Top > Search Technology seeds > WAVE MOTION PROPAGATION SPEED MEASURING METHOD OF TROLLEY WIRE, AND TENSION MEASURING METHOD OF TROLLEY WIRE

WAVE MOTION PROPAGATION SPEED MEASURING METHOD OF TROLLEY WIRE, AND TENSION MEASURING METHOD OF TROLLEY WIRE

Seeds code S100002443
Posted date Oct 7, 2010
Researchers
  • (In Japanese)池田 充
  • (In Japanese)網干 光雄
  • (In Japanese)臼田 隆之
Name of technology WAVE MOTION PROPAGATION SPEED MEASURING METHOD OF TROLLEY WIRE, AND TENSION MEASURING METHOD OF TROLLEY WIRE
Technology summary (In Japanese)走行中の車両上で舟体とトロリ線との接触力変動を測定する(S1)。接触力変動の周波数fLは電車速度に比例し、トロリ線の波動伝播速度をcとすると、(1′)fL=β×c/Lと表され、この接触力変動により生じた波動がパンタグラフ前方から再度入射することにより生じる周波数fvは、(2′)fv={(1+β)/(1-β)}×fLと表される。接触力変動を短時間フーリエ分析する(S2)。短時間フーリエ分析した結果から卓越成分を抽出する(S3)。さらに、卓越成分からトロリ線波動成分に相当する周波数fvを抽出する(S4)。式(1′)、(2′)で表される周波数fを電車速度vで正規化する(S5)。これは、周波数f(単位Hz)を電車速度vで割ることにより波数k(単位1/m)を得る。式(2′)で表される波動成分の波数kvについては、(2″)kv={(1+β)/(1-β)}×kLとなる。式(2″)に基づきトロリ線の波動伝播速度を算出する(S6)。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2000-375656.gif
Research field
  • Railway vehicle equipment
  • Track structure, track materials
Seeds that can be deployed (In Japanese)走行中の車両上で測定したパンタグラフの接触力変動に基づき、トロリ線の波動伝播速度又は張力を測定できる方法を提供する。
走行中の車両上で測定したパンタグラフの接触力変動に基づき、トロリ線の波動伝播速度あるいは張力を測定できる。
Usage Use field (In Japanese)トロリ線、パンタグラフ
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)財団法人鉄道総合技術研究所, . (In Japanese)池田 充, 網干 光雄, 臼田 隆之, . WAVE MOTION PROPAGATION SPEED MEASURING METHOD OF TROLLEY WIRE, AND TENSION MEASURING METHOD OF TROLLEY WIRE. P2002-178797A. Jun 26, 2002
  • B60M   1/28     
  • G01H   5/00     
  • G01L   5/10     

PAGE TOP