Top > Quick Search > Search Technology seeds > METHOD FOR PRODUCING PATTERNED HONEYCOMB-FORMED POROUS MATERIAL

METHOD FOR PRODUCING PATTERNED HONEYCOMB-FORMED POROUS MATERIAL

Seeds code S100003608
Posted date Dec 2, 2010
Researchers
  • (In Japanese)下村 政嗣
  • (In Japanese)藪 浩
  • (In Japanese)田中 賢
Name of technology METHOD FOR PRODUCING PATTERNED HONEYCOMB-FORMED POROUS MATERIAL
Technology summary (In Japanese)非水溶性ポリマーからなるハニカム状多孔質体にレリーフ及び/又はスリットからなるパターンを有する鋳型を接触させて、パターンをハニカム状多孔質体に転写することを含む、パターン化されたハニカム状多孔質体の製造方法である。この製造法は、ハニカム状に整列した微細な孔からなる周期構造を任意の部分で破壊することができる。レリーフパターンを構成する鋳型凸部にハニカム状多孔質体を押しつぶさせることによって鋳型のパターンをハニカム状多孔質体に転写させるか、又はレリーフパターンを構成する鋳型凸部の頂部と又はスリットからなるパターンを有する鋳型とハニカム状多孔質体とを接着させた後に鋳型とハニカム状多孔質体を剥離し、ハニカム状多孔質体の接着部分を鋳型と共に引き剥がすることにより鋳型のパターンをハニカム状多孔質体に転写させる。
Drawing

※Click image to enlarge.

thum_2005-303898_1.gif thum_2005-303898_2.gif thum_2005-303898_3.gif
Research field
  • Polymeric materials in general
  • Materials of solid‐state devices
  • Thin films in general
Seeds that can be deployed (In Japanese)ハニカム状に整列した微細な孔からなる周期構造を任意のパターンで有する薄膜を製造する方法を提供する。
ハニカム状に整列したサブミクロン~ ミクロンサイズの空孔を有する多孔質体であるパターン化ハニカム状多孔質体は、破壊された部分のみに光を導波する導波路を有するフォトニック結晶として、また周期構造を保持した部分に培養細胞を限定して増殖させることができることから、パターン化された位置に細胞を培養することのできる基板としても利用可能である。
Usage Use field (In Japanese)パタ-ン化ハニカム状多孔質体、フォトニック結晶、細胞培養基板
Application patent   patent IPC(International Patent Classification)
( 1 ) (In Japanese)国立大学法人北海道大学, . (In Japanese)下村 政嗣, 藪 浩, 田中 賢, . METHOD FOR PRODUCING PATTERNED HONEYCOMB-FORMED POROUS MATERIAL. P2007-112856A. May 10, 2007
  • C08J   9/36     
  • B29C  59/02     
  • B29K  25/00     
  • B29K  33/00     
  • B29K  35/00     
  • B29L  31/00     

PAGE TOP