Top > Search Technology seeds > SYSTEM FOR MEASURING DRILLING TIP POSITION IN VERTICAL DEPTH DRILLING, AND MEASURING METHOD USING SAME

SYSTEM FOR MEASURING DRILLING TIP POSITION IN VERTICAL DEPTH DRILLING, AND MEASURING METHOD USING SAME

Seeds code S100003489
Posted date Nov 12, 2010
Researchers
  • (In Japanese)佐々木 君章
  • (In Japanese)鴨下 庄吾
  • (In Japanese)朝比奈 峰之
  • (In Japanese)渡邉 元
Name of technology SYSTEM FOR MEASURING DRILLING TIP POSITION IN VERTICAL DEPTH DRILLING, AND MEASURING METHOD USING SAME
Technology summary (In Japanese)一定長さl(1.5m)のリンク1を管中心の2点に渡したときの重力加速度方向gに対するリンク1の傾斜角度φからリンク先端1Aの位置を求める。リンクの鉛直軸に対する各軸方向の傾斜角度は、リンクに直角に取り付けられた傾斜台の水平面に対する傾斜角として傾斜角で求められる。管11~13の継手部11A,12A近傍に磁石を埋め込んだ磁気マーカー14,15を配置し、計測装置Aのターゲットユニット3と計測ユニット4にそれぞれ搭載する磁気センサーで隣接する2本の管11,12に配置した磁気マーカー14,15との偏角を測定して、これとリンク1の傾斜角度ψから方位座標を計算する。ここで、ターゲットユニット3と計測ユニット4にぞれぞれ配置される磁気センサーの間隔およびリンク1の長さlを管11,12の定尺と一致させておくと、管の継手部11A,12Aの間隔ごとに磁気マーカー14,15の位置を計測できる。次の計測位置において、ターゲットユニット3で計測したものと同じ磁気マーカーを計測ユニット4が計測するので、2つの角度差から計測ユニット4全体の回転を知ることができる。従って、管入り口部21での計測ユニット4の回転角と座標を測定しておけば、ターゲットユニット3の位置と偏角が逐次求まり、方位座標への変換が可能となる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2004-099653.gif
Research field
  • Railway facilities and construction in general
  • Excavators
Seeds that can be deployed (In Japanese)取扱が容易であり、しかも計測精度がよい竪穴深度掘削における掘削先端位置計測システム及びその計測方法を提供する。
リンクの上端に配置されるとともに、リンクと直角な上端面上に配置される傾斜センサーと磁気マーカーが配置される位置の円周部を周回可能な磁気センサーを有する計測ユニットである。リンクの下端に配置されるターゲットユニットとを備え、ターゲットユニット位置を幾何学的に順次計測する。したがって、脆弱なジャイロセンサを持たないため、取扱が容易であり、しかも劣悪な環境下にあっても計測精度が良好である。
Usage Use field (In Japanese)孔芯計測器、推進工法自動測量システム、竪穴掘削自動測量システム
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所, 株式会社ジェイアール総研情報システム, . (In Japanese)佐々木 君章, 鴨下 庄吾, 朝比奈 峰之, 渡邉 元, . SYSTEM FOR MEASURING DRILLING TIP POSITION IN VERTICAL DEPTH DRILLING, AND MEASURING METHOD USING SAME. P2005-283419A. Oct 13, 2005
  • G01C  15/00     
  • E21D   1/00     
  • E21D   9/06     

PAGE TOP