Top > Search Technology seeds > BARIUM TITANATE CRYSTAL, CONDENSER, OPTICAL SWITCH AND FRAM

BARIUM TITANATE CRYSTAL, CONDENSER, OPTICAL SWITCH AND FRAM

Seeds code S100002855
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)秋重 幸邦
  • (In Japanese)深野 勝洋
Name of technology BARIUM TITANATE CRYSTAL, CONDENSER, OPTICAL SWITCH AND FRAM
Technology summary (In Japanese)強誘電性チタン酸バリウム結晶は、粉末X線回折により、2θ=19.35°±0.10°にピークを有するか、若しくは、2θ=25.65°±0.10°にピークを有する。BaO/TiO2=33/67のmol比率の混合原料をKirby&WechslerのBaO-TiO2系相図に示される(固体立方晶BaTiO3+液相)の混合相と全液相との境界温度より10℃程度高い温度で溶融した後、これを徐冷して種結晶を育成し、次いで、この種結晶を境界温度に昇温した状態から急冷して得る。420℃~480℃までのいずれかの温度に少なくとも一つの強誘電性相転移温度を有する。又は、キュリーワイス定数CがC=2.0×105~3.5×105にある。この強誘電性チタン酸バリウム結晶を用いたコンデンサ、光スイッチ、又はFRAM(Ferro-electric RAM)である。キュリー温度が420℃~480℃という高温域にあり、キュリー温度付近の誘電率ε’が、例えば40000にも達する。このチタン酸バリウム結晶を用いることにより、工場などの高温条件下でも使用に耐えうるコンデンサを提供可能となる。
Research field
  • Techniques and equipment of crystal growth
  • Techniques and equipment of thin film deposition
  • Optical devices in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)誘電率及びキュリー温度が高く、無色透明なチタン酸バリウム結晶、並びにこれを用いたコンデンサ、光スイツチ及びFRAMを提供する。
高温であっても自発分極を維持するコンデンサを得ることができる。また結晶が無色透明であり、電場の大きさによって結晶に入射した光の進路が変わる光スイッチとしての適用が可能である。
Usage Use field (In Japanese)コンデンサ、光スイッチ、FRAM
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人島根大学, . (In Japanese)秋重 幸邦, 深野 勝洋, . BARIUM TITANATE CRYSTAL, CONDENSER, OPTICAL SWITCH AND FRAM. P2004-231500A. Aug 19, 2004
  • C30B  29/62     
  • C30B   9/06     
  • C30B  29/32     
  • C01G  23/00     
  • G02F   1/03     
  • G02F   1/31     
  • H01G   4/12     
  • H01L  21/316    
  • H01L  21/8246   
  • H01L  27/105    

PAGE TOP