Top > Search Technology seeds > LACTO-N-BIOSE PHOSPHORYLASE GENE, RECOMBINANT VECTOR COMPRISING THE GENE AND TRANSFORMANT COMPRISING THE VECTOR

LACTO-N-BIOSE PHOSPHORYLASE GENE, RECOMBINANT VECTOR COMPRISING THE GENE AND TRANSFORMANT COMPRISING THE VECTOR

Seeds code S100002524
Posted date Oct 7, 2010
Researchers
  • (In Japanese)北岡 本光
  • (In Japanese)西本 完
Name of technology LACTO-N-BIOSE PHOSPHORYLASE GENE, RECOMBINANT VECTOR COMPRISING THE GENE AND TRANSFORMANT COMPRISING THE VECTOR
Technology summary (In Japanese)配列番号1のアミノ酸配列からなるタンパク質をコードするDNA、又は配列番号1のアミノ酸配列において1~数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、かつラクトNビオースホスホリラーゼ活性を有するタンパク質をコードするDNAからなる遺伝子を含有する組換えベクターを含む形質転換体を用いて遺伝子を発現させ、ラクトNビオースホスホリラーゼを生産する。この遺伝子、遺伝子を含有する組換えベクター、組換えベクターを含む形質転換体も含む。遺伝子は、例えばビフィドバクテリウム・ビフィダムJCM1254から得ることができる。ビフィドバクテリウム・ビフィダム由来のラクトNビオースホスホリラーゼを疎水クロマトグラフィーとイオン交換クロマトグラフィーを効果的に配置することにより困難な完全精製に初めて成功する。DNAの内部配列を増幅してからその配列を元に特殊なPCR法を行うことによりタンパク質コード領域全長を取得することができる。
Research field
  • Molecular genetics in general
  • Proteins and peptides in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)ラクトNビオースホスホリラーゼの安定的で効率的な生産に有用なラクトNビオースホスホリラーゼ遺伝子、この遺伝子を含む組換えベクター及び形質転換体を提供する。
ラクトNビオースホスホリラーゼ遺伝子、遺伝子を含む組換えベクター及びベクターを含む形質転換体が提供され、ラクトNビオースホスホリラーゼを用いることにより、食品用素材,医薬品用素材などとして有用と期待される種々のラクトNビオース誘導体を合成することが可能である。
Usage Use field (In Japanese)食品用素材,医薬品用素材
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)北岡 本光, 西本 完, . LACTO-N-BIOSE PHOSPHORYLASE GENE, RECOMBINANT VECTOR COMPRISING THE GENE AND TRANSFORMANT COMPRISING THE VECTOR. P2005-341883A. Dec 15, 2005
  • C12N  15/09     
  • C12N   1/15     
  • C12N   1/19     
  • C12N   1/21     
  • C12N   5/10     

PAGE TOP