TOP > 研究報告検索

研究報告検索

表示件数 詳細検索
データ提供機関
研究機関
研究制度
研究分野
IPC
マークによる絞込み
データ選択
表示オプション 表示順

リセット

該当件数 29件

No. 研究報告コード
研究報告名称
掲載日
更新日
1 R070000247 イオン伝導体のナノ配列制御と新規機能の発現 2008/04/11 2008/04/07
2 R070000309 氷内部および界面に存在する気体分子の拡散と組織化 2008/04/11 2008/04/07
3 R030000033 超高純度ベースメタルの科学 2005/03/18 2004/04/20
4 R030000203 遷移金属元素を含むIV族クラスタ固体における状態転移とその応用 2005/02/22 2004/04/20
5 R030000205 基底状態の質的変化としての量子相転移 2005/02/22 2004/04/20
6 R030000209 超低温・超高圧下の固体水素の分光学的研究 2005/02/22 2004/04/20
7 R013000006 電子-格子-光子結合系での非平衡相転移の理論的研究 2003/10/01 2003/07/24
8 R013000281 Cu-1234におけるユニークなキャリア分布と熱伝導率 2003/10/01 2003/07/24
9 R013000430 炭素分子を含む低温固体マトリックスの昇華による炭素微粒子の生成 2003/10/01 2003/07/24
10 R000000172 量子固体と非線形光学:新しい光学過程の開拓 2002/09/30 2002/01/29
11 R000000193 超高圧下における水素結合の量子力学現象の創出と発現 2002/09/30 2002/01/29
12 R000000346 エネルギーの効率的変換を目指した界面イオン移動の解明 2002/09/30 2002/01/29
13 R000000496 低次元金属・超伝導体の超異方性強磁場効果 磁場が鋭さを見せるとき 2002/09/30 2002/01/29
14 R000000499 超高圧下における水素結合の量子力学現象の創出と発現機構の解明 水素結合がつくる奇妙な“水”と“氷” 2002/09/30 2002/01/29
15 R000000505 衝撃波面形成過程と新化学反応プロセス 結晶格子の変化をピコ秒で見る 2002/09/30 2002/01/29
16 R000000523 最高性能超伝導材料の創製-高Tc,Jc,Hirrを持つCu-1234から 2002/09/30 2002/01/29
17 R000000524 高Tcを示すT1Ba2Can-1CunOy超伝導材料(n=3:Tc=133.5K,n=4:Tc=127K)の合成 2002/09/30 2002/01/29
18 R000000525 2つのTcを有するCu-1234超伝導体の比熱測定 2002/09/30 2002/01/29
19 R000000579 らせんのマジックショー(らせんを知る・創る・観る・操る) 2002/09/30 2002/01/29
20 R000000640 DNA高次構造と制限酵素に対する感受性の相関 2002/09/30 2002/01/29
21 R000000641 DNA折り畳み転移において塩濃度依存的に形成される分子鎖内相分離構造 2002/09/30 2002/01/29
22 R000000690 巨大ドメイン構造をもつビススチリルアントラセン誘導体薄膜の光学物性 2002/09/30 2002/01/29
23 R000000740 量子固体と非線形光学:新しい光学過程の開拓 2002/09/30 2002/01/29
24 R000000741 大きなコヒーレンスを用いた非線形光学 2002/09/30 2002/01/29
25 R000000742 強結合による低群速度光伝播とパラメトリック過程 2002/09/30 2002/01/29
26 R000000743 固体水素のコヒーレントラマン分光 2002/09/30 2002/01/29
27 R000000744 高分解能分光を用いた固体水素の物性研究 2002/09/30 2002/01/29
28 R000000745 液体水素ドロプレットの誘導ラマン散乱 2002/09/30 2002/01/29
29 R990004352 環境低負荷型の社会システム 低環境負荷エネルギー用複合機能構造材料の開発 2001/02/06 2000/10/13

(1/1ページ)

  • 1

PAGE TOP