Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER AND CHIRAL POLYMER OBTAINED BY THE METHOD

METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER AND CHIRAL POLYMER OBTAINED BY THE METHOD

Seeds code S100002962
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)後藤 博正
  • (In Japanese)赤木 和夫
Name of technology METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER AND CHIRAL POLYMER OBTAINED BY THE METHOD
Technology summary (In Japanese)キラル触媒及びキラルモノマーを用いることなく、パラジウム触媒又はニッケル触媒を使用して、液晶相が維持される温度でキラルネマティック液晶を溶媒として用いて、エステル結合を介したアルキル基を置換基として有するアキラルモノマーを重合し、エステル結合を介したアルキル基を置換基として有し且つキラル置換基を有しないキラルポリマーを得るキラルポリマーの製造方法である。アルキル基は、炭素数20以下のアルキル基である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-322364.gif
Research field
  • Polycondensation
  • Polymeric materials in general
  • Materials of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)キラルなモノマーやキラル触媒を用いない、アキラルモノマーから安定なキラルポリマーの製造方法を提供する。
所定の条件下でキラルネマティック液晶を溶媒とするので、キラルな液晶反応場において、キラル触媒やキラルモノマーを使用することなく、安定なキラルポリマーを簡便に得ることができる。
Usage Use field (In Japanese)キラルポリマー
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 筑波大学, . (In Japanese)後藤 博正, 赤木 和夫, . METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER AND CHIRAL POLYMER OBTAINED BY THE METHOD. P2006-131758A. May 25, 2006
  • C08G  61/12     

PAGE TOP