Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 167 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
1 R070000009 (In Japanese) 量子分子動力学法に基づく化学反応対応型連成現象シミュレータの開発 Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
2 R070000017 (In Japanese) 酵素を凌賀する人工キラル触媒 -遷移状態相補的反応場の設計と不斉触媒化- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
3 R070000019 (In Japanese) パラジウムと水の共同作業で光学活性分子をつくる -配位子としての水の特性を生かした触媒反応- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
4 R070000020 (In Japanese) 音で集まる分子の発見 -閉殻構造を有する多核有機金属分子の合成と機能創出- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
5 R070000026 (In Japanese) 遷移金属錯体触媒の精密組織化と応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
6 R070000027 (In Japanese) 触媒的不活性炭素結合切断反応の設計・開発・展開 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
7 R070000035 (In Japanese) d-f遷移金属混合型錯体による新反応場の構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
8 R070000036 (In Japanese) 水の特異性を活かした新反応系の開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
9 R070000049 (In Japanese) 自己組織化ナノ有機分子による機能性集合体の構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
10 R070000094 (In Japanese) バンド構造制御による水素製造用高効率光触媒 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
11 R070000098 (In Japanese) 界面を反応場とした触媒的脱水縮合反応 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
12 R070000099 (In Japanese) 情報変換・機能制御性を持つ分子刺激応答性ゲル meetings Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
13 R070000309 (In Japanese) 氷内部および界面に存在する気体分子の拡散と組織化 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
14 R070000310 (In Japanese) 自己組織化単分子膜を利用したDNAセンサーの構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
15 R040000069 (In Japanese) 水を変換プロセスに利用した廃ガラスの再資源化 May 18, 2007 Apr 7, 2005
16 R040000071 (In Japanese) 環状DNAを用いた人工光合成系の構築 May 18, 2007 Apr 7, 2005
17 R040000072 (In Japanese) 超分子相互作用を用いた環境調和型物質変換プロセス May 18, 2007 Apr 7, 2005
18 R040000073 (In Japanese) 機能性炭素反応種を用いた合成反応 May 18, 2007 Apr 7, 2005
19 R040000077 (In Japanese) 層状ニオブ・チタン酸塩の層間修飾と光活性を利用する機能化 May 18, 2007 Apr 7, 2005
20 R040000078 (In Japanese) 光と相互作用するエネルギー変換高分子系の構築 May 18, 2007 Apr 7, 2005
21 R040000079 (In Japanese) C1資源を活用する不斉触媒反応の開発 May 18, 2007 Apr 7, 2005
22 R040000080 (In Japanese) 蛋白質フラスコを用いた高効率酵素型触媒 May 18, 2007 Apr 7, 2005
23 R040000082 (In Japanese) 生体膜表面に吸着する環境ホルモンの計測システム May 18, 2007 Apr 7, 2005
24 R040000044 (In Japanese) 強磁場を用いた組織の超微細化による耐熱合金の強靭化 May 11, 2007 Apr 7, 2005
25 R030000018 (In Japanese) STM発光分光法と近接場光学分光法による表面極微細構造の電子物性の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
26 R030000022 (In Japanese) 配列したミクロ空間での新物質系の創製と物性 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
27 R030000025 (In Japanese) 新規"有機ゼオライト"触媒の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
28 R030000027 (In Japanese) X線解析による分子の励起構造の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
29 R030000030 (In Japanese) フェムト秒領域の光反応コントロール Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
30 R030000031 (In Japanese) 次世代精密分子制御法の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
31 R030000033 (In Japanese) 超高純度ベースメタルの科学 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
32 R030000076 (In Japanese) 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
33 R030000077 (In Japanese) 多種類化合物群の効率的合成を指向した分子レベルでの反応開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
34 R030000079 (In Japanese) ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
35 R030000121 (In Japanese) 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
36 R030000129 (In Japanese) 超過冷却状態の実現と新機能材料創製 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
37 R030000141 (In Japanese) 途上国に適合する連鎖反応を利用した乾式脱硫プロセスの開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
38 R030000150 (In Japanese) 精神分裂病(統合失調症)における神経伝達の異常 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
39 R030000160 (In Japanese) 過冷金属の本性と安定化機構の解明 研究の概要と今後の展望 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
40 R030000192 (In Japanese) 同位体制御による半導体物性のデザイン Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
41 R030000202 (In Japanese) 交換相互作用検出によるナノメートル電子移動反応の状態と変革 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
42 R030000239 (In Japanese) 化学者の記憶と思考の仕組みを模倣した「化学反応の地図」 ~定量的反応予測を目指して Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
43 R030000254 (In Japanese) 人工触媒で水が付加する反応の位置や立体を制御する Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
44 R030000262 (In Japanese) 時間分解光電子画像観測法による化学反応の研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
45 R030000286 (In Japanese) 個々の原子・分子追跡と2次元組織化膜成長ダイナミクス Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
46 R030000287 (In Japanese) 電極表面上での分子集合組織変化 ‐動的機構の解明と機能発現‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
47 R030000299 (In Japanese) 複雑現象のはじまりとしての表面反応の解明 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
48 R030000305 (In Japanese) 多層膜構造を利用した高性能熱電材料の最適化設計 熱電多層膜の輸送現象とエネルギー変換効率 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
49 R030000328 (In Japanese) ダイオキシン制御のための計算化学的手法に関する研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
50 R030000353 (In Japanese) グローバルコンピューティング環境による汎用MCSCFソルバーの開発 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
51 R030000354 (In Japanese) 総合的な材料プロセス解析システムの開発と半導体製造への適用 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
52 R030000355 (In Japanese) 高分子会合(秩序)・解離(無秩序)の分子論的研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
53 R030000356 (In Japanese) 凝縮反応系の非平衡非定常ダイナミクスの研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
54 R030000357 (In Japanese) フォトクロミック動作系の理論計算による徹底解剖 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
55 R013000006 (In Japanese) 電子-格子-光子結合系での非平衡相転移の理論的研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
56 R013000008 (In Japanese) 時間分解ホールバーニング分光法による蛋白質構造の揺らぎと蛋白質内部の水分子の効果を観測 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
57 R013000122 (In Japanese) 絶対不斉合成 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
58 R013000123 (In Japanese) 不斉光増感反応 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
59 R013000124 (In Japanese) 超分子不斉光化学 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
60 R013000125 (In Japanese) シクロオクテン及びシクロオクテノン誘導体の合成と光化学,光物理的性質 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
61 R013000127 (In Japanese) 円偏光シンクロトロン放射光によるアミノ酸の絶対不斉合成 -光反応挙動のpH依存性- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
62 R013000129 (In Japanese) キラルなシクロオクテン誘導体の自己増感ジアステレオ区別Z-E光異性化 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
63 R013000133 (In Japanese) ポルフィリン-トリス(ピピリジン)ルテニウム錯体連結化合物とポルフィリンのヘテロダイマー -不斉光触媒をめざして- Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
64 R013000135 (In Japanese) ヌクレオシド・オリゴヌクレオチド・二重らせんDNAをキラル増感剤/反応場とするシクロオクテンの光増感不斉異性化反応 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
65 R013000206 (In Japanese) 極微細構造の化学設計と表面反応制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
66 R013000212 (In Japanese) 高次構造有機分子の立体選択的構築 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
67 R013000213 (In Japanese) 新しい表面構造解析法の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
68 R013000236 (In Japanese) STM発光分光法と近接場光学分光法による表面極微細構造の電子物性の解明 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
69 R013000290 (In Japanese) 多結晶ダイヤモンド表面におけるD(重水素)原子の吸着と熱脱離現象 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
70 R013000390 (In Japanese) 化学的振動反応を利用した化学→機械エネルギー変換 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
71 R013000410 (In Japanese) ロドプシンの光活性化機構 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
72 R013000413 (In Japanese) キラルなサレンチタン錯体と過酸化水素を用いるスルフィドの触媒的不斉酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
73 R013000427 (In Japanese) ヘキサエチニルベンゼン誘導体の効率的な合成法の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
74 R013000441 (In Japanese) シクロメタル化したNCN型三座配位子を有するルテニウム (II) 錯体の合成と性質 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
75 R013000444 (In Japanese) メソポーラスMg-Ta複合酸化物の合成と光触媒活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
76 R013000445 (In Japanese) 水溶液からの水素または酸素生成に活性な可視光応答性光触媒の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
77 R013000446 (In Japanese) 無機層状化合物の単層剥離-再構築による水の全分解光触媒の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
78 R013000447 (In Japanese) 水の分解反応に対するd10電子状態のSnおよびSb金属酸化物光触媒の活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
79 R013000448 (In Japanese) 有機リン化合物の選択合成 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
80 R013000453 (In Japanese) 固定化金属触媒による酸化反応の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
81 R013000454 (In Japanese) 多点制御型不斉触媒の創製と四級炭素構築への展開 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
82 R013000455 (In Japanese) 次世代のファイン触媒の開発を目指して Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
83 R000000080 (In Japanese) Moleculicsを実現する空間の形状制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
84 R000000161 (In Japanese) 3次元集積量子構造の形成と知能情報処理への応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
85 R000000175 (In Japanese) 極微細構造の化学設計と表面反応制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
86 R000000178 (In Japanese) 高次構造を有する有機分子の極微細触媒構造を軸機とする立体選択的構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
87 R000000183 (In Japanese) 多種類化学物群の効率的合成を指向した分子レベルでの反応開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
88 R000000185 (In Japanese) ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
89 R000000188 (In Japanese) 超臨界流体溶媒を用いた反応の制御と新反応の開拓 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
90 R000000189 (In Japanese) 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
91 R000000205 (In Japanese) 合金クラスター集合体の極限構造・磁性制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
92 R000000237 (In Japanese) 有機・無機複合光電子移動触媒系の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
93 R000000351 (In Japanese) 機能環境流体を利用した資源循環・低エミッション型物質製造プロセスの創製 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
94 R000000355 (In Japanese) 高温運転メタノール直接型燃料電池の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
95 R000000356 (In Japanese) 多種類化合物群の効率的合成を指向した分子レベルでの反応開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
96 R000000357 (In Japanese) 界面活性剤を用いる水中での触媒的合成反応の開発と反応機構解明へのアプローチ Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
97 R000000358 (In Japanese) キラルジルコニウム触媒を用いる触媒的不斉合成反応の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
98 R000000359 (In Japanese) Lewis酸触媒を用いるセミ環状,N,O-アセタールの開環反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
99 R000000411 (In Japanese) 完全フォトクロミック反応系の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
100 R000000412 (In Japanese) ジチエニルエテンオリゴマーの光閉環反応量子収率 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002

(1/2 page)

PAGE TOP