TOP > クイック検索 > 技術シーズ検索 > キラルポリマーの製造方法及びキラルポリマー並びにキラルポリマーの動的な電気化学的方法による光学活性制御

キラルポリマーの製造方法及びキラルポリマー並びにキラルポリマーの動的な電気化学的方法による光学活性制御

Seeds code S100002963
Posted date 2010年11月5日
Researchers
  • 後藤 博正
  • 赤木 和夫
Name of technology キラルポリマーの製造方法及びキラルポリマー並びにキラルポリマーの動的な電気化学的方法による光学活性制御
Technology summary キラルモノマー又はキラルドーパントを使用して電解重合を行ってキラルポリマーを得て、このキラルポリマーの電荷に対して酸化又は還元電位を印加して、キラルポリマーの光学活性を制御することを含む製造方法である。キラルモノマーが、ヘテロ原子を含む炭素数4~6の芳香族からなり、キラルドーパントが、中心性キラリティー化合物および軸性キラル化合物からなるものである。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-354043.gif
Research field
  • 製造工程とその装置
  • 高分子材料一般
  • 固体デバイス材料
Seeds that can be deployed 選択された光学活性を有するキラルポリマーの簡便な製造方法およびキラルポリマーの簡便な光学活性制御方法を提供する。
所定の条件の電圧をキラルポリマーに印加することによって電気化学的に光学活性を制御することができるので、特定の光学活性を有するキラルポリマーを簡便に得ることができ、また、キラルポリマーの光学活性を簡便に制御することができる。
Usage Use field 光学活性キラルポリマー
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) 国立大学法人 筑波大学, . 後藤 博正, 赤木 和夫, . キラルポリマーの製造方法及びキラルポリマー並びにキラルポリマーの動的な電気化学的方法による光学活性制御. 特開2006-160878. 2006-06-22
  • C08G  61/12     
  • G02F   1/15     

PAGE TOP