TOP > 研究報告検索

研究報告検索

表示件数 詳細検索
データ提供機関
研究機関
研究制度
研究分野
IPC
マークによる絞込み
データ選択
表示オプション 表示順

リセット

該当件数 22件

No. 研究報告コード
研究報告名称
掲載日
更新日
1 R070000096 ホウ素の輸送を利用した生物制御と環境浄化 2008/04/11 2008/04/07
2 R040000063 サイトカイニン合成酵素による植物形態形成の制御 2007/05/18 2005/04/07
3 R030000011 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明 2005/03/18 2004/04/20
4 R030000039 極限ストレス土壌における植物の耐性戦略 2005/03/18 2004/04/20
5 R030000108 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御 2005/03/18 2004/04/20
6 R030000181 葉とシュートの分化に関する分子生物学的解析 2005/02/22 2004/04/20
7 R030000182 花の形を作る遺伝子系の起源と進化 2005/02/22 2004/04/20
8 R030000184 篩管を通じたmRNAや蛋白質の長距離移行 2005/02/22 2004/04/20
9 R030000215 植物における異性の認識と有性生殖成立の機構 -ミカヅキモの細胞間情報伝達を探る- 2005/02/22 2004/04/20
10 R030000216 ミヤコグサで開く根粒共生系の分子遺伝学 -ミヤコグサのモデル化にむけた基盤形成と根粒の数をシステミックに制御する宿主因子の同定- 2005/02/22 2004/04/20
11 R030000270 光を求めて動く葉緑体の運動機構の解明 ‐青色光受容体フォトトロピンの役割‐ 2005/02/22 2004/04/20
12 R013000183 CO2倍増時の生態系のFACE実験とモデリング 2003/10/01 2003/08/11
13 R013000231 穀類植物における誘導的防御物質の存在及び穀類,果実のファイトアレキシン 2003/10/01 2003/07/24
14 R013000261 乾燥地植林による炭素固定システムの構築 2003/10/01 2003/07/24
15 R013000266 プロトプラストが生合成するカロース繊維の高次構造形成 2003/10/01 2003/07/24
16 R000000084 アサガオ(Ipomoea nil)のモデル植物化に関する研究 2002/09/30 2002/01/29
17 R000000137 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明 2002/09/30 2002/01/29
18 R000000149 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御 2002/09/30 2002/01/29
19 R990004223 生体防御のメカニズム 植物の感染防御機構の生物有機化学的解明 2001/02/06 2000/10/13
20 R990004235 生体防御のメカニズム 遺伝子の不活化・活性化を通した植物の生体制御 2001/02/06 2000/10/13
21 R990004280 極限環境状態における現象 極限ストレス土壌における植物の耐性戦略 2001/02/06 2000/10/13
22 R990004363 内分泌かく乱物質 植物由来および人工の内分泌かく乱物質の相互作用 2001/02/06 2000/10/13

(1/1ページ)

  • 1

PAGE TOP