Top > Search Technology seeds > OPTICALLY ACTIVE AMINO ACID DERIVATIVE HAVING AXIAL ASYMMETRY, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE COMPOUND USING THE AMINO ACID DERIVATIVE AS ASYMMETRIC CATALYST

OPTICALLY ACTIVE AMINO ACID DERIVATIVE HAVING AXIAL ASYMMETRY, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE COMPOUND USING THE AMINO ACID DERIVATIVE AS ASYMMETRIC CATALYST

Seeds code S100002708
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)丸岡 啓二
Name of technology OPTICALLY ACTIVE AMINO ACID DERIVATIVE HAVING AXIAL ASYMMETRY, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE COMPOUND USING THE AMINO ACID DERIVATIVE AS ASYMMETRIC CATALYST
Technology summary (In Japanese)式(I)(式中、R1は水素原子、(置換)アリール基、(置換)ヘテロアリール基または-CO2R4で表される基を示し、R2およびR3は水素原子、ハロゲン原子または低級アルキル基、低級アルコキシ基を示す。)で表される光学活性化合物またはその塩である。この化合物またはその塩を含有する不斉触媒は、不斉アルドール反応、不斉マンニッヒ型反応、不斉ハロゲン化反応または不斉マイケル反応に用いられ、特に、式2で表される不斉直接アルドール反応または式3で表される不斉O-ニトロソアルドール反応の触媒として有用である。軸不斉源としてビナフチル構造を有するアミノ酸誘導体が不斉アルドール反応の優れた非金属不斉触媒となる。この化合物の合成法の1例を製法1に示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-333798_1.gif thum_2004-333798_2.gif thum_2004-333798_3.gif thum_2004-333798_4.gif
Research field
  • Manufacturing of various organic compounds
  • Organic reactions in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)高収率かつ高立体選択的な不斉アルドール反応を達成し得る非金属の新規不斉触媒を開発し、不斉触媒を用いた不斉アルドール反応により、医薬、農薬、高機能性材料等の合成中間体として有用な光学活性化合物の有利な製造方法を提供する。
この不斉触媒は非金属であるため環境に優しく、金属廃液の処理等をする必要がないので、コスト的に有利である。さらに非金属であるため、触媒活性が安定しており、回収再利用も容易に行うことができる。
Usage Use field (In Japanese)不斉アルドール反応触媒
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人京都大学, . (In Japanese)丸岡 啓二, . OPTICALLY ACTIVE AMINO ACID DERIVATIVE HAVING AXIAL ASYMMETRY, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY ACTIVE COMPOUND USING THE AMINO ACID DERIVATIVE AS ASYMMETRIC CATALYST. P2006-143627A. Jun 8, 2006
  • C07D 223/14     
  • B01J  31/02     
  • C07C 201/12     
  • C07C 205/45     
  • C07B  53/00     
  • C07B  61/00     

PAGE TOP