Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 1248 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
201 R070000236 (In Japanese) 触感を再現する技術の開発(弾性表面波皮膚感覚ディスプレイの開発) Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
202 R070000027 (In Japanese) 触媒的不活性炭素結合切断反応の設計・開発・展開 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
203 R000000254 (In Japanese) 視覚認識の脳内過程 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
204 R030000045 (In Japanese) 視覚認識の脳内過程 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
205 R030000281 (In Japanese) 視覚世界を能動的に学習し予測する脳の計算様式 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
206 R030000235 (In Japanese) 見て触って楽しいデザイン ~ゲーム性を取り入れた学習支援 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
207 R030000299 (In Japanese) 複雑現象のはじまりとしての表面反応の解明 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
208 R040000054 (In Japanese) 複数のサブユニットから成るテーラーメイド人工酵素の創製 May 18, 2007 Apr 7, 2005
209 R000000202 (In Japanese) 複合極限の生成と新現象の探索(超高圧・超強磁場・極低温) Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
210 R000000231 (In Japanese) 複合体形成に基づく膜タンパク質の機能制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
211 R000000659 (In Japanese) 表面・界面反応制御によるナノ構造形成と評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
212 R000000197 (In Japanese) 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
213 R000000505 (In Japanese) 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス 結晶格子の変化をピコ秒で見る Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
214 R013000190 (In Japanese) 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセスの研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
215 R030000036 (In Japanese) 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
216 R013000176 (In Japanese) 衛星観測による植物生産量推定手法の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
217 R030000158 (In Japanese) 衛星観測による植物生産量推定手法の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
218 R000000331 (In Japanese) 衛星利用のための実時間海洋基礎生産計測システム Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
219 R030000333 (In Japanese) 衛星データを利用した列島応力分布の逆解析手法の開発 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
220 R030000226 (In Japanese) 血液型糖類を通じて知る生命の素過程 ‐調節素子としての糖鎖機能の網羅的解析をめざして‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
221 R070000109 (In Japanese) 血中前駆細胞による血管修復と病変形性 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
222 R070000208 (In Japanese) 蛍光標識アミノ酸の導入によるタンパク質の新規構造機能解析法の開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
223 R000000403 (In Japanese) 蛍光性希土類錯体の水溶液中での熱安定性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
224 R000000637 (In Japanese) 蛍光・原子力間力顕微鏡による巨大二重鎖DNAの階層的コンフォメーション解析:二次元自己排除鎖のスケーリング Sep 30, 2002 May 28, 2002
225 R070000214 (In Japanese) 蛋白質1個における局所的構造変化の可視化 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
226 R030000214 (In Japanese) 蛋白質/蛋白質相互作用による物質輸送機能発現の機構 -アミノ酸トランスポーターの構成サブユニットと機能・調節の多様性- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
227 R030000345 (In Japanese) 蛋白質立体構造データベースの構築と利用システムの開発 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
228 R070000199 (In Japanese) 蛋白質相互作用の定量的解析をめざして Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
229 R040000080 (In Japanese) 蛋白質フラスコを用いた高効率酵素型触媒 May 18, 2007 Apr 7, 2005
230 R030000307 (In Japanese) 蛋白質の表面形状と物性に基づく機能分類 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
231 R030000289 (In Japanese) 蛋白質の折れ畳み過程の実時間測定とその応用 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
232 R070000204 (In Japanese) 蛋白質の「配列-構造-安定性」相関の系統的解析 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
233 R070000032 (In Japanese) 蛋白核外移行を制御する生物活性物質の合成 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
234 R070000210 (In Japanese) 薬剤耐性化問題の克服を目指した多剤排出蛋白質による薬剤認識機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
235 R000000077 (In Japanese) 色受容ユニットの配列パターンと視覚機能 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
236 R030000048 (In Japanese) 自立都市をめざした都市代謝システムの開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
237 R040000091 (In Japanese) 自然現象・社会動向の予兆発見と利用 May 18, 2007 Apr 7, 2005
238 R070000069 (In Japanese) 自然免疫系の活性化とその制御の分子機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
239 R000000294 (In Japanese) 自律行動単位の力学的結合による脳型情報処理機械の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
240 R070000120 (In Japanese) 自律的に再構成する無線センサネットワーク Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
241 R000000440 (In Japanese) 自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
242 R013000458 (In Japanese) 自己集合性三次元錯体の分子フラスコとしての利用~新現象・新反応の創出~ Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
243 R000000159 (In Japanese) 自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
244 R000000687 (In Japanese) 自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
245 R030000021 (In Japanese) 自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
246 R000000747 (In Japanese) 自己組織化量子閉じ込め化合物の合成と形成プロセス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
247 R000000748 (In Japanese) 自己組織化量子井戸物質の励起子物性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
248 R030000116 (In Japanese) 自己組織化量子閉じ込め構造 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
249 R070000049 (In Japanese) 自己組織化ナノ有機分子による機能性集合体の構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
250 R000000238 (In Japanese) 自己生成する高分子ナノ秩序体 高次構造制御と機能発現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
251 R070000071 (In Japanese) 自己免疫性関節炎における骨破壊の分子機構と制御 -破骨細胞分化シグナルを中心として- Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
252 R000000145 (In Japanese) 自己免疫制御の分子基盤 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
253 R030000065 (In Japanese) 自己免疫制御の分子基盤 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
254 R993100873 (In Japanese) 臓器再生をめざすバイオ材料 Sep 30, 2002 Jul 8, 2002
255 R013000383 (In Japanese) 膝関節靱帯再建用,生体腱のリン酸カルシウムコーティングシステムの開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
256 R013000407 (In Japanese) 膜結合性低分子が形成するイオンチャネル様複合体の構造 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
257 R030000309 (In Japanese) 膜タンパク質構造・機能予測のためのプロテオーム情報解析システム アミノ酸配列から膜タンパク質の判別と膜タンパク質データベースの開発 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
258 R000000281 (In Japanese) 脳関門排出輸送に基づく中枢解毒 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
259 R000000282 (In Japanese) 脳虚血により引き起こされる神経細胞死防御法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
260 R013000500 (In Japanese) 脳組織灌流維持装置の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
261 R013000505 (In Japanese) 脳組織温度計測3次元位置決めシステムの開発研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
262 R030000040 (In Japanese) 脳神経系を構成する細胞の多様性の形成機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
263 R013000490 (In Japanese) 脳機能にリンクした局所酸素およびグルコース代謝のリアルタイム計測 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
264 R000000261 (In Japanese) 脳形成遺伝子と脳高次機能 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
265 R030000092 (In Japanese) 脳形成遺伝子と脳高次機能 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
266 R000000109 (In Japanese) 脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
267 R000000290 (In Japanese) 脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
268 R030000146 (In Japanese) 脳型情報処理システムのための視覚情報処理プロセッサの開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
269 R000000253 (In Japanese) 脳内光受容とサーカディアンリズム Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
270 R030000044 (In Japanese) 脳内光受容とサーカディアンリズム Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
271 R990004319 (In Japanese) 脳を知る Gタンパク質共役受容体の高次構造 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
272 R990004310 (In Japanese) 脳を知る 視覚認識の脳内過程 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
273 R990004306 (In Japanese) 脳を知る 脳神経系を構成する細胞の多様性の形成機構 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
274 R990004309 (In Japanese) 脳を知る 脳内光受容とサーカディアンリズム Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
275 R990004321 (In Japanese) 脳を知る 脳の神経回路形成と可塑性の分子機構 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
276 R990004324 (In Japanese) 脳を知る 脳の初期発生制御遺伝子群の体系的収集と機能解析 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
277 R990004323 (In Japanese) 脳を知る 脂質メディエターのdual receptor系と神経機能 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
278 R990004315 (In Japanese) 脳を知る 神経結合の形成、維持、再編成を制御する分子機構の解明 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
279 R990004320 (In Japanese) 脳を知る 神経系の遺伝的プログラムと可塑的メカニズム Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
280 R990004308 (In Japanese) 脳を知る 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
281 R990004325 (In Japanese) 脳を知る 回路網形成における神経活動の関与メカニズム Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
282 R990004307 (In Japanese) 脳を知る ヒト脳の単一神経細胞の発現遺伝子 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
283 R990004318 (In Japanese) 脳を知る シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
284 R990004311 (In Japanese) 脳を知る アルツハイマー病における神経細胞死の解明 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
285 R990004328 (In Japanese) 脳を守る Caチャネル遺伝子の変異と神経疾患 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
286 R990004326 (In Japanese) 脳を守る 遅発性神経細胞死の分子機構 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
287 R990004332 (In Japanese) 脳を守る 脳関門排出輸送に基づく中枢解毒 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
288 R990004333 (In Japanese) 脳を守る 脳虚血により引き起こされる神経細胞死防御法の開発 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
289 R990004329 (In Japanese) 脳を守る 脊髄性筋萎縮症発症メカニズムの解析 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
290 R990004330 (In Japanese) 脳を守る 神経細胞における増殖制御機構の解明 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
291 R990004335 (In Japanese) 脳を守る 活性酸素による脳・神経細胞の障害とその防御機構 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
292 R990004334 (In Japanese) 脳を守る ウイルス性脳障害の発症機構の解明と治療法の開発 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
293 R990004337 (In Japanese) 脳を創る MEGによる人間の高次脳機能の解明 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
294 R990004338 (In Japanese) 脳を創る 運動の学習制御における小脳機能の解明 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
295 R990004339 (In Japanese) 脳を創る 自律行動単位の力学的結合による脳型情報処理機械の開発 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
296 R990004336 (In Japanese) 脳を創る 脳の動的時空間計算モデルの構築とその実装 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
297 R993100883 (In Japanese) 脳の神経幹細胞を可視化して機能を探る May 11, 2007 Jan 31, 2002
298 R013000153 (In Japanese) 脳の神経回路形成における底板と脈絡叢の新たな役割 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
299 R030000137 (In Japanese) 脳の神経回路形成と可塑性の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
300 R013000020 (In Japanese) 脳の形づくりのメカニズムに迫る:ゼブラフィッシュとメダカを用いた新しい試み -脊椎動物の新しい神経形態形成遺伝子の同定- May 11, 2007 Jul 24, 2003

(3/13 page)

PAGE TOP