May 18, 2007 Apr 7, 2005
293 R040000070 (In Japanese) 光電池を目指したエネルギー変換素子 May 18, 2007 Apr 7, 2005
294 R040000068 (In Japanese) 粘菌を用いた認識と形成の数理解析によるアプローチ May 18, 2007 Apr 7, 2005
295 R040000066 (In Japanese) 1分子計測による細胞性粘菌の走化性応答の解析 May 18, 2007 Apr 7, 2005
296 R040000064 (In Japanese) 細胞系譜マッピングによる哺乳類の胚軸形成機構の解析 May 18, 2007 Apr 7, 2005
297 R040000063 (In Japanese) サイトカイニン合成酵素による植物形態形成の制御 May 18, 2007 Apr 7, 2005
298 R040000062 (In Japanese) モルフォゲンシグナル分子の濃度調節による病的組織の修復 May 18, 2007 Apr 7, 2005
299 R040000061 (In Japanese) 神経細胞の軸索成長の基本メカニズム May 18, 2007 Apr 7, 2005
300 R040000058 (In Japanese) 鳥類中枢神経系の可塑的な形態形成 May 18, 2007 Apr 7, 2005

(3/12 page)

PAGE TOP