Top > Search Technology seeds > SYSTEM AND METHOD FOR MEASURING WIND VELOCITY, AND PROGRAM

SYSTEM AND METHOD FOR MEASURING WIND VELOCITY, AND PROGRAM

Seeds code S100003159
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)西尾 正則
  • (In Japanese)平田 雅子
Name of technology SYSTEM AND METHOD FOR MEASURING WIND VELOCITY, AND PROGRAM
Technology summary (In Japanese)静止型人工衛星101からの電波を受信機1~3で受信する。データ解析装置53が、受信した3組の電波の位相差から観測地の上空毎の時間構造関数を求め、この時間構造関数からコルモゴロフの大気理論に基づいて、上空毎の特性時間間隔を求める。特性時間間隔から上空毎の空間構造(水蒸気の塊)の速度を求める。受信手段は、互いに10km以上離間して設置されている。アンテナ11は、静止型人工衛星101からのビーコン信号(電波)を受信する。前置増幅器12は、受信した電波を増幅する。周波数変換増幅器13は、受信した電波を記録装置16で処理可能な周波数帯及び信号強度に変換する。高安定基準信号源15は、受信機1~3が位相同期して動作するための基準信号を発生する。高安定基準信号源15としては、例えば数1000秒までの時間間隔において周波数の安定度が高い水素メーザ発振器が用いられる。位相同期発振器14は、基準信号に位相同期した周波数変換増幅器13の局部発振信号を発生する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-075696.gif
Research field
  • Middle atmosphere, upper atmosphere in general
  • Experimental, test, measuring techniques and their apparatuses of fluids
Seeds that can be deployed (In Japanese)容易且つ頻繁に風速の測定を行うことができ、気象予測等に好適な風速測定システム、風速測定方法及びプログラムを提供する。
3箇所の観測地間の位相差から空間構造の速度を求めており、この空間構造は例えば水蒸気の塊に相当する。このため、空間構造の速度を風速とみなすことができ、容易に風速のデータを得ることができる。
Usage Use field (In Japanese)レーウインゾンデ測定、ラジオゾンデ測定、レーザ照射反射光測定、ライダー測定
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)学校法人鹿児島大学, . (In Japanese)西尾 正則, 平田 雅子, . SYSTEM AND METHOD FOR MEASURING WIND VELOCITY, AND PROGRAM. P2006-258568A. Sep 28, 2006
  • G01P   5/00     

PAGE TOP