Top > Search Technology seeds > METHOD FOR SEPARATING/RECOVERING HUMIC MATERIAL IN MUD

METHOD FOR SEPARATING/RECOVERING HUMIC MATERIAL IN MUD

Seeds code S100002851
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)太田 清久
  • (In Japanese)金子 聡
  • (In Japanese)原田 拓也
Name of technology METHOD FOR SEPARATING/RECOVERING HUMIC MATERIAL IN MUD
Technology summary (In Japanese)水系の底部から得られ脱塩された泥と珪酸ナトリウム(水ガラス)を混合した後、焼成することにより固化し、この固化物を水に浸漬させることによって、泥中フミン物質を分離回収する方法である。水ガラスの混合重量比は3%~30%の範囲にある。焼成温度は200℃~300℃の範囲である。フミン物質が溶出した後の焼成固化物は、土壌改良材や土盤材として有効利用できる。表は、フミン物質溶出前後の底泥固化物の元素組成比を示した蛍光X線回折分光分析の結果である。水に浸漬させてフミン物質を溶出した後の元素組成比では、無機物質の割合が約78%と高く、有機物質の割合が減少しナトリウム元素とともに水にフミン物質が移行している。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-127692.gif
Research field
  • Unit process
  • Fertilizers in general
  • Soil science in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)海底泥中のフミン物質を簡便に分離回収する方法を提供する。
これまでほとんど利用されていなかった海底泥中のフミン物質を有効利用でき、農業などの肥料の分野において、新規な効用の開拓に繋がる。フミン物質が溶出した後の焼成固化物は、フライアッシュやボトムアッシュと比較して、格段に土壌改良材や土盤材として利用される幅広い用途が見込まれる。廃棄物である海底汚泥を有価物に転換させることが可能となる。海底泥の有効利用に多大に寄与し、環境の保全にも有用である。
Usage Use field (In Japanese)海底泥有効利用、土壌改良材、土盤材、肥料
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人三重大学, . (In Japanese)太田 清久, 金子 聡, 原田 拓也, . METHOD FOR SEPARATING/RECOVERING HUMIC MATERIAL IN MUD. P2006-306733A. Nov 9, 2006
  • C07G  99/00     
  • B01D  11/02     
  • C02F  11/00     
  • C05F  11/02     
  • C09K  17/50     
  • C09K 101/00     

PAGE TOP