Top > Search Technology seeds > NOVOLAK DERIVATIVE HAVING SUBSTITUENT GROUP AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

NOVOLAK DERIVATIVE HAVING SUBSTITUENT GROUP AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Seeds code S100003103
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)小西 玄一
  • (In Japanese)野尻 大和
  • (In Japanese)松尾 俊樹
  • (In Japanese)中本 義章
Name of technology NOVOLAK DERIVATIVE HAVING SUBSTITUENT GROUP AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Technology summary (In Japanese)溶媒中に助触媒として酢酸を加え、式(1)に従って製造する式(2)のフェノールノボラック誘導体、式(5)に従って製造する式(6)のカテコールノボラック誘導体及び式(7)に従って製造する式(8)のヒドロキノンノボラック誘導体の製造方法である。また、メタ位で連結された式(2)のノボラック誘導体からフェノール性水酸基のオルト位又はパラ位の置換基を、式(3)に従って交換反応させて製造する式(4)のノボラック誘導体の製造方法である。但し、式中R1、R5、R9、R10、R12、R13、R14、R15、R16、R17は、水素、炭素数1~18のアルキル基、炭素数2~18のアルケニル基、フェニル基であり、かつ、R16とR17が同時に水素となることはない。R2、R3、R4は、メチル基、tert-ブチル基、アルコキシル基、フェニル基である。R6、R7、R8は、R2、R3、R4のいずれかが交換反応した置換基を示し、水素、メチル基、tert-ブチル基である。R11、R18は、炭素数1~18のアルキル基、炭素数2~18のアルケニル基、フェニル基である。n、n”、n’’’は1以上の整数である。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-325752_1.gif thum_2004-325752_2.gif thum_2004-325752_3.gif thum_2004-325752_4.gif thum_2004-325752_5.gif thum_2004-325752_6.gif thum_2004-325752_7.gif thum_2004-325752_8.gif
Research field
  • Polymerization in general
  • Polymeric materials in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)置換基を有するノボラック誘導体の製造方法とそれにより得られる新規ノボラック誘導体の提供する。
水酸基に隣接した置換基が、比較的かさ高い基でも酢酸を助触媒とすることで合成でき、更にかさ高い置換基を有するカテコールやヒドロキノン誘導体からも同様にノボラックを合成できる。各種の置換基を有するノボラック誘導体が得られる。隣接した置換基で水酸基が立体障害により保護された格好になるため、ノボラックどうしの凝集が少なく、有機溶媒への溶解度も高い。
Usage Use field (In Japanese)耐熱材料、建材、コンクリート添加物
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人金沢大学, . (In Japanese)小西 玄一, 野尻 大和, 松尾 俊樹, 中本 義章, . NOVOLAK DERIVATIVE HAVING SUBSTITUENT GROUP AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME. P2006-131853A. May 25, 2006
  • C08G   8/00     
  • C08G   8/04     

PAGE TOP