Top > Quick Search > Search Technology seeds > POLYNUCLEOTIDE AS GENE FRAGMENT PARTICIPATING IN ISOQUINOLINE ALKALOID BIOSYNTHESIS, cDNA LIBRARY CONTAINING THE POLYNUCLEOTIDE, FULL-LENGTH GENE AND PROTEIN ISOLATED BY USING THE POLYNUCLEOTIDE AND PARTICIPATING IN THE ISOQUINOLINE ALKALOID BIOSYNTHESIS, METHOD FOR ISOLATING THE SAME AND TRANSFORMANT OF THE SAME

POLYNUCLEOTIDE AS GENE FRAGMENT PARTICIPATING IN ISOQUINOLINE ALKALOID BIOSYNTHESIS, cDNA LIBRARY CONTAINING THE POLYNUCLEOTIDE, FULL-LENGTH GENE AND PROTEIN ISOLATED BY USING THE POLYNUCLEOTIDE AND PARTICIPATING IN THE ISOQUINOLINE ALKALOID BIOSYNTHESIS, METHOD FOR ISOLATING THE SAME AND TRANSFORMANT OF THE SAME

Seeds code S100002039
Posted date Oct 6, 2010
Researchers
  • (In Japanese)佐藤 文彦
  • (In Japanese)エミリン ゴウ デュブゼイ
  • (In Japanese)森重 敬
Name of technology POLYNUCLEOTIDE AS GENE FRAGMENT PARTICIPATING IN ISOQUINOLINE ALKALOID BIOSYNTHESIS, cDNA LIBRARY CONTAINING THE POLYNUCLEOTIDE, FULL-LENGTH GENE AND PROTEIN ISOLATED BY USING THE POLYNUCLEOTIDE AND PARTICIPATING IN THE ISOQUINOLINE ALKALOID BIOSYNTHESIS, METHOD FOR ISOLATING THE SAME AND TRANSFORMANT OF THE SAME
Technology summary (In Japanese)配列番号56のアミノ酸配列からなるタンパク質又は配列番号56のアミノ酸配列において、1または数個のアミノ酸が置換、欠失、挿入、及び/又は付加されたアミノ酸配列からなり、かつノルコクラウリン合成酵素としての活性を持つタンパク質をコードするオウレン由来の遺伝子である。また、配列番号55の塩基配列からなるイソキノリンアルカロイドの生合成に関与する全長遺伝子である。配列番号55の塩基配列の第22番目~1077番目の塩基配列をオープンリーディングフレームとして含む遺伝子である。配列番号55の塩基配列と配列番号56のアミノ酸配列はそれぞれ図1と2に示される。植物にベクターを導入してイソキノリンアルカロイドを生産する。アルカロイド高生産性オウレン培養細胞から単離したEST(発現cDNAクローン)を利用することで、イソキノリンアルカロイド生合成関連遺伝子を単離できることを見出す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2003-310660_1.gif thum_2003-310660_2.gif
Research field
  • Molecular genetics in general
  • Proteins and peptides in general
  • Nucleosides, nucleotides
Seeds that can be deployed (In Japanese)イソキノリンアルカロイド生合成関連遺伝子断片及びそれを高頻度に含むcDNAライブラリー、並びに、それを用いてイソキノリンアルカロイド生合成関連遺伝子を効率よく、包括的に単離できる方法を提供し、単離された遺伝子を用いて様々なイソキノリンアルカロイドの生合成を効率よく行う。
ポリヌクレオチドは、配列番号1~52に示す各塩基配列からなり、イソキノリンアルカロイドの生合成に関与する遺伝子断片である。また、cDNAライブラリーは、ポリヌクレオチドを高い割合で含む。ポリヌクレオチドあるいはcDNAライブラリーに含まれる遺伝子断片は、オウレンあるいはその他の植物におけるイソキノリンアルカロイドの生合成系の全長遺伝子を単離するためのプローブとして有用であり、この全長遺伝子を包括的に単離できる。これにより、医薬品原料として有用なイソキノリンアルカロイドを工業的に大量生産する手段が確保できる。
Usage Use field (In Japanese)医薬品、イソキノリンアルカロイド生合成
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人京都大学, . (In Japanese)佐藤 文彦, エミリン ゴウ デュブゼイ, 森重 敬, . POLYNUCLEOTIDE AS GENE FRAGMENT PARTICIPATING IN ISOQUINOLINE ALKALOID BIOSYNTHESIS, cDNA LIBRARY CONTAINING THE POLYNUCLEOTIDE, FULL-LENGTH GENE AND PROTEIN ISOLATED BY USING THE POLYNUCLEOTIDE AND PARTICIPATING IN THE ISOQUINOLINE ALKALOID BIOSYNTHESIS, METHOD FOR ISOLATING THE SAME AND TRANSFORMANT OF THE SAME. P2004-121233A. Apr 22, 2004
  • C12N  15/09     
  • C12N   5/10     
  • C12N   9/00     
  • C12P  17/18     

PAGE TOP