Top > Search Technology seeds > PROPHYLACTIC AND THERAPEUTIC AGENT OF NONBACTERIAL INFLAMMATORY DISEASE

PROPHYLACTIC AND THERAPEUTIC AGENT OF NONBACTERIAL INFLAMMATORY DISEASE

Seeds code S100003087
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)北村 和雄
  • (In Japanese)稲津 東彦
  • (In Japanese)加藤 丈司
  • (In Japanese)石川 直人
  • (In Japanese)山家 純一
  • (In Japanese)江藤 胤尚
  • (In Japanese)芦塚 伸也
Name of technology PROPHYLACTIC AND THERAPEUTIC AGENT OF NONBACTERIAL INFLAMMATORY DISEASE
Technology summary (In Japanese)アドレノメデュリン、その修飾体であって非細菌性の炎症を抑制する活性を有するもの、又はそれらの塩であって非細菌性の炎症を抑制する活性を有するものを有効成分として含有する非細菌性の炎症性疾患の予防又は治療剤である。疾患は非細菌性の炎症性腸疾患である。アドレノメデュリン又はその修飾体は配列番号1、3,5,7,9、11のアミノ酸配列からなるペプチド、又はこれらのアミノ酸配列からなり16位のCysと21位のCysとがジスルフィド結合したペプチドである。また、これらのペプチドにおいて1~15個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加された、非細菌性の炎症を抑制する活性を有するペプチドも含む。これらのペプチドでC末端がアミド化されているものや、C末端にGlyが付加しているものも含む。アドレノメデュリンの投与量は、ヒトに対する経静脈投与又は経注腸投与の場合0.01~10mg/60Kg/日である。図は治療剤投与5日後の潰瘍面積を示す。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-111889.gif
Research field
  • Pharmaceutical preparations in general
  • Basic research of anti‐inflammatory drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)非細菌性の炎症性疾患、特に非細菌性の炎症性腸疾患の予防又は治療剤を提供する。
非細菌性の炎症性疾患、特に非細菌性の炎症性腸疾患の予防又は治療剤として有用な薬剤が提供される。非細菌性の潰瘍性大腸炎に特に有用であり、具体的には潰瘍面積の縮小、浮腫や炎症細胞浸潤の改善に有効である。
Usage Use field (In Japanese)炎症性腸疾患予防・治療剤
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人 宮崎大学, . (In Japanese)北村 和雄, 稲津 東彦, 加藤 丈司, 石川 直人, 山家 純一, 江藤 胤尚, 芦塚 伸也, . PROPHYLACTIC AND THERAPEUTIC AGENT OF NONBACTERIAL INFLAMMATORY DISEASE. P2006-290777A. Oct 26, 2006
  • A61K  38/00     
  • A61P   1/00     
  • A61P  29/00     
  • C07K  14/47     

PAGE TOP