Top > Search Technology seeds > MAGNETIC ABRASIVE GRAIN, ITS MANUFACTURING METHOD, AND MAGNETIC GRINDING METHOD

MAGNETIC ABRASIVE GRAIN, ITS MANUFACTURING METHOD, AND MAGNETIC GRINDING METHOD

Seeds code S100002990
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)山口 ひとみ
  • (In Japanese)齋藤 哲男
  • (In Japanese)桑名 朗
Name of technology MAGNETIC ABRASIVE GRAIN, ITS MANUFACTURING METHOD, AND MAGNETIC GRINDING METHOD
Technology summary (In Japanese)磁性を有する、扁平度1.5以上である扁平状の、ニッケル、コバルト又はそれらの合金により形成されている磁性砥粒1であって、磁性を有する磁性薄膜を切断、粉砕又は鍛造して製造される。磁性砥粒1を用いて被加工物の表面を磁気研磨する。扁平度をmで表したとき、m=B/Tの値である。但し、Bは磁性砥粒の短軸長を、Tは磁性砥粒の厚さを表す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-108446.gif
Research field
  • Grinding and abrasion materials
  • Magnetic properties in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)より精密な表面加工を可能にする磁性砥粒、製造方法を提供する。
磁性砥粒が扁平状に形成されているので、より精密に加工することが可能となると共に、複雑な形状を有する被加工物を容易に加工することができる。また、扁平状の磁性砥粒を簡単に製造できる。
Usage Use field (In Japanese)扁平状磁性砥粒
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学, . (In Japanese)山口 ひとみ, 齋藤 哲男, 桑名 朗, . MAGNETIC ABRASIVE GRAIN, ITS MANUFACTURING METHOD, AND MAGNETIC GRINDING METHOD. P2005-290233A. Oct 20, 2005
  • C09K   3/14     
  • B24B  31/112    
  • B24B  37/00     

PAGE TOP