Top > Search Technology seeds > CNT SURFACE MODIFICATION METHOD AND CNT

CNT SURFACE MODIFICATION METHOD AND CNT

Seeds code S100002807
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)朴 基哲
Name of technology CNT SURFACE MODIFICATION METHOD AND CNT
Technology summary (In Japanese)CNT表面改質方法は、容器内に、カーボンナノチューブと、濃度0.1mol/L以上1.0mol/L以下の硝酸とを入れ、容器内の温度を摂氏374.0度以上、かつ、容器内の圧力を22.1MPa以上に維持し、カーボンナノチューブの表面を改質する。また、CNTは、最表面にアルコール性水酸基およびエーテル基を有する。また、他のCNTは、炭素網が同軸に多層に重なった多層カーボンナノチューブにおける表面から複数の炭素網は、アルコール性水酸基またはエーテル基を有する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-083069.gif
Research field
  • Materials of solid‐state devices
  • Manufacturing technology of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)取り扱いが容易な改質剤を使用して、CNTを構成する炭素網の表面および内部方向への改質量を制御するCNT表面改質方法および改質量が制御されたCNTを提供する。
CNTの炭素網の表面および内部方向の改質量が制御されたCNTを得ることができる。
Usage Use field (In Japanese)表面改質カーボンナノチューブ
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人信州大学, . (In Japanese)朴 基哲, . CNT SURFACE MODIFICATION METHOD AND CNT. P2005-263607A. Sep 29, 2005
  • C01B  31/02     
  • C07C  29/16     
  • C07C  33/36     
  • C07C  41/09     
  • C07C  43/168    

PAGE TOP