Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 70 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
1 R070000007 (In Japanese) 超効率的高分子物性機能計算システムの開発 Apr 11, 2008 Mar 31, 2008
2 R070000038 (In Japanese) 異種ポリフィリノイドの創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
3 R070000039 (In Japanese) フォトクロミック情報処理システムの構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
4 R070000069 (In Japanese) 自然免疫系の活性化とその制御の分子機構 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
5 R070000080 (In Japanese) 免疫系細胞高次機能を司るCDMファミリー分子DOCK2 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
6 R070000116 (In Japanese) 文字列の方程式を解く Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
7 R070000142 (In Japanese) 走査トンネル顕微鏡探針からの電界放出電子を用いた表面微小構造解析法の開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
8 R040000053 (In Japanese) タンパク質表面構造を対象とする認識・変換素子の創製 May 18, 2007 Apr 7, 2005
9 R040000080 (In Japanese) 蛋白質フラスコを用いた高効率酵素型触媒 May 18, 2007 Apr 7, 2005
10 R040000047 (In Japanese) DNA二重らせんを電子機能・構造単位とする単一分子素子 May 11, 2007 Apr 7, 2005
11 R040000050 (In Japanese) 液晶秩序のナノ組織化による高速電気光学効果の発現 May 11, 2007 Apr 7, 2005
12 R030000007 (In Japanese) オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
13 R030000021 (In Japanese) 自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
14 R030000025 (In Japanese) 新規"有機ゼオライト"触媒の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
15 R030000119 (In Japanese) 完全フォトクロミック反応系の構築 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
16 R030000142 (In Japanese) セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
17 R030000153 (In Japanese) 神経細胞における増殖制御機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
18 R030000155 (In Japanese) 黒潮変動予測実験 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
19 R030000226 (In Japanese) 血液型糖類を通じて知る生命の素過程 ‐調節素子としての糖鎖機能の網羅的解析をめざして‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
20 R030000278 (In Japanese) 最適パターン発見にもとづく高速テキストマイニング Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
21 R030000282 (In Japanese) "N-混乱ポルフィリン"を基盤とする回転リレー式輸送分子素子の創成と組織化 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
22 R030000291 (In Japanese) 細胞情報と化学情報を相互変換する分子の創製と機能 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
23 R030000297 (In Japanese) 単結晶育成過程の仮想実験室システムの開発 単結晶育成過程の熱応力解析システム Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
24 R030000341 (In Japanese) 東アジア域の地域気象と物質輸送モデリングの総合化 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
25 R013000016 (In Japanese) mRNAを運ぶしくみ:制御ネットワークと核の動的機能構造 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
26 R013000152 (In Japanese) 免疫システムの構築と免疫制御の分子機構 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
27 R013000178 (In Japanese) 黒潮変動予測実験 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
28 R013000267 (In Japanese) 高リサイクル性を有する森林資源の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
29 R013000412 (In Japanese) キラルなサレンルテニウム錯体を用いる触媒的不斉スルフィミド化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
30 R013000413 (In Japanese) キラルなサレンチタン錯体と過酸化水素を用いるスルフィドの触媒的不斉酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
31 R013000414 (In Japanese) サレンルテニウム錯体を用いる第一級アルコールの化学選択的酸素酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
32 R013000415 (In Japanese) キラルなカチオン性サレンコバルト (III) 錯体を用いる触媒的不斉Baeyer-Villiger反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
33 R013000418 (In Japanese) 耐久性キラルルイス酸触媒の創製-DBFOX/Phの亜鉛錯体 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
34 R000000084 (In Japanese) アサガオ(Ipomoea nil)のモデル植物化に関する研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
35 R000000105 (In Japanese) オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 ペルオキシソームをモデル系とした解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
36 R000000118 (In Japanese) オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
37 R000000152 (In Japanese) 免疫系のフレームワーク決定及び免疫制御の分子機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
38 R000000159 (In Japanese) 自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
39 R000000187 (In Japanese) 完全フォトクロミック反応系の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
40 R000000279 (In Japanese) 神経細胞における増殖制御機構の解明 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
41 R000000284 (In Japanese) 活性酸素による脳・神経細胞の障害とその防御機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
42 R000000319 (In Japanese) セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
43 R000000321 (In Japanese) 黒潮変動予測実験 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
44 R000000338 (In Japanese) 生殖異常を引き起こす環境ホルモンが存在するか:男性ホルモンと女性ホルモンを攪乱し、メス化またはオス化を引き起こす環境ホルモン Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
45 R000000411 (In Japanese) 完全フォトクロミック反応系の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
46 R000000412 (In Japanese) ジチエニルエテンオリゴマーの光閉環反応量子収率 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
47 R000000413 (In Japanese) ジアリールエテン単結晶のフォトクロミズム 量子収率の決定 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
48 R000000414 (In Japanese) ジアリールエテン単結晶表面の光誘起可逆的モルフォロジー変化 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
49 R000000415 (In Japanese) 1,2-ビス(2,5-ジメチル-3-チエニル)ペルフルオロシクロペンテン単結晶フォトクロミズムのX線構造解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
50 R000000416 (In Japanese) 1,2-ビス(2-メチル-5-フェニル-3-チエニル)ペルフルオロシクロペンテン単結晶フォトクロミズムのX線構造解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
51 R000000417 (In Japanese) 単結晶フォトクロミズムの反応機構 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
52 R000000418 (In Japanese) ジアリールエテンを用いた分子内磁気的相互作用の光制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
53 R000000419 (In Japanese) キラルなジアリールエテンによるネマチック液晶の光誘起ピッチ変化 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
54 R000000420 (In Japanese) コレステロール置換基をもつ光学活性ジアリールエテンによる液晶相転移 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
55 R000000421 (In Japanese) レーザー多光子励起によるジアリールエテンの反応制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
56 R000000422 (In Japanese) ジアリールエテン架橋ポルフィリン二量体の光異性化によるエネルギー移動制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
57 R000000436 (In Japanese) 配位不飽和単核アミジナート錯体を“building block”とした新規配位不飽和複核錯体の合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
58 R000000647 (In Japanese) セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
59 R000000687 (In Japanese) 自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
60 R000000688 (In Japanese) 高い溶解性を持つ発光性高分子:ポリ[2-(9,9-ビスヘキシルフルオレニル)-1,4-フェニレンビニレン]の合成と発光特性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
61 R000000689 (In Japanese) 粒子径の異方性を持つ逆オパールの作製とその光学特性の評価 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
62 R000000690 (In Japanese) 巨大ドメイン構造をもつビススチリルアントラセン誘導体薄膜の光学物性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
63 R990004238 (In Japanese) 生体防御のメカニズム 免疫系のフレームワーク決定及び免疫制御の分子機構 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
64 R990004244 (In Japanese) 量子効果等の物理現象 自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
65 R990004267 (In Japanese) 単一分子・原子レベルの反応制御 完全フォトクロミック反応系の構築 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
66 R990004330 (In Japanese) 脳を守る 神経細胞における増殖制御機構の解明 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
67 R990004335 (In Japanese) 脳を守る 活性酸素による脳・神経細胞の障害とその防御機構 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
68 R990004353 (In Japanese) 環境低負荷型の社会システム セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
69 R990004355 (In Japanese) 地球変動のメカニズム 黒潮変動予測実験 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000
70 R990004366 (In Japanese) 内分泌かく乱物質 核内受容体・共役因子複合体と内分泌かく乱物質 Feb 6, 2001 Oct 13, 2000

(1/1 page)

  • 1

PAGE TOP