Top > Quick Search > Search Technology seeds > RING-LIKE SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE

RING-LIKE SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE

Seeds code S100003181
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)青木 徹
  • (In Japanese)畑中 義式
Name of technology RING-LIKE SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE
Technology summary (In Japanese)一次元センサーをリング状または多角形状にすることにより、その出力分布から放射線の飛来方向を特定しようとするものである。高エネルギーの放射線は入射側のセンサーを貫通し、出射側のセンサーからも信号出力が得られる。一入射側と出射側の直線を結ぶ方向として線源方向を特定出来るので高い精度が得られる。一次元センサーをリング状にすることから、一次元センサーの回路構成をそのまま使用できるこ。生産方法も同じ方法が採れることにより、生産コストが安価に出来る。複数の単位センサーをリング状または多角形状に配置して構成される一次元センサーの出力信号分布に基づいて、一次元センサーの外側から到来する高エネルギー線の方向を推定する。一次元センサーの出力信号の強度分布は、一次元センサーを構成する各単位センサーと前記高エネルギー線とのなす角によって決まる実効面積による。一次元センサーの出力信号の強度分布を取得し、取得された強度分布に基づいて高エネルギー線の方向を推定する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-028866.gif
Research field
  • Radiation detection and detectors
  • Optical devices in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)高エネルギーの放射線が入射側のセンサーを貫通し、出射側のセンサーからも信号出力が得られ、一入射側と出射側の直線を結ぶ方向として線源方向を特定できることで、高い精度を得る。
多数飛来する放射線を積分強度分布として計測し、かつ、適当な時間間隔で、任意にその時間内で入射した放射線量と飛来方向を求められるので、計算方法も簡単であり、また、回路構成も極めて簡単化できる。特に核利用施設のモニタリング、核廃棄物のモニタリングにおいて、その線源方向の特定において極めて、有効に機能するものとなる。
Usage Use field (In Japanese)電離チャンバー、放射線飛来モニター
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人静岡大学, . (In Japanese)青木 徹, 畑中 義式, . RING-LIKE SYSTEM FOR DETERMINING DIRECTION OF HIGH-ENERGY SOURCE. P2006-214908A. Aug 17, 2006
  • G01T   1/29     
  • G01T   1/16     
  • G01T   1/24     
  • G01T   7/00     

PAGE TOP