Top > Search Technology seeds > TUNNEL CONSTRUCTION METHOD

TUNNEL CONSTRUCTION METHOD

Seeds code S100003531
Posted date Nov 12, 2010
Researchers
  • (In Japanese)飯田 廣臣
  • (In Japanese)野々村 政一
  • (In Japanese)佐々木 幹夫
  • (In Japanese)小山 幸則
  • (In Japanese)小野 隆利
  • (In Japanese)小西 真治
  • (In Japanese)川嶋 潤二
  • (In Japanese)千代 啓三
  • (In Japanese)木戸 義和
Name of technology TUNNEL CONSTRUCTION METHOD
Technology summary (In Japanese)シールド掘進機1で地山20を掘削して掘進するとともに掘削孔21の内周面33とシールド掘進機1の後部に設けた内型枠30との間に高流動性の生コンクリート80を流し込んで一次覆工コンクリート90を構築してトンネルを形成するトンネル施工方法において、一次覆工コンクリート90の厚さを、100mm以上でかつ施工予定のトンネルの内径寸法の1%以上5%未満の厚さに構築し、所定の長さ分の一次覆工コンクリート90を構築した後、構築後の一次覆工コンクリート90の部分に対応する地山20の安定を確認した。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-057975.gif
Research field
  • Railway facilities and construction in general
  • Tunneling work
  • Excavators
Seeds that can be deployed (In Japanese)覆工コンクリートの構築に要するコンクリート消費量を少なくできるトンネル施工方法を提供する。
生コンクリート充填空間内に高密度に充填された生コンクリートが掘削孔の内周面を固めて固化し内周面と一体化した一次覆工コンクリートが支保工として作用するので、厚さの薄い一次覆工コンクリートによっても、地山自身で地山を支保させる構造を実現でき、一次覆工コンクリートの構築に要するコンクリート消費量を少なくできる。
Usage Use field (In Japanese)トンネル
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構, 財団法人地域地盤環境研究所, 公益財団法人鉄道総合技術研究所, 株式会社熊谷組, . (In Japanese)飯田 廣臣, 野々村 政一, 佐々木 幹夫, 小山 幸則, 小野 隆利, 小西 真治, 川嶋 潤二, 千代 啓三, 木戸 義和, . TUNNEL CONSTRUCTION METHOD. P2006-241800A. Sep 14, 2006
  • E21D  11/10     
  • E21D   9/06     

PAGE TOP