Top > Search Technology seeds > MAGNETICALLY SUPPORTED ELECTROMAGNETIC VIBRATOR AND METHOD FOR VIBRATION

MAGNETICALLY SUPPORTED ELECTROMAGNETIC VIBRATOR AND METHOD FOR VIBRATION

Seeds code S100002551
Posted date Oct 7, 2010
Researchers
  • (In Japanese)村井 敏昭
  • (In Japanese)長谷川 均
  • (In Japanese)山本 貴光
Name of technology MAGNETICALLY SUPPORTED ELECTROMAGNETIC VIBRATOR AND METHOD FOR VIBRATION
Technology summary (In Japanese)磁気支持電磁加振装置100は、対向する1組の電磁加振コイル盤1、2と、電磁加振コイル盤1、2に設けられている電磁加振コイル群3、4に電流を供給するためのインバータ5とから構成されている。この磁気支持電磁加振装置100によって磁気支持および加振される台車6は、電磁加振コイル盤1、2の間に設置される。電磁加振コイル群2を構成する電磁加振コイル41~44および電磁加振コイル群3を構成する電磁加振コイル31~34の各コイルは、その中心軸が、台車6に対向するように平面的に配置されている。インバータ5によって、各電磁加振コイル41~44および31~34に対して、3相交流電流が流されるとともに、直流電流も流されるようになっている。すなわち、各電磁加振コイル41~44および31~34の3相交流電流を制御することで台車6に与える加振力を制御するとともに、直流電流を制御することで台車6に与える浮上力および案内力を制御することができる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2003-073982.gif
Research field
  • Railway vehicle equipment
  • Powered vehicles
  • Track structure, track materials
Seeds that can be deployed (In Japanese)1種類のコイルにて、電磁加振と磁気支持の両方が行えるようにする。
超電導磁石及びそれを搭載する台車等の加振対象を定置にて磁気支持できるとともに、1種類の加振電磁コイルにて電磁加振と磁気支持の両方が行えるようになる。
Usage Use field (In Japanese)超電導磁気浮上鉄道、超電導磁石
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所, . (In Japanese)村井 敏昭, 長谷川 均, 山本 貴光, . MAGNETICALLY SUPPORTED ELECTROMAGNETIC VIBRATOR AND METHOD FOR VIBRATION. P2004-282956A. Oct 7, 2004
  • B60L  13/04     

PAGE TOP