Top > Search Technology seeds > FLIGHT MANAGEMENT METHOD AND APPARATUS

FLIGHT MANAGEMENT METHOD AND APPARATUS

Seeds code S100002674
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)戸田 憲雄
  • (In Japanese)國頭 聖
Name of technology FLIGHT MANAGEMENT METHOD AND APPARATUS
Technology summary (In Japanese)この飛行管理装置1は、地上支援設備2と、機体に搭載される機上支援設備3とを有し、テラインマスキング航法支援システムを意味し、実飛行可能なテラインマスキング飛行経路(低高度飛行経路)による飛行計画の作成およびその飛行計画に沿って任務を遂行するための情報提供ならびにガイダンスを行うための飛行管理方法を実現するためのシステムである。飛行経路作成手段4は、地図データに基づいて、低高度で飛行するための複数の低高度飛行経路を求めて経路データベース化する。飛行計画作成手段5a、5bは、経路データベースを参照して、予め定める経路決定要因に対して最適な複数の低高度飛行経路を選択し、この最適な各低高度飛行経路を相互に接続して計画飛行経路を作成する。飛行計画管理手段6は、飛行計画作成手段5によって作成された計画飛行経路と自機位置とを比較して、計画飛行経路に対する自機位置の相対位置情報を求め、相対位置情報に基づいて、計画飛行経路に沿って飛行するためのガイダンス情報を作成する。表示手段7は、ガイダンス情報を表示する。むやみに高い計算能力を必要とすることなく、容易に実施可能な飛行管理方法を実現できる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2001-328003.gif
Research field
  • Aircrafts
  • Operating technology
Seeds that can be deployed (In Japanese)経路決定要因の変化に対して高い応答性で最適な計画飛行経路が得られるとともに、無駄な計算を可及的に少なくして、情報処理コストを低減することができる飛行管理方法および装置を提供する。
計画作成および飛行中の計画・変更においては演算処理負荷の大きい準備工程のほとんどを省いて低高度飛行を可能とする。演算処理量の極端な増加をなくし、経路決定要因の変更に対して常に高い応答性で最適な計画飛行経路を決定できる。
Usage Use field (In Japanese)輸送用固定翼機、輸送用回天翼機、航行支援
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)防衛装備庁長官, 川崎重工業株式会社, . (In Japanese)戸田 憲雄, 國頭 聖, . FLIGHT MANAGEMENT METHOD AND APPARATUS. P2003-130674A. May 8, 2003
  • G01C  21/00     
  • B64D  45/04     
  • B64F   1/36     
  • G08G   5/00     

PAGE TOP