Top > Search Research paper

Search Research paper

Display results per page Option
Information provider
Research organization
Research project
Research field
IPC
Specify icons
Select data
Display option Order by

Clear

Hits 265 results

No. Research paper code
Research paper title
Release Date
Update Date
1 R070000042 (In Japanese) 光制御可能な細胞発光素子の創製 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
2 R070000065 (In Japanese) 赤痢菌による抗原提示細胞の細胞死誘導機構と新規ワクチンへの応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
3 R070000072 (In Japanese) 感染症を制御する特異的レセプター群の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
4 R070000079 (In Japanese) リンパ球の分化を制御する転写調節機構の解明と治療への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
5 R070000083 (In Japanese) オートファジーによる細胞内侵入性細菌の排除機構の解析と応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
6 R070000096 (In Japanese) ホウ素の輸送を利用した生物制御と環境浄化 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
7 R070000100 (In Japanese) ガングリオシド会合蛋白質と脂質ラフトシグナリング Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
8 R070000101 (In Japanese) 生理活性脂質受容体の機能解析:In vivo と in vitro Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
9 R070000102 (In Japanese) 分子創薬アプローチによる生きた状態での可視化と不活性化 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
10 R070000106 (In Japanese) 神経細胞移動の分子機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
11 R070000107 (In Japanese) 大脳神経系前駆細胞の運命を制御するシグナル伝達 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
12 R070000108 (In Japanese) 遊離N型糖鎖の生成と分解-N型糖鎖の分解の場としての細胞質 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
13 R070000110 (In Japanese) 減数分裂期においてDNAの交換反応が高頻度で起きる仕組み Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
14 R070000112 (In Japanese) 染色体分配の制御機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
15 R070000164 (In Japanese) 生きたマウスにおけるがん遺伝子産物活性化の観察 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
16 R070000168 (In Japanese) ゴルジ体の多様性とその生理学的意義の解明 Apr 11, 2008 Apr 11, 2008
17 R070000170 (In Japanese) 環境ストレスに応答する細胞内情報伝達機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
18 R070000176 (In Japanese) 染色体ゲノムの機能領域を区分するバウンダリーエレメントの解明とその応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
19 R070000178 (In Japanese) 2光子励起法で解析する開口放出関連蛋白質の作用機序と糖尿病の病態解明への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
20 R070000180 (In Japanese) 糖鎖構造マスターコントロール遺伝子群による細胞機能の制御と創薬研究への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
21 R070000181 (In Japanese) 組織特異的なアイソフォームの関与する新しい細胞内ネットワークの解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
22 R070000187 (In Japanese) 膜輸送分子Protrudinによる神経突起形成機構の解明と神経再生への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
23 R070000188 (In Japanese) 有糸分裂チェックポイント遺伝子CHFRのがん診断・治療への応用 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
24 R070000189 (In Japanese) 膜型増殖因子の持つ細胞増殖のアクセル機能とブレーキ解除機能の分子機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
25 R070000191 (In Japanese) Wntシグナルによる神経細胞のネットワーク形成制御 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
26 R070000192 (In Japanese) ユビキチンと分子シャペロンの連携による細胞機能制御機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
27 R070000193 (In Japanese) 新規試験管内誘導システムによる分化再生研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
28 R070000195 (In Japanese) 2光子励起法を用いた生体膜融合分子機能の顕微解析システム化 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
29 R070000200 (In Japanese) 癌・パーキンソン病の解明を目指したユビキチンリガーゼ複合体の結晶構造に関する基礎的研究 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
30 R070000206 (In Japanese) タンパク質選別輸送装置の人工膜小胞への再構成 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
31 R070000210 (In Japanese) 薬剤耐性化問題の克服を目指した多剤排出蛋白質による薬剤認識機構の解明 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
32 R070000212 (In Japanese) タンパク質オルガネラ移行と遺伝子発現の非侵襲的時空間解析法の確立 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
33 R070000304 (In Japanese) 脂質-膜タンパク質ドメインの制御によるナノプラントの構築 Apr 11, 2008 Apr 7, 2008
34 R040000051 (In Japanese) 生体膜で働くプロトン駆動のナノマシン May 18, 2007 Apr 7, 2005
35 R040000053 (In Japanese) タンパク質表面構造を対象とする認識・変換素子の創製 May 18, 2007 Apr 7, 2005
36 R040000062 (In Japanese) モルフォゲンシグナル分子の濃度調節による病的組織の修復 May 18, 2007 Apr 7, 2005
37 R040000066 (In Japanese) 1分子計測による細胞性粘菌の走化性応答の解析 May 18, 2007 Apr 7, 2005
38 R040000082 (In Japanese) 生体膜表面に吸着する環境ホルモンの計測システム May 18, 2007 Apr 7, 2005
39 R000000083 (In Japanese) 形の作り直し—再生現象の分子生物学的解析 May 11, 2007 Jan 29, 2002
40 R993100881 (In Japanese) 新しい転写調節因子ファミリーと細胞分化 May 11, 2007 Jan 31, 2002
41 R993100883 (In Japanese) 脳の神経幹細胞を可視化して機能を探る May 11, 2007 Jan 31, 2002
42 R013000023 (In Japanese) Tリンパ球の分化と選択を決定づける細胞内信号 -Tリンパ球の分化制御を目で見よう- May 11, 2007 Jul 24, 2003
43 R013000024 (In Japanese) 脊髄ニューロンにおける痛み信号処理の機構 May 11, 2007 Jul 24, 2003
44 R030000002 (In Japanese) 細胞増殖の制御機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
45 R030000007 (In Japanese) オルガネラ構築と細胞機能発現制御の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
46 R030000008 (In Japanese) 発生・分化を規定する新規シグナル伝達ネットワーク Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
47 R030000010 (In Japanese) カルシウムシグナル研究の先端的手法による展開 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
48 R030000012 (In Japanese) 免疫系と神経・内分泌系の立体的分子機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
49 R030000013 (In Japanese) ウイルス持続感染による免疫均衡の破綻機序とその免疫治療法の開発 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
50 R030000040 (In Japanese) 脳神経系を構成する細胞の多様性の形成機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
51 R030000041 (In Japanese) 遺伝子変換マウスによる脳機能の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
52 R030000046 (In Japanese) 神経系形成におけるGlial cells missing遺伝子の機能 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
53 R030000062 (In Japanese) 細胞周期における染色体制御に必須な高次複合体の研究 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
54 R030000068 (In Japanese) 炎症反応分子機構のIL-8、細胞接着因子を中心とした解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
55 R030000100 (In Japanese) タンパク質の膜を越えたダイナミズムを支える細胞機能の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
56 R030000101 (In Japanese) 構造生物学に基づくシグナル伝達系の解明とその制御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
57 R030000103 (In Japanese) 遺伝情報制御分子としてのステロイドレセプター Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
58 R030000105 (In Japanese) 酸性オルガネラの形成とその機能の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
59 R030000106 (In Japanese) 水素イオン能動輸送機構の構造生物学的解析 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
60 R030000109 (In Japanese) 細胞容積調節の分子メカニズムとその破綻防御 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
61 R030000112 (In Japanese) 異物排除システムの分子基盤 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
62 R030000113 (In Japanese) 造血幹細胞の分化と自己複製の制御機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
63 R030000134 (In Japanese) シナプス可塑性の分子機構と脳の制御機能 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
64 R030000135 (In Japanese) Gタンパク質共役受容体の高次構造 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
65 R030000136 (In Japanese) 神経系の遺伝的プログラムと可塑的メカニズム Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
66 R030000137 (In Japanese) 脳の神経回路形成と可塑性の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
67 R030000149 (In Japanese) 遅発性神経細胞死の分子機構 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
68 R030000153 (In Japanese) 神経細胞における増殖制御機構の解明 Mar 18, 2005 Apr 20, 2004
69 R000000066 (In Japanese) 哺乳類初期胚で特異的に発現している遺伝子群とそのゲノム上での分布の解析 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
70 R000000067 (In Japanese) ESTクラスタリングと遺伝子発現データベース Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
71 R000000068 (In Japanese) 幹細胞の分均等分裂に関与する遺伝子の単離を目的とした精巣中の遺伝子発現データベースの作成 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
72 R000000069 (In Japanese) Magoh—ショウジョウバエ胚極性形成に必要なmago nashiのマウス相同遺伝子—の初期胚発生過程での発現 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
73 R000000070 (In Japanese) 分裂酵母の挿入突然変異体の確立と有性生殖に関与する新規遺伝子の解析 非対称現象に関与する分子の探索 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
74 R000000071 (In Japanese) 出芽酵母の老化に伴う遺伝子発現の非対称な分配 DNA Microarrayを用いた発現プロファイリングからの解析 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
75 R000000072 (In Japanese) ゲノムワイドの遺伝子発現データマイニング 酵母菌老化研究への応用 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
76 R000000073 (In Japanese) 非対称分裂に関与する線虫C3H遺伝子群内での新たな機能 Feb 22, 2005 Mar 28, 2002
77 R013000136 (In Japanese) 中心体周辺物質の構成蛋白の同定と中心子複製への関与 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
78 R013000137 (In Japanese) 微小管プラス端における癌抑制遺伝子APC蛋白とAPC結合蛋白EB1の動態 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
79 R013000138 (In Japanese) マウスγチユブリンの機能解析 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
80 R013000139 (In Japanese) 倍数体のキネトコアー微小管接着とアナフエイズ前期キネトコア分離におけるBiK1Pの重要性 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
81 R013000140 (In Japanese) 新規ATP依存性蛋白展開因子unfoldinの性質 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
82 R013000141 (In Japanese) ミトコンドリアの分布と形態の制御メカニズム Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
83 R013000144 (In Japanese) 細胞間接合,極性,腫瘍抑制に働く因子Scribble Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
84 R013000145 (In Japanese) タイトジャンクションと上皮細胞の極性 Feb 22, 2005 Jul 24, 2003
85 R030000174 (In Japanese) 細胞内小器官ゴルジ体の層板形成機構 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
86 R030000185 (In Japanese) 細胞内情報伝達機構の1分子イメージング Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
87 R030000210 (In Japanese) DNAはいかにして分配されていくのか? -バクテリアのセントロメアを求めて- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
88 R030000214 (In Japanese) 蛋白質/蛋白質相互作用による物質輸送機能発現の機構 -アミノ酸トランスポーターの構成サブユニットと機能・調節の多様性- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
89 R030000215 (In Japanese) 植物における異性の認識と有性生殖成立の機構 -ミカヅキモの細胞間情報伝達を探る- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
90 R030000219 (In Japanese) 神経細胞の生存シグナル伝達機構の解析 -AktとNotchによる細胞死の抑制- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
91 R030000221 (In Japanese) 酵母の形態形成と細胞増殖との連携制御機構 -シグナル伝達分子と新規連携制御系- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
92 R030000222 (In Japanese) 体軸形成におけるWntシグナル伝達経路とAxinの役割 -Wntシグナル伝達を制御する新規分子の同定- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
93 R030000223 (In Japanese) 細胞はどのようにして非対称に分裂するか? -細胞運命の切り替えを行う転写調節複合体- Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
94 R030000224 (In Japanese) 細胞系譜に依存したショウジョウバエ脳の神経回路モジュール構造の解析 Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
95 R030000227 (In Japanese) 体細胞から個体発生におけるゲノム再プログラム化機構 ‐胚性幹細胞がもつゲノム再プログラム化活性‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
96 R030000251 (In Japanese) 脳のセグメント構造に見られるパラレルプロセッシング Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
97 R030000266 (In Japanese) オートファジーの分子機構と生理的役割 ‐オートファゴソームはいつ、どこで、どのように作られるか‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
98 R030000267 (In Japanese) タンパク質分解ユビキチンシステムと細胞機能の連携制御機構 ‐ユビキチンリガーゼAPCの細胞周期での役割‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
99 R030000269 (In Japanese) 生殖細胞の染色体分配の仕掛け ‐染色体接着因子コヒーシンの作用機序をさぐる‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004
100 R030000271 (In Japanese) シグナル伝達の時空間動態を光で制御して光で解析する ‐生理活性を光で制御するケージド化合物の開発とその応用‐ Feb 22, 2005 Apr 20, 2004

(1/3 page)

PAGE TOP