Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 339 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
1 R070000011 (In Japanese) DNAナノデバイス創製におけるシミュレーション技術の確立 Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
2 R070000017 (In Japanese) 酵素を凌賀する人工キラル触媒 -遷移状態相補的反応場の設計と不斉触媒化- Apr 11, 2008 Apr 2, 2008
3 R070000040 (In Japanese) 生体高分子組織化の可逆的制御と機能材料への展開 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
4 R070000071 (In Japanese) 自己免疫性関節炎における骨破壊の分子機構と制御 -破骨細胞分化シグナルを中心として- Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
5 R070000080 (In Japanese) 免疫系細胞高次機能を司るCDMファミリー分子DOCK2 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
6 R070000090 (In Japanese) 非水系のナノ集合体と生体分子の融合による新機能創製 -非水系でのナノ集合体と生体分子の融合による機能変換と制御- Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
7 R070000100 (In Japanese) ガングリオシド会合蛋白質と脂質ラフトシグナリング Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
8 R070000173 (In Japanese) 転写伸長反応の制御を介した細胞機能発現機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
9 R070000178 (In Japanese) 2光子励起法で解析する開口放出関連蛋白質の作用機序と糖尿病の病態解明への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
10 R070000180 (In Japanese) 糖鎖構造マスターコントロール遺伝子群による細胞機能の制御と創薬研究への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
11 R070000190 (In Japanese) 核マトリクス結合蛋白質によるRNP再構築と分配機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
12 R070000192 (In Japanese) ユビキチンと分子シャペロンの連携による細胞機能制御機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
13 R070000197 (In Japanese) 立体構造に基づく酵素触媒反応の解析・表現法 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
14 R070000199 (In Japanese) 蛋白質相互作用の定量的解析をめざして Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
15 R070000200 (In Japanese) 癌・パーキンソン病の解明を目指したユビキチンリガーゼ複合体の結晶構造に関する基礎的研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
16 R070000201 (In Japanese) oxidative protein folding に関わる細胞因子の構造機能解明とその工学的利用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
17 R070000203 (In Japanese) タンパク質機能の構造揺らぎの検出と制御 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
18 R070000204 (In Japanese) 蛋白質の「配列-構造-安定性」相関の系統的解析 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
19 R070000205 (In Japanese) 分子進化工学的手法による新規トポロジーを有する蛋白質の探索 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
20 R070000207 (In Japanese) シャペロニンの役割の解明による効率的なタンパク質折りたたみ法の確立 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
21 R070000208 (In Japanese) 蛍光標識アミノ酸の導入によるタンパク質の新規構造機能解析法の開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
22 R070000209 (In Japanese) 生体光エネルギー変換の分子機構-光化学系Ⅱ複合体の構造と機能の解明と応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
23 R070000211 (In Japanese) 構造ゲノム科学およびプロテオミクスに基づく新規の遺伝暗号翻訳装置の同定と機能発現メカニズムの解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
24 R070000214 (In Japanese) 蛋白質1個における局所的構造変化の可視化 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
25 R070000215 (In Japanese) ミクロな化学反応過程がもたらすマクロなタンパク質機能発現の分子物理 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
26 R070000272 (In Japanese) 光合成系の人為操作及び光反応制御 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
27 R070000281 (In Japanese) 錯体型人工DNAを用いた金属イオン配列制御と機能発現 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
28 R070000302 (In Japanese) スフィンゴ脂質の自己組織化と細胞機能 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
29 R070000303 (In Japanese) 筋肉タンパク自己組織化ゲルによるソフトナノマシンの創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
30 R070000304 (In Japanese) 脂質-膜タンパク質ドメインの制御によるナノプラントの構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
31 R070000305 (In Japanese) 分子ピラミッドによる機能性ナノ組織体の創出 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
32 R070000306 (In Japanese) バイオインターフェイスにおいて組織化された水分子の機能 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
33 R040000051 (In Japanese) 生体膜で働くプロトン駆動のナノマシン May 18, 2007 Apr 7, 2005
34 R040000052 (In Japanese) 核酸・多糖複合体における分子認識メカニズムの研究と遺伝子マニュピレーターの創製 May 18, 2007 Apr 7, 2005
35 R040000053 (In Japanese) タンパク質表面構造を対象とする認識・変換素子の創製 May 18, 2007 Apr 7, 2005
36 R040000054 (In Japanese) 複数のサブユニットから成るテーラーメイド人工酵素の創製 May 18, 2007 Apr 7, 2005
37 R040000063 (In Japanese) サイトカイニン合成酵素による植物形態形成の制御 May 18, 2007 Apr 7, 2005
38 R040000071 (In Japanese) 環状DNAを用いた人工光合成系の構築 May 18, 2007 Apr 7, 2005
39 R040000074 (In Japanese) プロテインメモリーを利用した低温高機能酵素のデザイン May 18, 2007 Apr 7, 2005
40 R040000076 (In Japanese) ポリウレタン分解酵素の修飾と機能改変 May 18, 2007 Apr 7, 2005
41 R040000080 (In Japanese) 蛋白質フラスコを用いた高効率酵素型触媒 May 18, 2007 Apr 7, 2005
42 R040000082 (In Japanese) 生体膜表面に吸着する環境ホルモンの計測システム May 18, 2007 Apr 7, 2005
43 R000000078 (In Japanese) 軟体動物の特異な遺伝現象に関する基礎的研究 巻き貝のミトコンドリアDNAゲノム構造の多様性 May 11, 2007 Jan 29, 2002
44 R993100880 (In Japanese) 筋ジストロフィーを起こす分子メカニズム May 11, 2007 Jan 31, 2002
45 R993100881 (In Japanese) 新しい転写調節因子ファミリーと細胞分化 May 11, 2007 Jan 31, 2002
46 R013000023 (In Japanese) Tリンパ球の分化と選択を決定づける細胞内信号 -Tリンパ球の分化制御を目で見よう- May 11, 2007 Jul 24, 2003
47 R013000056 (In Japanese) 新しいポリヌクレオチド-多糖3重らせんの形成とその遺伝子伝達物への応用 May 11, 2007 Jul 24, 2003
48 R030000001 (In Japanese) 細胞増殖における染色体複製の型の多様性と複製装置の活性化の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
49 R030000009 (In Japanese) 遺伝子改変に基づく生体防御システムの解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
50 R030000010 (In Japanese) カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
51 R030000015 (In Japanese) 普遍的な生体防御機構としてのストレス応答 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
52 R030000058 (In Japanese) 安定同位体利用NMR法の高度化と構造生物学への応用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
53 R030000059 (In Japanese) 一方向性反応のプログラミング基盤 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
54 R030000060 (In Japanese) 超好熱性古細菌転写因子ネットワークの構造生物学的解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
55 R030000062 (In Japanese) 細胞周期における染色体制御に必須な高次複合体の研究 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
56 R030000063 (In Japanese) サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
57 R030000064 (In Japanese) 超分子システムによる免疫識別の分子機構解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
58 R030000068 (In Japanese) 炎症反応分子機構のIL-8、細胞接着因子を中心とした解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
59 R030000077 (In Japanese) 多種類化合物群の効率的合成を指向した分子レベルでの反応開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
60 R030000080 (In Japanese) 大分子糖蛋白質の極微細構造制御 :20kDa分子の精密合成をめざして Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
61 R030000087 (In Japanese) アルツハイマー病における神経細胞死の研究 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
62 R030000090 (In Japanese) 神経ネットワーク形成の遺伝子プログラム Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
63 R030000093 (In Japanese) サンゴ礁におけるCO2固定バイオリアクター構築技術の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
64 R030000100 (In Japanese) タンパク質の膜を越えたダイナミズムを支える細胞機能の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
65 R030000101 (In Japanese) 構造生物学に基づくシグナル伝達系の解明とその制御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
66 R030000103 (In Japanese) 遺伝情報制御分子としてのステロイドレセプター Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
67 R030000105 (In Japanese) 酸性オルガネラの形成とその機能の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
68 R030000106 (In Japanese) 水素イオン能動輸送機構の構造生物学的解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
69 R030000110 (In Japanese) 糖鎖シグナルを介する生体防御システムの解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
70 R030000112 (In Japanese) 異物排除システムの分子基盤 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
71 R030000122 (In Japanese) 超天然物の反応制御と分子設計 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
72 R030000124 (In Japanese) 生体分子解析用金属錯体プローブの開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
73 R030000126 (In Japanese) 磁気力を利用した仮想的可変重力場におけるタンパク質の結晶成長 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
74 R030000127 (In Japanese) 深度地下極限環境微生物の探索と利用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
75 R030000133 (In Japanese) 脳膜神経相関の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
76 R030000135 (In Japanese) Gタンパク質共役受容体の高次構造 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
77 R030000153 (In Japanese) 神経細胞における増殖制御機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
78 R000000068 (In Japanese) 幹細胞の分均等分裂に関与する遺伝子の単離を目的とした精巣中の遺伝子発現データベースの作成 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
79 R000000069 (In Japanese) Magoh—ショウジョウバエ胚極性形成に必要なmago nashiのマウス相同遺伝子—の初期胚発生過程での発現 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
80 R000000074 (In Japanese) アミノ酸の使われ方の非対称性に注目したゲノム情報工学 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
81 R000000075 (In Japanese) エイズウイルス逆転写酵素の鎖特異的なDNA認識 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
82 R000000076 (In Japanese) 古細菌,線虫の核酸結合性蛋白質と非対称性 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
83 R013000136 (In Japanese) 中心体周辺物質の構成蛋白の同定と中心子複製への関与 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
84 R013000137 (In Japanese) 微小管プラス端における癌抑制遺伝子APC蛋白とAPC結合蛋白EB1の動態 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
85 R013000140 (In Japanese) 新規ATP依存性蛋白展開因子unfoldinの性質 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
86 R013000144 (In Japanese) 細胞間接合,極性,腫瘍抑制に働く因子Scribble Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
87 R030000169 (In Japanese) 応用展開に向けた「ジーンセレクター」研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
88 R030000171 (In Japanese) 低分子アンサ型化合物の化学的情報伝達機能 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
89 R030000175 (In Japanese) タンパク質多層集積構造を利用してバイオテクノロジーを飛躍させる研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
90 R030000177 (In Japanese) 低分子化合物による蛋白質の形とはたらきの制御 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
91 R030000179 (In Japanese) 横紋筋収縮調節タンパク質複合体の構造解析 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
92 R030000180 (In Japanese) クロロフィル分子集合体の超分子構造形成と機能発現 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
93 R030000187 (In Japanese) 生体高分子の自己組織化と分子進化 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
94 R030000188 (In Japanese) 動的らせん分子の創製と応用 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
95 R030000204 (In Japanese) レーザーで創るタンパク質のマクロな形態・ミクロな構造 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
96 R030000211 (In Japanese) DNA複製開始からDNA鎖伸長過程への移行機構 -複製開始にみる素過程と連携- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
97 R030000212 (In Japanese) 相同組換えにおけるホリデー中間体プロセッシングの機構 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
98 R030000214 (In Japanese) 蛋白質/蛋白質相互作用による物質輸送機能発現の機構 -アミノ酸トランスポーターの構成サブユニットと機能・調節の多様性- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
99 R030000215 (In Japanese) 植物における異性の認識と有性生殖成立の機構 -ミカヅキモの細胞間情報伝達を探る- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
100 R030000220 (In Japanese) DNA複製の再開始制御機構の解明 -真核生物のDNA複製制御に関する生化学的アプローチ- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004

(1/4 page)

PAGE TOP