Top > Quick Search > Search Technology seeds > TRYPTOPHAN INTERMEDIATE METABOLITE HAVING EFFICACY ON INHIBITION OF CHLAMYDIA BACTERIUM

TRYPTOPHAN INTERMEDIATE METABOLITE HAVING EFFICACY ON INHIBITION OF CHLAMYDIA BACTERIUM

Seeds code S100003201
Posted date Nov 5, 2010
Researchers
  • (In Japanese)白井 睦訓
  • (In Japanese)東 慶直
Name of technology TRYPTOPHAN INTERMEDIATE METABOLITE HAVING EFFICACY ON INHIBITION OF CHLAMYDIA BACTERIUM
Technology summary (In Japanese)トリプトファン代謝中間産物を有効成分とするクラミジア属細菌の感染または増殖を抑制する組成物である。トリプトファン代謝中間産物は、5-ヒドロキシトリプトファン、メラトニン、セロトニン及びこれらの薬理学上許容可能な塩またはエステル或いは誘導体のうちから選ばれる。抑制を示す有効濃度は、体内濃度の2倍~10倍濃度、5‐ヒドロキシトリプトファンにおいては50~500μM、セロトニンにおいては50~100μM、メラトニンにおいては5~500μMの範囲である。クラミジア属細菌は、クラミジア・トラコマティス、クラミジア・ニューモニアエ、クラミジア・シタシ、クラミジア・フェリスのうちの少なくとも1種類である。薬剤は経口薬、塗布薬、点眼薬、注射薬として用いられる。また、この中間産物を食品に含ませて摂取することもできる。図Aはキヌレニン経路、セロトニン経路からなるトリプトファン代謝経路を示す。図Bはクラミジア感染と薬剤処理の時間設定を表す。図Cはトリプトファンとその代謝中間産物の、クラミジア感染に対する効果を示し、A~Gの化合物は図Aに示されている。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-104669.gif
Research field
  • Pharmaceutical preparations in general
  • Basic research of antibacterial drugs
Seeds that can be deployed (In Japanese)クラミジア属細菌の感染または増殖を効果的に抑制する物質及びこれらの物質の利用法を提供する。
この薬剤組成物を利用することにより、慢性的な感染症の原因菌であるクラミジア属細菌に対して有効で、しかも人体に対して安全な薬剤を製造することが可能となる。この食品組成物を利用することにより、クラミジア属細菌の感染を比較的容易に、かつ安全・安価に予防可能な機能性食品を製造することが可能となる。慢性感染症を引き起こすクラミジア属細菌への対策としては、薬剤による治療効果に加え、食品などによる予防効果も十分に利用可能である。
Usage Use field (In Japanese)クラミジア属細菌感染症予防・治療剤、クラミジア属細菌感染症予防食品
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人山口大学, . (In Japanese)白井 睦訓, 東 慶直, . TRYPTOPHAN INTERMEDIATE METABOLITE HAVING EFFICACY ON INHIBITION OF CHLAMYDIA BACTERIUM. P2006-282581A. Oct 19, 2006
  • A61K  31/405    
  • A61K  31/4045   
  • A61P  31/04     
  • C07D 209/20     
  • C07D 209/14     
  • A23L   1/305    

PAGE TOP