Top > Search Technology seeds > WAVELENGTH SELECTIVE SOLAR LIGHT ABSORBING MATERIAL AND ITS MANUFACTURING METHOD

WAVELENGTH SELECTIVE SOLAR LIGHT ABSORBING MATERIAL AND ITS MANUFACTURING METHOD meetings

Seeds code S100002163
Posted date Oct 7, 2010
Researchers
  • (In Japanese)湯上 浩雄
  • (In Japanese)齋 均
Name of technology WAVELENGTH SELECTIVE SOLAR LIGHT ABSORBING MATERIAL AND ITS MANUFACTURING METHOD meetings
Technology summary (In Japanese)太陽熱光起電力発電システム1は、集中太陽光2などにより高温に加熱された波長選択性太陽光吸収材料(エミッタ)3から出る熱放射光2aをフィルタ4に通過させ、その通過光2bを光電変換セル5に入射して電力を得るシステムである。太陽熱エネルギを電気エネルギに変換する熱光起電力発電システム1に用いられる波長選択性太陽光吸収材料3は、耐熱性基板からなり、入射面に二次元配列されて周期的な表面微細凹凸パターンを形成する多数のキャビティを有する。そして、キャビティは可視光および近赤外線の波長領域での特定波長太陽光の波長と実質的に同じ長さの開口径および所定の深さに形成され、かつ所定のスペクトル拡散反射率、所定のスペクトル吸収率、所定のスペクトル放射率を備えている。キャビティは、平面視野において入射面に格子状に配列されていることが好ましい。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2002-131833.gif
Research field
  • Solar photovoltaic generation
  • Photodetectors
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)熱安定性に優れ、高温での長期間の使用に耐えることができる高効率の波長選択性太陽光吸収材料を提供する。
太陽光選択吸収材料として有効な表面幾何学形状を特定でき、かつ、1000Kまでの高温状態での安定な構造を実現できる。また、高温での光学特性を実現でき、コンパクトな受熱器構造を実現できる。
Usage Use field (In Japanese)熱光起電力発電システム、太陽エネルギ利用産業分野、宇宙産業分野
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人東北大学, . (In Japanese)湯上 浩雄, 齋 均, . WAVELENGTH SELECTIVE SOLAR LIGHT ABSORBING MATERIAL AND ITS MANUFACTURING METHOD. P2003-332607A. Nov 21, 2003
  • H01L  31/042    

PAGE TOP