Top > Search Technology seeds > METHOD FOR INJECTING OR TRANSFERRING TRACE OF VARIOUS SAMPLE

METHOD FOR INJECTING OR TRANSFERRING TRACE OF VARIOUS SAMPLE

Seeds code S100002832
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)西垣 功一
  • (In Japanese)田山 貴紘
  • (In Japanese)木下 保則
  • (In Japanese)内田 秀和
Name of technology METHOD FOR INJECTING OR TRANSFERRING TRACE OF VARIOUS SAMPLE
Technology summary (In Japanese)少なくとも一方の主表面に複数のウェルを有する基板からなるマルチウエルプレートのウェル内に溶液を注入する方法である。ウェルは、ウェルの開口が上向きの状態で、マルチウエルプレートを静置したときには、ウェルの開口が溶液で覆われても、ウェル内に溶液は注入されない、寸法、形状および表面状態を有する。マルチウエルプレートのウェルを有する主表面上に溶液を置き、ウェルの開口から底の向に、遠心力を与えて溶液をウェル内に注入する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-042885.gif
Research field
  • Experimental operation and apparatus of basic chemistry
Seeds that can be deployed (In Japanese)多種の微量液体試料の容器への同時並列的注入、移行方法を提示する。1000を越える容器(ウェル)であっても、かつ容器(ウェル)の寸法、形状および表面状態が容器(ウェル)内への溶液の流入を許容しないものであっても、簡単に反応液等の溶液を充填できる方法を提供する。さらに、簡単に反応液等の溶液を充填でき、かつその際、組成の変化も容易につけることができる方法を提供する。容器(ウェル)の容量が微小であっても、操作が可能な方法を提供する。
これまで、実現しなかった極微量多種試料の同時並列取り扱い(注入、メスアップ、移送、重層、分割、計量等)が可能となった。進化工学、製薬、食品、バイオベンチャ、臨床検査機関、化合物質毒性検査機関などにおいて、多種の微量液体試料を反応させる際に必要となる、試料の分取を同時並列に行う分野に利用可能である。
Usage Use field (In Japanese)臨床検査、化合物質毒性検査
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人埼玉大学, . (In Japanese)西垣 功一, 田山 貴紘, 木下 保則, 内田 秀和, . METHOD FOR INJECTING OR TRANSFERRING TRACE OF VARIOUS SAMPLE. P2006-224034A. Aug 31, 2006
  • G01N  35/10     
  • B01J  19/00     

PAGE TOP