Top > Quick Search > Search Technology seeds > PHYSIOLOGICALLY ACTIVE SUBSTANCE FOR IMPROVING CARDIAC FUNCTION DISTURBANCE CAUSED BY OXIDATIVE STRESS

PHYSIOLOGICALLY ACTIVE SUBSTANCE FOR IMPROVING CARDIAC FUNCTION DISTURBANCE CAUSED BY OXIDATIVE STRESS

Seeds code S100003200
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)水上 洋一
Name of technology PHYSIOLOGICALLY ACTIVE SUBSTANCE FOR IMPROVING CARDIAC FUNCTION DISTURBANCE CAUSED BY OXIDATIVE STRESS
Technology summary (In Japanese)心筋由来の培養細胞を大量に培養し、これらの細胞に虚血再灌流刺激を行い、この培養上清を大量に回収し、タンパク質成分を分離精製する。これらのタンパク質を、様々な条件下で心筋細胞に作用させ、心臓に対する生存活性を有する物質を探索した結果、骨格筋型乳酸脱水素酵素(M‐LDH)が、これまでに知られていなかった「心筋細胞死の抑制効果」という新規な効果を有することを見出す。心疾患治療薬として新規活性を有する骨格筋型乳酸脱水素酵素及び骨格筋型乳酸脱水素酵素を利用した心疾患治療薬のスクリーニング方法並びに骨格筋型乳酸脱水素酵素の血中濃度を測定する心筋虚血の検査方法である。骨格筋型乳酸脱水素酵素を有効成分とし、心筋の細胞死を伴う虚血性心疾患等の心疾患に対して有用な薬剤組成物である。虚血性心疾患は、労作狭心症、安静狭心症、前壁心筋梗塞、側壁心筋梗塞、下壁心筋梗塞、急性心不全、慢性心不全、虚血による重症の不整脈から選ばれる。骨格筋型乳酸脱水素酵素は心筋に対する活性酸素の作用を除去し、心筋細胞の細胞死を抑制する。
Research field
  • Cardiovascular system diagnosis
  • Basic research of cardioactive drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)増殖因子以外で心臓の機能障害を改善する因子、より詳しくは、虚血再灌流時における細胞死を抑制する物質とその利用法を提供する。
骨格筋型乳酸脱水素酵素は、心筋細胞の細胞死を抑制する。そのメカニズムは、活性酸素によって細胞内に過剰に流入するカルシウムイオンの抑制であり、また、活性酸素によって生じる不整脈の原因である膜電位のオシレーション(揺らぎ)も顕著に抑制される。更に、単離した心臓において活性酸素による心拍出量の低下を顕著に改善する。活性酸素の作用を消去若しくは改善するものであり、不整脈をはじめとする種々の心疾患においても改善効果を有する。また、骨格筋型乳酸脱水素酵素がターゲットとする分子や細胞内情報伝達系を明らかにし、これらに作用する別の分子(化合物)を探索することによって、これまでに知られていない新規の心疾患治療薬をスクリーニングすることも可能となる。
Usage Use field (In Japanese)虚血性心疾患治療薬、虚血再灌流
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人山口大学, . (In Japanese)水上 洋一, . PHYSIOLOGICALLY ACTIVE SUBSTANCE FOR IMPROVING CARDIAC FUNCTION DISTURBANCE CAUSED BY OXIDATIVE STRESS. P2006-280213A. Oct 19, 2006
  • A61K  38/43     
  • A61P   9/10     
  • C12N   9/04     

PAGE TOP