Top > Quick Search > Search Technology seeds > IDENTIFICATION METHOD AND DEVICE BY NONCONTACT MEASUREMENT OF VIBRATION CHARACTERISTIC OF STRUCTURE

IDENTIFICATION METHOD AND DEVICE BY NONCONTACT MEASUREMENT OF VIBRATION CHARACTERISTIC OF STRUCTURE

Seeds code S100003448
Posted date Nov 12, 2010
Researchers
  • (In Japanese)上半 文昭
Name of technology IDENTIFICATION METHOD AND DEVICE BY NONCONTACT MEASUREMENT OF VIBRATION CHARACTERISTIC OF STRUCTURE
Technology summary (In Japanese)非接触型振動計1で、構造物2の振動方向3の振動を計測する際に、非接触型振動計1に接触型振動計4を取り付けて振動方向3の振動を同時測定し、非接触型振動計1で計測された時系列振動データをスペクトル演算して求めた周波数特性SL(f)5から接触型振動計4で計測された時系列振動データをスペクトル演算して求めた周波数特性SS(f)6を減じることにより、非接触型振動計1の振動の影響を取り除いた構造物2の振動の周波数特性SM(f)7を得る。ここで、非接触型振動計1は、構造物2と非接触型振動計1間の相対振動を測定するため、非接触型振動計1で計測される構造物2の振動の周波数特性が含まれている。この非接触型振動計1自体の振動の周波数特性SL(f)5から接触型振動計4で計測される構造物2の振動の周波数特性SS(f)6を減じることにより、構造物2の振動の周波数特性SM(f)7をより正しく計測できる。ただし、この方法では、非接触型振動計1と構造物2との振動間に生じる位相差は考慮されていない。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2002-355051.gif
Research field
  • Railway noise and vibration
  • Track maintenance, prevention of railway disasters
  • Excitation, generation and measurements of vibrations
Seeds that can be deployed (In Japanese)構造物検査のための振動測定をより容易にかつ安全に実施できる構造物の振動特性の非接触計測による同定方法及び装置を提供する。
構造物検査のための振動測定をより容易にかつ安全に実施できる。また、構造物への振動計の取付けに要していた時間と費用を節約することができる。さらに、複数の非接触型振動計を用いる場合に比べて、検査用装置の価格を大幅に低減できる。
Usage Use field (In Japanese)鉄道、非接触計測
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所, . (In Japanese)上半 文昭, . IDENTIFICATION METHOD AND DEVICE BY NONCONTACT MEASUREMENT OF VIBRATION CHARACTERISTIC OF STRUCTURE. P2004-184377A. Jul 2, 2004
  • G01H   9/00     
  • E02D  33/00     

PAGE TOP