Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 1168 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
501 R030000051 (In Japanese) 森林衰退に係わる大気汚染物質の計測、動態、制御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
502 R040000052 (In Japanese) 核酸・多糖複合体における分子認識メカニズムの研究と遺伝子マニュピレーターの創製 May 18, 2007 Apr 7, 2005
503 R000000248 (In Japanese) 核内因子の局在と修飾に関する化学遺伝学的研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
504 R000000132 (In Japanese) 核内因子による遺伝情報発現制御機構の解明 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
505 R030000104 (In Japanese) 核内因子による遺伝情報発現制御機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
506 R000000225 (In Japanese) 核スピンネットワーク量子コンピュータ Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
507 R000000558 (In Japanese) 核スピンネットワーク量子コンピュータ Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
508 R013000309 (In Japanese) 核スピンネットワーク量子コンピュータの,初期化,エンタングルメントおよびスケーラビリティ Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
509 R000000099 (In Japanese) 染色体複製の多様性と新たな細胞増殖法の開発をめざして:複製開始の分子スイッチCdc7-ASKキナーゼ複合体を中心に Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
510 R013000163 (In Japanese) 松果体時計遺伝子の転写制御とMAPKの役割 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
511 R030000341 (In Japanese) 東アジア域の地域気象と物質輸送モデリングの総合化 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
512 R000000300 (In Japanese) 東アジアにおける酸性物質及びオゾンの生成と沈着に関する観測と環境影響評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
513 R030000194 (In Japanese) 木星の海を地球に創る Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
514 R030000074 (In Japanese) 有機/金属界面の分子レベル極微細構造制御と増幅型光センサー Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
515 R070000273 (In Japanese) 有機-無機ハイブリッド低融点ガラスを用いたフォトニクス材料の創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
516 R030000265 (In Japanese) 有機分子性固体における環境応答型電子機能の発現 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
517 R000000707 (In Japanese) 有機共蒸着薄膜による高速応答光電流増倍デバイス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
518 R000000709 (In Japanese) 有機共蒸着薄膜の極微細構造制御と太陽電池応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
519 R000000237 (In Japanese) 有機・無機複合光電子移動触媒系の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
520 R070000274 (In Japanese) 有機・無機複合ピラー構造の周期配列制御と機能発現 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
521 R000000749 (In Japanese) 有機・無機自己組織型量子井戸構造の創製とその固相重合 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
522 R070000022 (In Japanese) 有機エレクトロニクス、材料設計の考え方 -有機エレメントπ電子系の構築と組織化- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
523 R030000278 (In Japanese) 最適パターン発見にもとづく高速テキストマイニング Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
524 R000000141 (In Japanese) 普遍的な生体防御機構としてのストレス応答 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
525 R030000015 (In Japanese) 普遍的な生体防御機構としてのストレス応答 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
526 R040000083 (In Japanese) 時間順序の脳内協調表現 May 18, 2007 Apr 7, 2005
527 R000000401 (In Japanese) 時間蛍光分解法を応用した高感度血中サイトカイン測定法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
528 R000000295 (In Japanese) 時間的情報処理の神経基盤のモデル化 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
529 R013000246 (In Japanese) 時間的情報処理の神経基盤のモデル化 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
530 R000000402 (In Japanese) 時間分解蛍光イムノアッセイによる血清中のサイトカインの測定 運動強度とサイトカイン濃度の関係について Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
531 R000000404 (In Japanese) 時間分解蛍光イムノアッセイによる河川水中の17β-エストラジオールの高感度測定 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
532 R000000405 (In Japanese) 時間分解蛍光イムノアッセイによるエストリオールの高感度測定 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
533 R070000134 (In Japanese) 時空間制御光を用いた低次元物質のコヒーレントダイナミクス Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
534 R040000055 (In Japanese) 昆虫の変態時に見られる神経回路網の再編成機構 May 18, 2007 Apr 7, 2005
535 R030000236 (In Japanese) 日本語を簡単な日本語に言い換える -福祉的コミュニケーション支援に向けて- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
536 R013000380 (In Japanese) 新規経皮材料を目指して:アパタイト焼結体粒子固定化シリコーンの生物活性の検討 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
537 R000000387 (In Japanese) 新規海産毒ピナトキシンAの全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
538 R013000429 (In Japanese) 新規円筒状パイ電子系およびその遷移金属錯体の合成と性質 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
539 R000000408 (In Japanese) 新規亜鉛蛍光プローブの開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
540 R000000400 (In Japanese) 新規ユウロピウム錯体を用いた大腸菌O157ベロ毒素遺伝子検出系の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
541 R030000025 (In Japanese) 新規"有機ゼオライト"触媒の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
542 R030000095 (In Japanese) 新世代型低負荷環境保全技術による廃棄物のエネルギー化・再資源化 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
543 R030000128 (In Japanese) 新しい量子自由度・軌道の動的構造の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
544 R013000213 (In Japanese) 新しい表面構造解析法の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
545 R013000395 (In Japanese) 新しい抗寄生虫活性物質 nafuredinの全合成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
546 R070000280 (In Japanese) 新しい多面体ナノ炭素物質の創製と機能発現 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
547 R000000629 (In Japanese) 新しい多孔質ヒドロキアパタイトの生体内骨形成可能性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
548 R013000151 (In Japanese) 新しい免疫系-Vα14 NKT細胞 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
549 R000000381 (In Japanese) 新しいヌクレオシドの設計と合成およびそれらのDNAへの結合 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
550 R070000237 (In Japanese) 新しいナノ計測の開発と生物への応用(新世代ナノ計測の開発と生体分子への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
551 R070000116 (In Japanese) 文字列の方程式を解く Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
552 R000000214 (In Japanese) 文化遺産の高度メディアコンテンツ化のための自動化手法 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
553 R013000328 (In Japanese) 振動的波束のアト秒コヒーレント制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
554 R000000362 (In Japanese) 抗真菌性物質Australifunginの全合成と絶対立体配置の決定 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
555 R000000593 (In Japanese) 抗生物質アクアヤマイシンの全合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
556 R000000388 (In Japanese) 抗シガトキシン抗体調製への有機合成化学的アプローチ:ハプテンの短段階合成および抗体の相互作用解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
557 R000000590 (In Japanese) 抗ウイルス性抗生物質プラジミシン類の全合成研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
558 R013000403 (In Japanese) 抗ウイルス化合物プラジミシン類の全合成研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
559 R040000097 (In Japanese) 成長するネットワーク型知能と人間中心システム May 18, 2007 Apr 7, 2005
560 R000000297 (In Japanese) 感覚運動統合理論に基づく「手と脳」の工学的実現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
561 R040000085 (In Japanese) 感覚情報と身体制御に関する発達過程 May 18, 2007 Apr 7, 2005
562 R000000252 (In Japanese) 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
563 R030000043 (In Japanese) 感覚から運動への情報変換の分散階層処理神経機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
564 R070000072 (In Japanese) 感染症を制御する特異的レセプター群の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
565 R040000098 (In Japanese) 情報検索における対象知識獲得支援システムの構築 May 18, 2007 Apr 7, 2005
566 R030000241 (In Japanese) 情報の三元分解と再合成 -次世代データモデルの開発- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
567 R030000276 (In Japanese) 性能に関して健全なコンパイラの構築に向けて Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
568 R000000218 (In Japanese) 心が通う身体的コミュニケーションシステムE-COSMIC Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
569 R013000408 (In Japanese) 微量ポリエーテル化合物の構造解析と作用及び構造活性相関に関する研究 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
570 R030000069 (In Japanese) 微細構造におけるスピン量子物性の開拓 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
571 R030000054 (In Japanese) 微生物機能強化による水環境修復技術の確立 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
572 R013000405 (In Japanese) 微生物を用いた光学活性 2NMA の合成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
573 R030000097 (In Japanese) 微生物を活用する汚染土壌修復の基盤研究 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
574 R013000187 (In Japanese) 微生物の機能強化による水環境修復技術の確立のための戦略的基礎研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
575 R000000674 (In Japanese) 微小金属構造体の近接場効果 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
576 R000000742 (In Japanese) 強結合による低群速度光伝播とパラメトリック過程 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
577 R030000264 (In Japanese) 強磁性と超伝導の共存と自己誘起磁束格子の探索 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
578 R040000044 (In Japanese) 強磁場を用いた組織の超微細化による耐熱合金の強靭化 May 11, 2007 Apr 7, 2005
579 R000000213 (In Japanese) 強磁場における物質の挙動と新素材の創製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
580 R000000515 (In Japanese) 強磁場における物質の挙動と新素材の創製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
581 R030000131 (In Japanese) 強磁場における物質の挙動と新素材の創製 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
582 R070000139 (In Japanese) 強相関電子系酸化物ナノヘテロ構造による室温動作スピントロニクスデバイスの創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
583 R000000578 (In Japanese) 強相関電子系ペロブスカイト遷移金属酸化物による光エレクトロニクス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
584 R013000343 (In Japanese) 強相関電子系ペロブスカイト遷移金属酸化物による光エレクトロニクス Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
585 R030000193 (In Japanese) 強相関一次元遷移金属錯体の光誘起相転移 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
586 R070000265 (In Japanese) 強相関ナノ電子構造の光誘起協同現象による超高速光スイッチング Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
587 R000000448 (In Japanese) 強塩基活性化イオン反応Positive Coldspray Ionization Mass Spectrometry (CSI-MS)によるゲスト分子包接自己集合錯体の構造解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
588 R000000654 (In Japanese) 引力相互作用するボース凝縮体の崩壊のダイナミックス Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
589 R040000075 (In Japanese) 廃熱から電気を作る環境にやさしいセラミックス May 18, 2007 Apr 7, 2005
590 R013000426 (In Japanese) 平面大環状分子ジエチニルベンゼンマクロサイクルの溶液中における自己会合挙動 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
591 R030000248 (In Japanese) 市場メカニズムに基づく計算資源割り当て方式 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
592 R070000037 (In Japanese) 巨視的応答性を有する超分子ポリマーの創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
593 R000000690 (In Japanese) 巨大ドメイン構造をもつビススチリルアントラセン誘導体薄膜の光学物性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
594 R000000116 (In Japanese) 左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
595 R030000005 (In Japanese) 左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
596 R000000103 (In Japanese) 左右位置情報の確立と伝達の分子機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
597 R000000636 (In Japanese) 層状ペロブスカイト化合物の電子構造に関する理論的研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
598 R040000077 (In Japanese) 層状ニオブ・チタン酸塩の層間修飾と光活性を利用する機能化 May 18, 2007 Apr 7, 2005
599 R000000212 (In Japanese) 局所高電界場における極限物理現象の可視化観測と制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
600 R000000514 (In Japanese) 局所高電界場における極限物理現象の可視化観測と制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002

(6/12 page)

PAGE TOP