Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 286 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
1 R070000111 (In Japanese) クロマチンの動的構造変換による遺伝子発現の制御 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
2 R070000173 (In Japanese) 転写伸長反応の制御を介した細胞機能発現機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
3 R070000174 (In Japanese) センサー型転写因子とセンサー型RNaseによる生体防御ネットワークの解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
4 R070000176 (In Japanese) 染色体ゲノムの機能領域を区分するバウンダリーエレメントの解明とその応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
5 R070000177 (In Japanese) シナプス回路形成機能のゲノム遺伝学的解析と精神研究への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
6 R070000182 (In Japanese) 小脳失調症関連遺伝子の機能解明と治療に向けた標的遺伝子の導入技術開発 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
7 R070000183 (In Japanese) 低酸素シグナルによる生体機能調節機構の解明と疾患治療への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
8 R070000186 (In Japanese) 単一細胞での網羅的遺伝子発現解析によるマウス生殖細胞決定機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
9 R070000190 (In Japanese) 核マトリクス結合蛋白質によるRNP再構築と分配機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
10 R070000211 (In Japanese) 構造ゲノム科学およびプロテオミクスに基づく新規の遺伝暗号翻訳装置の同定と機能発現メカニズムの解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
11 R070000212 (In Japanese) タンパク質オルガネラ移行と遺伝子発現の非侵襲的時空間解析法の確立 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
12 R070000269 (In Japanese) 光センサータンパク質による細胞機能の制御 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
13 R070000270 (In Japanese) 光転写調節メカニズムと新規光センサー Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
14 R070000282 (In Japanese) ナノ複合体を用いた遺伝子治療による内科的再生医療 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
15 R040000052 (In Japanese) 核酸・多糖複合体における分子認識メカニズムの研究と遺伝子マニュピレーターの創製 May 18, 2007 Apr 7, 2005
16 R040000054 (In Japanese) 複数のサブユニットから成るテーラーメイド人工酵素の創製 May 18, 2007 Apr 7, 2005
17 R040000056 (In Japanese) 神経細胞が極性を獲得する機構 May 18, 2007 Apr 7, 2005
18 R040000057 (In Japanese) 嗅覚神経回路の形成と再生の分子基盤 May 18, 2007 Apr 7, 2005
19 R040000059 (In Japanese) 多様な中枢神経系のプロトカドヘリンによる形態形成の制御 May 18, 2007 Apr 7, 2005
20 R040000060 (In Japanese) 形態形成時の受容体による位置情報の提示機構 May 18, 2007 Apr 7, 2005
21 R040000061 (In Japanese) 神経細胞の軸索成長の基本メカニズム May 18, 2007 Apr 7, 2005
22 R040000062 (In Japanese) モルフォゲンシグナル分子の濃度調節による病的組織の修復 May 18, 2007 Apr 7, 2005
23 R040000063 (In Japanese) サイトカイニン合成酵素による植物形態形成の制御 May 18, 2007 Apr 7, 2005
24 R040000064 (In Japanese) 細胞系譜マッピングによる哺乳類の胚軸形成機構の解析 May 18, 2007 Apr 7, 2005
25 R040000065 (In Japanese) 線虫における生殖顆粒の機能解析 May 18, 2007 Apr 7, 2005
26 R040000066 (In Japanese) 1分子計測による細胞性粘菌の走化性応答の解析 May 18, 2007 Apr 7, 2005
27 R040000071 (In Japanese) 環状DNAを用いた人工光合成系の構築 May 18, 2007 Apr 7, 2005
28 R040000074 (In Japanese) プロテインメモリーを利用した低温高機能酵素のデザイン May 18, 2007 Apr 7, 2005
29 R040000076 (In Japanese) ポリウレタン分解酵素の修飾と機能改変 May 18, 2007 Apr 7, 2005
30 R040000092 (In Japanese) 共生関係への移行に伴う遺伝子代謝ネットワークの再編成 May 18, 2007 Apr 7, 2005
31 R040000093 (In Japanese) 濃度制御に基づくDNAコンピューティング May 18, 2007 Apr 7, 2005
32 R000000078 (In Japanese) 軟体動物の特異な遺伝現象に関する基礎的研究 巻き貝のミトコンドリアDNAゲノム構造の多様性 May 11, 2007 Jan 29, 2002
33 R000000083 (In Japanese) 形の作り直し—再生現象の分子生物学的解析 May 11, 2007 Jan 29, 2002
34 R993100880 (In Japanese) 筋ジストロフィーを起こす分子メカニズム May 11, 2007 Jan 31, 2002
35 R993100881 (In Japanese) 新しい転写調節因子ファミリーと細胞分化 May 11, 2007 Jan 31, 2002
36 R993100883 (In Japanese) 脳の神経幹細胞を可視化して機能を探る May 11, 2007 Jan 31, 2002
37 R013000020 (In Japanese) 脳の形づくりのメカニズムに迫る:ゼブラフィッシュとメダカを用いた新しい試み -脊椎動物の新しい神経形態形成遺伝子の同定- May 11, 2007 Jul 24, 2003
38 R013000021 (In Japanese) ウナギが解き明かす精子形成の謎 May 11, 2007 Jul 24, 2003
39 R013000022 (In Japanese) 組織修復と器官形成を制御する新しい細胞内分子機構 -カルポニン研究の新展開:発生工学から遺伝子治療へ- May 11, 2007 Jul 24, 2003
40 R013000056 (In Japanese) 新しいポリヌクレオチド-多糖3重らせんの形成とその遺伝子伝達物への応用 May 11, 2007 Jul 24, 2003
41 R040000047 (In Japanese) DNA二重らせんを電子機能・構造単位とする単一分子素子 May 11, 2007 Apr 7, 2005
42 R030000001 (In Japanese) 細胞増殖における染色体複製の型の多様性と複製装置の活性化の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
43 R030000003 (In Japanese) 線虫全発生過程の遺伝子発現プログラム Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
44 R030000004 (In Japanese) 個体老化の分子機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
45 R030000005 (In Japanese) 左右軸の位置情報の伝達・確立の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
46 R030000006 (In Japanese) 汎生物高速遺伝子同定法の開発と遺伝的背景を支配する遺伝子群への応用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
47 R030000007 (In Japanese) オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
48 R030000009 (In Japanese) 遺伝子改変に基づく生体防御システムの解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
49 R030000012 (In Japanese) 免疫系と神経・内分泌系の立体的分子機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
50 R030000014 (In Japanese) Fc受容体を介する生体防御システムの解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
51 R030000015 (In Japanese) 普遍的な生体防御機構としてのストレス応答 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
52 R030000039 (In Japanese) 極限ストレス土壌における植物の耐性戦略 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
53 R030000040 (In Japanese) 脳神経系を構成する細胞の多様性の形成機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
54 R030000042 (In Japanese) ヒト脳の単一神経細胞の発現遺伝子 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
55 R030000046 (In Japanese) 神経系形成におけるGlial cells missing遺伝子の機能 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
56 R030000052 (In Japanese) 環境低負荷型の高分子物質生産システムの開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
57 R030000055 (In Japanese) 器官形成の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
58 R030000056 (In Japanese) ゲノム全遺伝子の発現ヒエラルキー決定機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
59 R030000057 (In Japanese) ゲノムインプリンティング制御の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
60 R030000060 (In Japanese) 超好熱性古細菌転写因子ネットワークの構造生物学的解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
61 R030000061 (In Japanese) 変異マウスを用いた発癌制御遺伝子の単離・同定の試み Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
62 R030000062 (In Japanese) 細胞周期における染色体制御に必須な高次複合体の研究 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
63 R030000063 (In Japanese) サイトカイン機能不全の分子機構と遺伝子治療 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
64 R030000064 (In Japanese) 超分子システムによる免疫識別の分子機構解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
65 R030000078 (In Japanese) 生体機能分子の設計と精密分子認識に基づく反応制御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
66 R030000090 (In Japanese) 神経ネットワーク形成の遺伝子プログラム Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
67 R030000091 (In Japanese) 神経結合の形成、維持、再編成を制御する分子機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
68 R030000092 (In Japanese) 脳形成遺伝子と脳高次機能 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
69 R030000102 (In Japanese) 哺乳類人工染色体の開発と個体の形質転換への利用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
70 R030000103 (In Japanese) 遺伝情報制御分子としてのステロイドレセプター Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
71 R030000104 (In Japanese) 核内因子による遺伝情報発現制御機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
72 R030000107 (In Japanese) 仲介因子を介した遺伝子発現制御の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
73 R030000108 (In Japanese) 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
74 R030000111 (In Japanese) 免疫系のフレームワーク決定及び免疫制御の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
75 R030000112 (In Japanese) 異物排除システムの分子基盤 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
76 R030000127 (In Japanese) 深度地下極限環境微生物の探索と利用 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
77 R030000136 (In Japanese) 神経系の遺伝的プログラムと可塑的メカニズム Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
78 R030000137 (In Japanese) 脳の神経回路形成と可塑性の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
79 R030000157 (In Japanese) 超伝導受信器を用いたオゾン等の大気微量分子の高度分布測定装置の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
80 R000000066 (In Japanese) 哺乳類初期胚で特異的に発現している遺伝子群とそのゲノム上での分布の解析 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
81 R000000067 (In Japanese) ESTクラスタリングと遺伝子発現データベース Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
82 R000000068 (In Japanese) 幹細胞の分均等分裂に関与する遺伝子の単離を目的とした精巣中の遺伝子発現データベースの作成 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
83 R000000069 (In Japanese) Magoh—ショウジョウバエ胚極性形成に必要なmago nashiのマウス相同遺伝子—の初期胚発生過程での発現 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
84 R000000070 (In Japanese) 分裂酵母の挿入突然変異体の確立と有性生殖に関与する新規遺伝子の解析 非対称現象に関与する分子の探索 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
85 R000000071 (In Japanese) 出芽酵母の老化に伴う遺伝子発現の非対称な分配 DNA Microarrayを用いた発現プロファイリングからの解析 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
86 R000000072 (In Japanese) ゲノムワイドの遺伝子発現データマイニング 酵母菌老化研究への応用 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
87 R000000073 (In Japanese) 非対称分裂に関与する線虫C3H遺伝子群内での新たな機能 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
88 R000000074 (In Japanese) アミノ酸の使われ方の非対称性に注目したゲノム情報工学 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
89 R000000075 (In Japanese) エイズウイルス逆転写酵素の鎖特異的なDNA認識 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
90 R000000076 (In Japanese) 古細菌,線虫の核酸結合性蛋白質と非対称性 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
91 R013000138 (In Japanese) マウスγチユブリンの機能解析 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
92 R013000144 (In Japanese) 細胞間接合,極性,腫瘍抑制に働く因子Scribble Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
93 R030000165 (In Japanese) 遺伝子発現機構の解明を目指して Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
94 R030000166 (In Japanese) 「ジーンセレクター」によるゲノム制御 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
95 R030000167 (In Japanese) 「ジーンセレクター」の構造進化 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
96 R030000168 (In Japanese) 「ジーンセレクター」による細胞運命制御 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
97 R030000169 (In Japanese) 応用展開に向けた「ジーンセレクター」研究 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
98 R030000172 (In Japanese) 野生マウスの体内回路網形態と行動 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
99 R030000173 (In Japanese) 線虫の化学走性行動の分子遺伝学 :神経回路の形とはたらき Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
100 R030000178 (In Japanese) 2つのT-box遺伝子産物As-TとAs-T2の形とはたらき Feb 22, 2005 Apr 20, 2004

(1/3 page)

PAGE TOP