Top > Search Technology seeds > METHOD FOR JOINTING BETWEEN SHEETS FOR PRE- WATERPROOFING OF UNDERGROUND STRUCTURE

METHOD FOR JOINTING BETWEEN SHEETS FOR PRE- WATERPROOFING OF UNDERGROUND STRUCTURE

Seeds code S100003344
Posted date Nov 12, 2010
Researchers
  • (In Japanese)矢口 直幸
  • (In Japanese)舘山 勝
  • (In Japanese)小山 幸則
  • (In Japanese)清水 満
  • (In Japanese)藤本 英己
  • (In Japanese)西澤 政晃
  • (In Japanese)花森 一郎
  • (In Japanese)出水 俊介
  • (In Japanese)田村 幸彦
  • (In Japanese)池田 幸雄
Name of technology METHOD FOR JOINTING BETWEEN SHEETS FOR PRE- WATERPROOFING OF UNDERGROUND STRUCTURE
Technology summary (In Japanese)防水シート1のシート/シート間に防水材料2を塗工、充填して接合する際、防水材料2の流動開始温度が30℃以下であるものを用い、防水シート1の重ね合わせ幅を5乃至40cmの範囲とし、防水シート重ね合わせ部2の引張せん断強度が防水シート1本体強度の5乃至70%とする地下構造物先防水用シート間の接合方法である。さらに、防水シート1が、少なくとも片面表層樹脂に、酢酸ビニル含有率50質量%以上、70質量%以下のエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂と酢酸ビニル含有率が80質量%以上のエチレン-酢酸ビニル共重合樹脂を1/5~5/1の比率で混合し、それを50~300g/m2塗工した防水シートである。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2001-175423.gif
Research field
  • Railway facilities and construction in general
  • Tunneling work
  • Muck disposal, timbering, lining
Seeds that can be deployed (In Japanese)シート伸びの比較的小さい、耐突起物損傷性に優れた防水シートであっても、不陸(凹凸)大の地山、壁に適用し得る地下構造物先防水用シート間の接合方法を提供する。
防水シート間を、確実に接合させて止水することができる。また、防水シート接合部のシート/シート間に特定の防水材料を塗工、充填させることで、外部応力が作用した際にもシート接合部が遮水性を損なうことなしにスライド移動して応力を吸収するため、止水効果を高めることができる。
Usage Use field (In Japanese)地下構造物先防水用シ-ト
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所, 東日本旅客鉄道株式会社, 株式会社クラレ, 株式会社複合技術研究所, 株式会社大阪防水建設社, . (In Japanese)矢口 直幸, 舘山 勝, 小山 幸則, 清水 満, 藤本 英己, 西澤 政晃, 花森 一郎, 出水 俊介, 田村 幸彦, 池田 幸雄, . METHOD FOR JOINTING BETWEEN SHEETS FOR PRE- WATERPROOFING OF UNDERGROUND STRUCTURE. P2002-364296A. Dec 18, 2002
  • E21D  11/38     
  • C08L  31/04     

PAGE TOP