Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 119 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
1 R070000020 (In Japanese) 音で集まる分子の発見 -閉殻構造を有する多核有機金属分子の合成と機能創出- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
2 R070000021 (In Japanese) 金属イオンと有機物から作る大きな分子 -機能性ナノ錯体の創製- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
3 R070000026 (In Japanese) 遷移金属錯体触媒の精密組織化と応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
4 R070000035 (In Japanese) d-f遷移金属混合型錯体による新反応場の構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
5 R070000049 (In Japanese) 自己組織化ナノ有機分子による機能性集合体の構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
6 R070000091 (In Japanese) pH制御による水中物質変換反応 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
7 R070000252 (In Japanese) 層状酸化物の機能を拓く固体化学的アプローチ(層状酸化物の選択的組成制御と新機能の開拓) Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
8 R070000275 (In Japanese) 半導体超格子構造の創出と光機能発現 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
9 R070000277 (In Japanese) 酸化還元活性金属錯体液晶における動的構造と物性制御 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
10 R070000280 (In Japanese) 新しい多面体ナノ炭素物質の創製と機能発現 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
11 R070000307 (In Japanese) 両親媒性ディスク状化合物の自己組織化とナノデバイスへの応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
12 R040000070 (In Japanese) 光電池を目指したエネルギー変換素子 May 18, 2007 Apr 7, 2005
13 R040000072 (In Japanese) 超分子相互作用を用いた環境調和型物質変換プロセス May 18, 2007 Apr 7, 2005
14 R040000077 (In Japanese) 層状ニオブ・チタン酸塩の層間修飾と光活性を利用する機能化 May 18, 2007 Apr 7, 2005
15 R040000080 (In Japanese) 蛋白質フラスコを用いた高効率酵素型触媒 May 18, 2007 Apr 7, 2005
16 R013000056 (In Japanese) 新しいポリヌクレオチド-多糖3重らせんの形成とその遺伝子伝達物への応用 May 11, 2007 Jul 24, 2003
17 R030000032 (In Japanese) 超高圧下における水素結合の量子力学現象の創出と発現 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
18 R030000079 (In Japanese) ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
19 R030000121 (In Japanese) 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
20 R030000123 (In Japanese) 遷移金属を活用した自己組織性精密分子システム Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
21 R030000124 (In Japanese) 生体分子解析用金属錯体プローブの開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
22 R030000193 (In Japanese) 強相関一次元遷移金属錯体の光誘起相転移 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
23 R030000195 (In Japanese) ジイミン白金錯体における構造制御と発光状態の変革 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
24 R030000254 (In Japanese) 人工触媒で水が付加する反応の位置や立体を制御する Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
25 R013000053 (In Japanese) 炭素ナノチューブの化学修飾による形態制御 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
26 R013000054 (In Japanese) クラウン型分子結合コレステロールゲル化剤とその超構造のシリカゲルへの転写 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
27 R013000131 (In Japanese) 天然および修飾シクロデキストリンによる包接の熱力学と不斉識別. 微少熱量測定による研究 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
28 R013000132 (In Japanese) シクロデキストリン系における包接錯体の構造と不斉識別および不斉誘導 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
29 R013000353 (In Japanese) イミダゾリルポルフィリン亜鉛錯体による光合成モデルの構築 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
30 R013000354 (In Japanese) ポルフィリン超分子組織化体の光電変換機能評価 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
31 R013000355 (In Japanese) 超分子組織化ポルフィリン連鎖体の非線形光学特性と分子エレクトロニクス Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
32 R013000356 (In Japanese) レゾルシル [4] アレーン誘導体イオンチャネルの電流特性とイオン透過能制御 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
33 R013000412 (In Japanese) キラルなサレンルテニウム錯体を用いる触媒的不斉スルフィミド化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
34 R013000413 (In Japanese) キラルなサレンチタン錯体と過酸化水素を用いるスルフィドの触媒的不斉酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
35 R013000414 (In Japanese) サレンルテニウム錯体を用いる第一級アルコールの化学選択的酸素酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
36 R013000415 (In Japanese) キラルなカチオン性サレンコバルト (III) 錯体を用いる触媒的不斉Baeyer-Villiger反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
37 R013000418 (In Japanese) 耐久性キラルルイス酸触媒の創製-DBFOX/Phの亜鉛錯体 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
38 R013000421 (In Japanese) NADHモデル反応の金属イオン触媒制御 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
39 R013000422 (In Japanese) スカンジウムイオンを触媒とするフラーレンの電子移動酸化反応 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
40 R013000423 (In Japanese) フェロセン-キノン類の連結系の基底状態における分子内電子移動反応の金属イオン添加効果 Oct 1, 2003 Aug 11, 2003
41 R013000426 (In Japanese) 平面大環状分子ジエチニルベンゼンマクロサイクルの溶液中における自己会合挙動 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
42 R013000428 (In Japanese) 内部に三次元空孔を有するポリエンイン型大環状化合物の構築 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
43 R013000429 (In Japanese) 新規円筒状パイ電子系およびその遷移金属錯体の合成と性質 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
44 R013000430 (In Japanese) 炭素分子を含む低温固体マトリックスの昇華による炭素微粒子の生成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
45 R013000431 (In Japanese) ジルコナシクロペンタジエンからのニッケル触媒によるベンゼン誘導体の合成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
46 R013000432 (In Japanese) ジルコナシクロペンタジエンからのジヒドロピリダジンの調製 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
47 R013000433 (In Japanese) ジルコンサイクルにおけるアルキンのアルキニル化 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
48 R013000434 (In Japanese) アザジルコナサイクルの酸塩化物との反応 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
49 R013000435 (In Japanese) ジルコノセン複核エチレン錯体の合成 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
50 R013000436 (In Japanese) ジルコナシクロペンタジエンの二重結合での反応:ベンゼン誘導体の新規な合成反応 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
51 R013000437 (In Japanese) o-キノンを配位子として持つルテニウムアクア錯体のプロトン解離に伴う電子状態の変化 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
52 R013000438 (In Japanese) キノン配位子を有する二核ルテニウム-オキソ錯体による酸化反応 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
53 R013000440 (In Japanese) CO2多電子還元反応におけるモデル中間錯体の結晶構造と反応性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
54 R013000441 (In Japanese) シクロメタル化したNCN型三座配位子を有するルテニウム (II) 錯体の合成と性質 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
55 R013000444 (In Japanese) メソポーラスMg-Ta複合酸化物の合成と光触媒活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
56 R013000446 (In Japanese) 無機層状化合物の単層剥離-再構築による水の全分解光触媒の開発 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
57 R013000447 (In Japanese) 水の分解反応に対するd10電子状態のSnおよびSb金属酸化物光触媒の活性 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
58 R013000449 (In Japanese) Ruクラスターを用いる炭化水素の活性化 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
59 R013000454 (In Japanese) 多点制御型不斉触媒の創製と四級炭素構築への展開 Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
60 R013000458 (In Japanese) 自己集合性三次元錯体の分子フラスコとしての利用~新現象・新反応の創出~ Oct 1, 2003 Jul 24, 2003
61 R000000157 (In Japanese) 超構造分子の創製と有機量子デバイスへの応用 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
62 R000000177 (In Japanese) オキシジェニクス(高分子錯体) Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
63 R000000188 (In Japanese) 超臨界流体溶媒を用いた反応の制御と新反応の開拓 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
64 R000000189 (In Japanese) 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
65 R000000191 (In Japanese) 遷移金属を活用した自己組織性精密分子システム Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
66 R000000192 (In Japanese) 生体分子解析用金属錯体プローブの開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
67 R000000193 (In Japanese) 超高圧下における水素結合の量子力学現象の創出と発現 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
68 R000000229 (In Japanese) 生体のエネルギー変換・信号伝達機能の全構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
69 R000000398 (In Japanese) 生体分子解析用金属錯体プローブの開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
70 R000000400 (In Japanese) 新規ユウロピウム錯体を用いた大腸菌O157ベロ毒素遺伝子検出系の構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
71 R000000401 (In Japanese) 時間蛍光分解法を応用した高感度血中サイトカイン測定法の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
72 R000000402 (In Japanese) 時間分解蛍光イムノアッセイによる血清中のサイトカインの測定 運動強度とサイトカイン濃度の関係について Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
73 R000000403 (In Japanese) 蛍光性希土類錯体の水溶液中での熱安定性 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
74 R000000404 (In Japanese) 時間分解蛍光イムノアッセイによる河川水中の17β-エストラジオールの高感度測定 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
75 R000000405 (In Japanese) 時間分解蛍光イムノアッセイによるエストリオールの高感度測定 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
76 R000000406 (In Japanese) ピバリン酸アミド架橋白金(III)2核錯体と各種アルキンとの反応およびα-アミノケトンの合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
77 R000000407 (In Japanese) ジカルコゲニド架橋Ru(III)2核錯体と1置換アルケンやメチレンシクロアルカンの反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
78 R000000408 (In Japanese) 新規亜鉛蛍光プローブの開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
79 R000000424 (In Japanese) 金属クラスター反応場の構築とクラスター触媒反応の開発 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
80 R000000425 (In Japanese) 三核ルテニウム反応場上での炭化水素配位子の骨格変換反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
81 R000000426 (In Japanese) 三重架橋ヘテロ原子(団)導入による三核錯体反応場の電子密度制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
82 R000000427 (In Japanese) 三重架橋金属グループ導入によるクラスター反応場の電子密度制御 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
83 R000000428 (In Japanese) 11族、14族金属を含む四核及び五核ルテニウムポリヒドリド錯体の合成と反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
84 R000000429 (In Japanese) 異種金属よりなる二核および三核ポリヒドリドクラスターの合成と反応 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
85 R000000430 (In Japanese) η5-C5H5基を有するルテニウムヒドリドクラスターの合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
86 R000000431 (In Japanese) N3型配位子を有するルテニウムヒドリド錯体の合成と多核化 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
87 R000000434 (In Japanese) Pd(I)二核錯体を用いたアルキンオリゴメリ化:アルキンのPd-Pd結合への連続挿入 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
88 R000000436 (In Japanese) 配位不飽和単核アミジナート錯体を“building block”とした新規配位不飽和複核錯体の合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
89 R000000437 (In Japanese) 遷移金属を活用した自己組織性精密分子システム Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
90 R000000438 (In Japanese) かご型レセプター錯体の動的分子集合を活用した分子不斉メモリーの構築 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
91 R000000439 (In Japanese) 機能性分子カプセルの定量的自己集合 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
92 R000000440 (In Japanese) 自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
93 R000000441 (In Japanese) 配位結合を利用した自発的組織化による分子情報の転写・増幅 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
94 R000000443 (In Japanese) 種々のディメンジョンの格子空間を有する配位重合体 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
95 R000000446 (In Japanese) ポルフィリンプリズムの定量的自己集合 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
96 R000000448 (In Japanese) 強塩基活性化イオン反応Positive Coldspray Ionization Mass Spectrometry (CSI-MS)によるゲスト分子包接自己集合錯体の構造解析 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
97 R000000449 (In Japanese) 「ヘテロ原子間結合活性化による新物質・新反応の開拓」に関する研究 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
98 R000000453 (In Japanese) trans-Pt(TePh)(SiMe3)(PEt3)2の選択的Si-Pt結合へのアルキン類の挿入によるcis配位を有する新しいアルケニル白金(II)錯体の生成 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
99 R000000454 (In Japanese) パラジウム触媒を用いるアルケン、1,3-ジエン及びアレン類のヒドロホスホリル化 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002
100 R000000456 (In Japanese) アルキンのスタニルカルバモイレーション:遷移金属触媒による位置選択性の逆転 Sep 30, 2002 Jan 29, 2002

(1/2 page)

PAGE TOP