Top > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER, METHOD FOR PRODUCING LAMINATE HAVING CHIRAL POLYMER AND LAMINATE

METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER, METHOD FOR PRODUCING LAMINATE HAVING CHIRAL POLYMER AND LAMINATE

Seeds code S100002965
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)後藤 博正
  • (In Japanese)赤木 和夫
Name of technology METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER, METHOD FOR PRODUCING LAMINATE HAVING CHIRAL POLYMER AND LAMINATE
Technology summary (In Japanese)式(1)で表されるアキラル前駆体ポリマーを基板上に積層し、キラルネマティック液晶を、アキラル前駆体ポリマー上に接触させ積層する。アキラル前駆体ポリマー及びキラルネマティック液晶を、液晶相が維持される温度で且つ減圧条件に付して、アキラル前駆体ポリマーをキラルポリマーに変換するキラルポリマー層を有する積層体の製造方法である。液晶相が維持される温度は、72~133℃である。(式中、Xは脱離基を表す。)。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-036669_1.gif thum_2005-036669_2.gif
Research field
  • Manufacturing and its equipment
  • Polymeric materials in general
  • Materials of solid‐state devices
Seeds that can be deployed (In Japanese)成型性を担保しつつ、キラリティーを有するキラルポリマー及び、このキラルポリマーを有する積層体および製造方法を提供する。
光スイッチ、光ファイバーケーブルに用いる光アイソレーター、光学モジュレーターや、円偏光二色性発光を利用した円偏光有機EL素子やデジタルペーパー表示素子への利用が期待される。
Usage Use field (In Japanese)キラルポリマー、キラルポリマ-積層体
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 筑波大学, . (In Japanese)後藤 博正, 赤木 和夫, . METHOD FOR PRODUCING CHIRAL POLYMER, METHOD FOR PRODUCING LAMINATE HAVING CHIRAL POLYMER AND LAMINATE. P2006-219639A. Aug 24, 2006
  • C08G  61/02     
  • C08J   7/12     

PAGE TOP