Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD OF PREDICTING MEAT COLOR MAINTAINING DAYS FOR BEEF BASED ON DISCOLORATION RATE BY RAPID OXIDATION

METHOD OF PREDICTING MEAT COLOR MAINTAINING DAYS FOR BEEF BASED ON DISCOLORATION RATE BY RAPID OXIDATION

Seeds code S100003263
Posted date Nov 12, 2010
Researchers
  • (In Japanese)松本 和典
  • (In Japanese)村元 隆行
  • (In Japanese)柴田 昌宏
  • (In Japanese)相川 勝弘
Name of technology METHOD OF PREDICTING MEAT COLOR MAINTAINING DAYS FOR BEEF BASED ON DISCOLORATION RATE BY RAPID OXIDATION
Technology summary (In Japanese)牛の筋肉を急速に酸化させ、単位時間に生成されるメトミオグロビンの割合から、牛肉の変色を予測できる。試料牛肉から採取した筋肉を室温より高い所定の温度条件下において、筋肉中のメトミオグロビン割合を経時的に測定し、その割合が30%に達する時間(x)を求める。これを回帰式に代入して、通常の保存条件下における試料牛肉の変色時期(y)を予測する。急速な酸化による変色の速さから牛肉の肉色保持日数を予測する。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-249921.gif
Research field
  • Raw meat quality and treatments
  • Cattle
Seeds that can be deployed (In Japanese)取引段階で牛肉の日持ちの良さを判断し、牛肉の変色(褐変)を早期に予測できるようにする。
枝肉格付けや牛肉の取引段階で的確に肉色安定性を判断することが可能である。小売段階において非常に重要である肉色の変化を考慮した適切な取引を行うことができる。そのため、畜産業界・流通業界に貢献することができる。
Usage Use field (In Japanese)オキシミオグロビン、メトミオグロビン酸化
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . (In Japanese)松本 和典, 村元 隆行, 柴田 昌宏, 相川 勝弘, . METHOD OF PREDICTING MEAT COLOR MAINTAINING DAYS FOR BEEF BASED ON DISCOLORATION RATE BY RAPID OXIDATION. P2006-064629A. Mar 9, 2006
  • G01N  33/12     
  • G01N  33/68     

PAGE TOP