Top > Search Technology seeds > MEASURING METHOD OF MECHANICAL IMPEDANCE OF TROLLEY WIRE

MEASURING METHOD OF MECHANICAL IMPEDANCE OF TROLLEY WIRE

Seeds code S100002444
Posted date Oct 7, 2010
Researchers
  • (In Japanese)臼田 隆之
  • (In Japanese)池田 充
  • (In Japanese)網干 光雄
Name of technology MEASURING METHOD OF MECHANICAL IMPEDANCE OF TROLLEY WIRE
Technology summary (In Japanese)トロリ線1のモデルは、ダッシュポット50で、未知の機械インピーダンスとして考えることも可能である。舟体のモデルは、質量m1の質点60である。これらダッシュポット50と質点60間に働く力f0が、パンタグラフの接触力に相当する。復元ばねのモデルは、ばね機構70である。このばね機構70は、ばね71とダッシュポット72からなる。ばね71のばね定数k1と、ダッシュポット72の減衰係数c1は、既知の加振試験により予め決定される。枠組のモデルは、リンク機構80である。走行中の車両のパンタグラフ接触力と、パンタグラフのある車両の車体上下加速度から、両者の間の周波数応答関数H(ω)をH(ω)=Wc/Wpにより求める。ただし、Wcはパンタグラフ接触力と車体上下加速度とのクロススペクトルを表し、Wpはパンタグラフ接触力のパワースペクトルを表す。予め求めた上下加速度に対する接触力の周波数応答関数H´(ω)の計算結果と、走行中の車両における実測データを用いた車体上下加速度とパンタグラフ接触力の周波数応答関数H(ω)の計算結果との誤差が最小となるような、トロリ線の機械インピーダンスを推定する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2000-375657.gif
Research field
  • Track structure, track materials
  • Railway vehicle equipment
  • Measuring methods and instruments of R, L, C, Q, and dielectric constant
Seeds that can be deployed (In Japanese)パンタグラフの接触力と車体の上下振動とに基づき、トロリ線の機械インピーダンスを走行中の車体上で測定することができる方法を提供する。
走行中の車両上でトロリ線の機械インピーダンスを求めることができる。
Usage Use field (In Japanese)トロリ線、パンタグラフ
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)財団法人鉄道総合技術研究所, . (In Japanese)臼田 隆之, 池田 充, 網干 光雄, . MEASURING METHOD OF MECHANICAL IMPEDANCE OF TROLLEY WIRE. P2002-178796A. Jun 26, 2002
  • B60M   1/28     

PAGE TOP